最近のモノトーンコーディネートは少し違う!色を取り入れたモノトーン

ファッションと同じで、実は流行り廃れのあるインテリアのコーディネート。シンプルでシック、生活感が出ないモノトーンは、流行に左右されず人気のコーディネートです。また、家具や雑貨を買うとき、白や黒の物はたいてい在庫があるので揃えやすいという利点も!部屋に統一感を出したいけど色合いを揃えるのは難しいと感じている人は、まずモノトーンを試してみてはいかがですか?

公開日:
最近のモノトーンコーディネートは少し違う!色を取り入れたモノトーン
いいひつじだ

いいひつじだ

ライター

建築、インテリアに興味があります。物を作るより、空間を造ることが好きで、色のコーディネートや素材の統一感までこだわるタイプです。素敵な空間を多くの人と共有できるよう、情報を発信していきます。

ファッションと同じで、実は流行り廃れのあるインテリアのコーディネート。シンプルでシック、生活感が出ないモノトーンは、流行に左右されず人気のコーディネートです。また、家具や雑貨を買うとき、白や黒の物はたいてい在庫があるので揃えやすいという利点も!部屋に統一感を出したいけど色合いを揃えるのは難しいと感じている人は、まずモノトーンを試してみてはいかがですか?

モノトーンの基本

シンプルに白と黒のみ

床も壁も天井も白の部屋の中に、黒系の家具や雑貨を置くのがモノトーンコーディネートの基本ですね。白の中に黒い家具がよく映えます。


 

ソファの黒と、壁面に作り付けられたテレビボードの黒が、すぐ目に飛び込んできます。また、鉄骨の柱も黒に塗られておりモノトーンに統一されています。逆に、階段は白にすることで、存在があまり感じられなくなります。


 

 

センターテーブルは特徴的な形の脚をしています。天板が透明なので、白い床の上に、テーブルの脚の黒が目立っています。リビングではテレビを置くことが多いですよね。テレビの色は主に黒なので、モノトーンコーディネートだと雰囲気を崩さずテレビを置くことができます。


 

モノトーンの雑貨を買うときに、白と黒どちらにするか迷うことってありますよね。そんなときは見せたい物を黒、あまり見せたくない物を白にすると良いですよ。この画像では、センターテーブルとキッチンの奥の収納棚の扉を白くしており、存在感が薄れています。


 

壁の白に強調されて黒は目立ち、壁の白と同調して白は見えにくく感じられます。トイレをモノトーンに抑えるとすっきり清潔な印象になりますね。このトイレに収納を付けるとしたら、壁面に白い扉で設置すればあまり目立たなくなります。


 

グレー系を加える

モノトーンコーディネートは白と黒だけではありません。グレーも入れることで、白と黒のみのコーディネートよりも、柔らかく、落ち着いた印象になります。


 

白と黒のモノトーンに、グレーを加えてグラデーションを取り入れることで、上級コーディネートになります。この浴室のタイルは2色のグレーが使われています。同じグレーでも、壁と床で濃淡を変えることでおしゃれ感が出ますよね。


 

濃いグレーで落ち着いた雰囲気のトイレです。すべて黒で囲ってしまうと重く感じますが、グレーなら黒ほど重たくならず、おしゃれに仕上がります。


 

シルバーもモノトーンのイメージを崩さない色なので、取り入れるとなお、生活感のない部屋に仕上がります。キッチンは特にシルバーの物が多いので、モノトーンコーディネートにすると統一しやすいですね。


 

完璧モノトーンよりも少し崩すのがおしゃれテクニック!

取り入れやすいダークブラウン

最近では、モノトーンにダークブラウンを入れる傾向が見られます。木目のダークブラウンの商品はよく売られているので、取り入れやすいです。この画像では、対面キッチン下の収納部分、ソファの脚、あとダイニングテーブルも木目のダークブラウンになっています。


 

ダークブラウンはモノトーンの落ち着いた雰囲気は崩さずに、モノトーンよりも柔らかい雰囲気になるのでおすすめです。この画像の、右側の壁面収納とダイニングテーブル、チェアの脚がダークブラウンになっています。奥のキッチンをすべて白にしているので、リビングに重点が置かれているコーディネートだと分かりますね。


 

ダークブラウンをモノトーンコーディネートに取り入れるなら、ワンポイントで取り入れると良いです。思い切って壁のひとつの面をダークブラウンにすると、ダイナミックで印象的な部屋になります。


 

 

ブラウンとグレーを組み合わせれば上級モノトーンコーディネート

ブラウンとグレーが印象的ですが、モノトーンの感じも損なわれていない。バランスが絶妙ですね。


 

こちらもブラウンとグレーが入った上級モノトーンコーディネートです。色合いがシックに収まっています。


 

植物も意外に合うんです

モノトーンをもっと柔らかいイメージにしたい方は、植物を飾ってみて下さい。モノトーンと植物は正反対のイメージに感じますが、意外に上品に仕上がります。


 

モノトーンコーディネートで植物を取り入れるなら、小さい植物を飾るより、地植えの木や、大きめの鉢植えの植物を数カ所飾るとモノトーンの雰囲気を損ないにくいです。


 

シンプルな部屋の中に植物がバランスよく配置されています。子育てをする環境としては、完全モノトーンの部屋よりも、植物を置いて柔らかい雰囲気の部屋の方が好まれます。


 

挿し色で華やかおしゃれモノトーン

モノトーンコーディネートの中にひとつ好きな色を入れても良いのではないでしょうか。アクセントカラーとなってモノトーンよりも印象的な部屋になります。ただし、入れる色は1、2色程度に抑えましょう。この写真では、一番に黄色のソファが目を引きますよね。


 

床と天井は木なのですが、揃える家具はモノトーンで統一されています。ダイニングテーブルの白は壁の白と同調しており、ソファとチェアは黒で存在感があります。モノトーンですが、きつい印象は受けませんね。


 

和室のモノトーンは珍しいですが、畳の緑以外を白と黒に抑えることで、モノトーンコディネートの良さは損なわれていません。


 

まとめ

インテリアコーディネートの基本とも言えるモノトーンコーディネートですが、白と黒、グレーやシルバーが基本なので、家電との相性も良く、家具や雑貨を買うときに色で迷うこともなくなるのでおすすめです。部屋のインテリアにも流行がありますが、白い壁、白い天井の部屋に、モノトーンのインテリアを配置するのは、いつになっても取り入れられる王道ですね。

こちらもおすすめ☆