日本と海外ではこんなに違う!?理想のライフスタイルに合わせたソファコーディネート実例20選!

ソファを購入しようと、いざショップに行くと、あれこれ迷ってなかなか決められないという方もいるのでは?そんな方のために、快適なソファライフをお過ごしのお宅をご紹介します。インテリアとマッチしたソファの選び方や、クッションの合わせ方、海外との比較などいろんな角度からリサーチしてみましたので、ぜひご覧ください!

2017/09/12 更新
著者:
日本と海外ではこんなに違う!?理想のライフスタイルに合わせたソファコーディネート実例20選!

著者名

ASAMIHO

ASAMIHO

フリーライター歴20年。現在、女性誌や実用書にて、収納、インテリアなどの記事を担当しております。たくさんのオシャレなお部屋を取材して、感動と刺激をいただきながらライティングに励む毎日です!

ソファを購入しようと、いざショップに行くと、あれこれ迷ってなかなか決められないという方もいるのでは?そんな方のために、快適なソファライフをお過ごしのお宅をご紹介します。インテリアとマッチしたソファの選び方や、クッションの合わせ方、海外との比較などいろんな角度からリサーチしてみましたので、ぜひご覧ください!

どう過ごしたいのか?理想のライフスタイルに合わせて選ぶべし!

オシャレなライフスタイルを貫きたいならレザーソファ

media-46

capel(カペル)

 

大きなアンティークの看板とコーディネートされた革張りのソファが主役のお宅です。アメリカンヴィンテージの世界観を膨らませるこのソファに座れば、気分は男前!思いっきり働いた後に、思いっきりくつろぐ。そんなメリハリのある理想の暮らしをしたい方におすすめです。ちなみに、レザーソファはお手入れが大変という側面もありますので、小さなお子さんがいるご家庭では避けた方が無難です。


 

広告

 

media-47

Sisko…北欧ヴィンテージとハンドメイドのお店

 

お気に入りの絵をお持ちの方は、絵の世界観を膨らませてくれるソファを選ぶと幸せな時間を過ごせます。お気に入りの絵を眺めながらうっとりと過ごすうちに、あなた自身も絵の中の登場人物のような気分にしてくれます。こちらの大きなふくろうの絵とベストマッチの革張りのソファは、重厚感のあるデザインが特徴。外の喧騒を忘れさせてくれる落ち着きのある空間を作り出しています。


 

media-48

Ami

 

黒く艶めくマットと白い布張りのスプリングとで構成されたモノトーンのソファは、スタイリッシュに暮らしたい方にピッタリ。ノートパソコンを広げて最新のインテリア情報をリサーチしたり、ファッション雑誌を片手に明日のコーディネートを考えたり…。無駄なく時間を使いたい。そんな理想を叶えてくれそうですね。


 

media-49

NARAYA

 

黒レザーのソファはお部屋をキリッとしめてくれる存在。ソファの上でだら~んとくつろぐのではなく、長編小説をじっくり読破したり、趣味の時間を満喫したり…など、濃密な時間を過ごしたいという方に向いています。


 

自然と寄り添いたいナチュラル派にはふかふか系

media-50

makie kotera

 

ふかふかなソファは、大きな窓との相性ばっちり!大きな窓に向けて置かれた淡いグレーのふかふかソファは、ひなたぼっこに最高のシチュエーション。ソファとの相性抜群なオフホワイトの優しい色のクッションは、幾つ並べてもごちゃついて見えませんので、たくさん並べてもOKです!ゆっくり身をしずめて猫と一緒にまったりとお昼寝したいという夢も叶います。


 

media-51

hachi

 

部屋の中に差し込む日ざしを浴びながら、美味しいお茶をいただけば心も身体もリラックス。ナチュラルインテリアでコーディネートされたお部屋には、シンプルデザインのソファがベストマッチ。全体的にスッキリしているので、かわいいクッションを並べても子供っぽくなりません。小さなお子さんがいるご家庭にもオススメです。


 

media-52

Mai

 

木のぬくもりを大切にしたい方にも、ふかふかのソファがベスト!木の優しいイメージとリンクするので、穏やかな生活を楽しめます。色もナチュラルなカラーが合いますが、ややさっぱりしすぎてしまいますので、クッションはあえて強い色を使うとしっくりきます。マリメッコのスツールとのコーディネートもバツグンです!


 

こだわりのインテリアを引き立てるのはシンプルデザイン

media-53

k.home1224

 

インテリアに強いこだわりを持っているなら、ソファのデザインは控えめにすること。壁一面に飾られたアートとの相性を考えると、この淡いグレーのソファは大正解!部屋の中にすっと溶け込んでいるので、アートの美しさが引き立ちます。少しさし色が欲しい場合は、クッションカバーで取り入れます。ピンクのクッションがあるだけで、優雅な雰囲気を漂わせています。


 

media-54

Yum

 

ワークスペースを設けた部屋には、スタイリッシュなデザインを選ぶこと。ふかふかソファは仕事の効率を下げてしまいますし、レザーだとオフィス感がでてしまいます。シンプルなソファは、お部屋をスタイリッシュにみせるだけではなく、リラックスタイムにもうってつけ。疲れた脳を空っぽにしてくれるので、癒し効果もあります!


