デッドスペースの壁を収納に!100均アイテムで作る壁面収納グッズ

家の中で大きな面積をしめながら意外と上手に活用できない場所が壁際です。このスペースを有効利用できれば家の環境はがらりと変わりますよ。そこで今回は100均の商品を使ってリーズナブルに作ることが出来る壁面収納アイテムをご紹介します。思わず「この手があったか!」と声がでそうなアイディアがでてきますよ。

2017/06/24 更新
著者:
デッドスペースの壁を収納に!100均アイテムで作る壁面収納グッズ

著者名

lilas0270

lilas0270

手作りとDIYが大好き!プチプラ&シンプルなインテリアを目指して奮闘中です。DIY術やおしゃれインテリアを勉強中なので、素敵なアイディアを共有できたらうれしいです♪

家の中で大きな面積をしめながら意外と上手に活用できない場所が壁際です。このスペースを有効利用できれば家の環境はがらりと変わりますよ。そこで今回は100均の商品を使ってリーズナブルに作ることが出来る壁面収納アイテムをご紹介します。思わず「この手があったか!」と声がでそうなアイディアがでてきますよ。

100均の商品でリーズナブルに壁面収納

めがねや文房具の収納に

100均で購入できるクッションカバーとカーテンクリップを使っただけのウォールポケット。針も糸も使わないで、クッションカバーをおってカーテンクリップでとめるだけで、めがねや文房具の収納に使えるウォールポケットが完成します。

詳しい作り方はこちら


 

少し大きめに

こちらも同じクッションカバーを使った収納袋なのですが、3つのクッションカバーを縫い合わせて使用しているので、強度があります。2重になっているクッションカバーをそのまま使っているので、やぶれづらくて丈夫なんですよ。

詳しい作り方はこちら


 

広告

 

黒板つきの簡単棚

黒板塗装をした板にダイソーで購入できるウッドフェンスを取りつけて簡単な棚を作っています。壁に取りつければ、今まで収納がなかったスペースに棚が出来上がり。あまり重いものはのせられませんが、小物を乗せてディスプレイスペースとして使うのにはピッタリですね。

詳しい作り方はこちら


 

メッシュフレームで

セリアのメッシュフレームは、DIYをする人たちの中でおしゃれでリメイクがきくアイテムとして人気です。こちらはメッシュフレームを斜めに切って棚の土台にしています。ただのフレームよりメッシュがあるほうが格段とおしゃれですよね。

詳しい作り方はこちら


 

焼き網を折って

100均の焼き網もDIYの材料として人気のアイテム。こちらは足つきのバーベキュー用焼き網を半分に折ってフックにかけられる収納として使っています。同じく100均で購入したウッドプレートとともにエイジング加工をして男前な雰囲気に仕上げています。

詳しい作り方はこちら


 

海外風の収納

ブラックのワイヤーが使われた棚は、まるで海外のインテリア画像に登場しそうな雰囲気です。チェーンを使っておったところが広がってしまわないようにしているのですが、そのチェーンもかっこいいですよね。

詳しい作り方はこちら


 

壁につけておけるスリッパラック

100均のワイヤーネットを使用したスリッパラック。とても薄い作りなので壁際につけて使用することが出来ます。スリッパをひっかけて収納しているところを、マガジンラックとして使用することも出来るんですよ。

詳しい作り方はこちら


 

2WAYで使えるシェルフ

最後にご紹介するのはワイヤーネットとブラックボードを使った男前の壁面収納です。ワイヤーネットを黒板に合わせて曲げていき、板の角をワイヤーネットに引っ掛けるだけで完成。こちらのようにアイアンバーなどに吊り下げて使うことも、床において使うことも出来る2WAYのシェルフです。

詳しい作り方はこちら


 

まとめ

100均の商品を使った壁面収納アイテムをご紹介しました。どのDIYアイディアも100均の定番商品を使っているものが多いので、思い立ったときに100均で材料を買って真似することができますね。ぜひ参考にしておしゃれな壁面収納にチャレンジしてみてくださいね。

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!