賃貸でもカフェスタイルな暮らしが満喫できるリメイク術☆6つのポイント

賃貸住宅の場合、お部屋を改造するリフォームなどはできないので、インテリアにこだわりたいけれど諦めているという人も少なくないと思います。ところが、ちょっとした工夫で賃貸住宅でも素敵なカフェスタイルのお部屋にリメイクすることができるんです。

2017/05/14 更新
著者:
賃貸でもカフェスタイルな暮らしが満喫できるリメイク術☆6つのポイント

著者名

officeito0322

officeito0322

実店舗の販売促進PRやイベントなどのプランナー歴20年です。お仕事では、さまざまな分野の商品やサービスに関するマーケティング、広告制作、イベント企画などをしています。ショップやレストランなどのプランニングでは、媒体関連だけでなくお店の空間や接客&サービスについてのアドバイスなども行っており、こちらのサイトでも旬な情報を分かりやすくお伝えできればと思っています。

賃貸住宅の場合、お部屋を改造するリフォームなどはできないので、インテリアにこだわりたいけれど諦めているという人も少なくないと思います。ところが、ちょっとした工夫で賃貸住宅でも素敵なカフェスタイルのお部屋にリメイクすることができるんです。今回は、そんなリメイクの達人のお部屋を参考にしながら、カフェスタイルなお部屋づくりのポイントやアイデアをご紹介させていただきます。

賃貸住宅でもアイデア次第で簡単にお部屋をカフェスタイルにできる

賃貸住宅リメイクの決め手はリメイクシート

ERI

出典:instagram.com

生活感の出やすいキッチンも、リメイクシートを貼ることで一気にカフェっぽく様変わりしてしまいます。棚の後ろや壁面などにリメイクシートを貼ることで、お部屋の雰囲気をカフェ風に変えることができますね。


 

ERI

出典:instagram.com

こちらのキッチンは壁面にブロック風のリメイクシートを貼り、戸棚の扉には木目調のシートを貼るなど、シートの柄をうまく使い分けることで雰囲気のある空間づくりをしています。


 

広告

 

ERI

出典:instagram.com

どこにでもある収納ボックスや段ボールなどを使って、とっても雰囲気のある収納スペースを演出していますね。リメイクシートを貼るだけでこんなに違う雰囲気になるなんて素晴らしいです。


 

生活感のあるキッチンも収納方法を工夫するだけでカフェスタイルに

ERI

出典:instagram.com

壁面だけでなくシンクや戸棚の扉まで、キッチン全体ににナチュラルテイストの壁紙を貼ることで、カフェ感の漂うキッチン空間に模様替えしています。調味料などは、オープン棚を使って見せる収納とすることで、よりカフェっぽい雰囲気を醸し出していますね。


 

ERI

出典:instagram.com

シンクの横にリンゴ箱を積み上げて、仕切りを兼ねた収納ボックスにしているのがとってもおしゃれでいいですね。すべての収納がひと目で見えるようにすることで、キッチン全体の雰囲気を演出しながら機能性も確保しています。


 

ERI

出典:instagram.com

入れる物によってガラス瓶を上手く使い分けているので、見た目におしゃれなだけでなく利便性の感じられる収納です。ジャムやはちみつなどを入れる瓶の蓋をペイントでカラーリングするなど、随所にこだわりが感じられて素敵ですね。


 

カフェスタイルにこだわるリメイクをするなら冷蔵庫の中から

ERI

出典:instagram.com

どうしても生活感が出てしまうのが冷蔵庫ですが、こんな風に収納ボックスにラベルを貼るとおしゃれ感がぐっとアップしますね。使っている容器も色のあるものを避けて、白黒ベースで統一しているところもとても素敵です。


 

ERI

出典:instagram.com

冷蔵庫の扉側も徹底して色のあるものを見えなくして、白と黒の容器で生活感を感じさせないところがすごいですね。


 

暮らしの中心となるリビングをリメイクすることでお部屋全体が変わる

ERI

出典:instagram.com

リビングの真ん中に置かれたソファは、お部屋の雰囲気を左右する存在感が出てしまうのですが、あえて色や形の違うクッションを配置して抜け感をつくることで、まわりにある収納ボックスや雑貨との親和性を高めているとこなんかもいいですね。


 

ERI

出典:instagram.com

リビングのちょっとしたコーナーにも、グリーンやステンシルでカフェ感を演出する工夫が随所に見られます。


 

ERI

出典:instagram.com

こちらのテーブルのビフォーが右下の写真だそうですが、引き出しにはタイル柄のマステを貼り、脚はやすりをかけた後でペイントするなど、もう完全に別物と言ってもいいレベルでリメイクされています。


 

壁面を活用することで一気にカフェっぽい空間演出ができる

ERI

出典:instagram.com

壁面に幅の狭い棚板を取り付けただけで、とってもおしゃれなディスプレイ空間になっています。ここでもグリーンやステンシルをうまく使って、お部屋全体の空気感を調和させているのがいいですね。


 

 

ERI

出典:instagram.com

こちらのコーナーは溢れるほどにグリーンを配置することで、お部屋をカフェっぽい雰囲気に演出しています。


 

ERI

出典:instagram.com

リメイクやディスプレイの難しい窓側ですが、外光を取り込めるように窓枠に合わせたオープン棚を設けて、グリーンや小物類をディスプレイしているところがとっても素敵ですね。


 

寝室やデスク周りの隠れた空間にもこだわりのリメイクを

ERI

出典:instagram.com

ベッド下のスペースを使った収納もキャスター付きにすることで機能性が格段に向上しますね。こちらの収納スペースは、まさかのリメイクなどで余った材料の保管場所ということで、ベッド下にすっきりと片づけられています。


 

ERI

出典:instagram.com

こちらは作業机といった雰囲気のデスク周りで、これぞ男前インテリアといった雰囲気のとってもかっこいいスペースですね。
デスクの右側に作られた扉の網づかいなんかも素敵です。


 

まとめ

いかがでしたでしょうか?お部屋をリメイクしてカフェスタイルに変えるなら、生活感のあるものを目立たないようにするのがポイントです。また、お部屋全体の雰囲気を変えるなら、お薦めはリメイクシートの活用です。今回ご紹介した達人のお部屋でも、キッチンなど生活感のある空間に気をつかっているのがわかります。また、冷蔵庫の中など見逃しがちですが、色のあるものを隠すことで生活感を消すことができていました。みなさんもぜひ試してみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!