 

理想スタイルのイメージが浮かばない人はあえて個性派カラーを

media-55

NARAYA

 

どんなお部屋にしたいのか?どう過ごしたいのかイメージできない方には、あえて濃い目のカラーをお勧めします、ブルーが印象的なこのソファは、ごちゃごちゃとモノが溢れたお部屋には合いませんので、ソファを中心におくことで自然と整理収納をしたくなる不思議な存在。「この家具を引き立たせるために、どうコーディネートしたらいいだろう」と考えることで、自然とやるべきことが解ってくるのです。この理論、経験者の方には納得していただけるはず!


 

media-56

leaf

 

個性が強すぎるソファは後で後悔するのでは?そんな不安を抱いている方もいるかもしれませんね。でも、心配はご無用です。好きなモノが多すぎる方の場合は、イメージがぶつかり合って失敗を招きやすいのですが、ソファを主役にすると決めれば、むしろソファが案内役になってイメージのぶつかりを阻止してくれます。深い緑のソファを主役として考えると、次々とアイデアが膨らんでくると思います。ポイントは最初の1つを自分の好きなカラーにすること。その第一歩が大事なのです!


 

海外のソファ選びのポイントはゴージャス!

ビビットなカラーの組み合わせが秀逸!

日本のソファ選びはシンプルが基本ですが、海外ではまるで逆。日本では倦厭(けんえん)しがちな柄物だって違和感なく取り入れる、上級テクニックが見受けられます。こちらのオレンジの刺繍が美しいソファは、日本の家庭ではなかなか選ばないカラーですが、刺繍のソファを組み合わせることで高級感漂うクラシカルなイメージに。ホワイトでコーディネートされた部屋にもマッチしています。


 

 

深いブラウンと薄いブラウンが基調のストライプ柄を組み合わせたこのソファは、お部屋にトラディショナルな雰囲気をあたえる逸品。中世ヨーロッパの古城をイメージさせます。落ち着きのある色合いですので、日本のお宅に置いてもしっくりくると思います。ゴージャスなお部屋にしたいときに参考にしたい組み合わせです。


 

洗練されたラグジュアリーなソファです。一見シンプルにも見えますが、ゴージャスな雰囲気を漂わせている理由は、上質な素材を使っているため。ソファは使い捨てではありません。長く使えるアンティークを取り入れてみると、うっとりするほど優雅な時間を過ごすことができますよ。


 

こちらもソファはシンプルですが、黄色のクッションが高級感をひきたてている素晴らしいコーディネート例です。先ほども書きましたが、シンプルなデザイン程、素材にこだわるのが海外流。くつろぎの時間を大切にしたい方向けのソファです。


 

こちらは革と布張りの素材違いのソファを組み合わせた例です。まるでファッションのように、自由な発想で素材を組み合わせるテクニックも海外ならでは。クッションの色もまちまちですが、統一感がありお部屋のランクを引き上げています。


 

ストライプ柄のソファは、インテリアとのコーディネートが難しそう。けれど、赤いランプやカラフルな絵画と組み合わせることで、しっとりとしたモダンテイストにまとまっています。活発な女性に似合う素敵なソファです!


 

一見、シンプルな白いソファですが、セレブのお部屋をイメージさせるラグジュアリーな雰囲気を感じさせる理由は、ブルーのクッションやインテリアとの組み合わせ。床に敷かれたカーペットに模様が入っているので、ソファの白さが際立ち、そこに鮮やかなブルーがさし色になって上品さをひきだしています。


 

ここに寝ころんで、ただ音楽に耳を傾けていたい。そんな大人の隠れ家をイメージさせる落ち着きのあるソファです。窓の外の景色に合わせてコーディネートされているモスグリーンのクッションが、気品を漂わせています。一般のお宅にここまで大きなソファを取り入れるのは難しいかもしれませんが、リビングが広いお宅にお住いの方なら検討してみてはいかがでしょうか?自然と家族が集まるようになった…そんな嬉しい変化も訪れるかもしれません。


 

ラタンとコットンの組み合わせが印象的なリゾートホテルを彷彿とさせるソファです。アジアンテイストなインテリアとの相性がぴったりなので、ここに座ってお香を楽しむのもいいですね。ただ、お子さんが小さいお宅の場合はメンテナンスの手間を考えると、避けた方がいいかもしれません。大人の時間を楽しむために取り入れたいアイテムです。


 

まとめ

さて、ソファ選びに悩んでいる方のイメージ作りのお手伝いができたでしょうか?ライフスタイルを重視した日本風、ゴージャス感重視の海外風。どちらにもそれぞれ素晴らしいポイントがありますので、ぜひ、いいとこどりをして、大満足できるソファを選んで下さいね!

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!