ママにおすすめのコーデをご紹介♪動きやすさが一番だけどお洒落も楽しみたい!

子供が生まれると1日のほとんどを子供にあわせて行動することが多く、ファッション大好きな方もだんだんとおしゃれをする気持ちが少なくなってしまうということありますよね。ふと街などで鏡に映った自分を見て「おしゃれじゃない!!」とショックを受けることも。今回はそんなママたちに、動きやすくて子供と一緒の時でも平気だけど、おしゃれに見えるコーデをご紹介します!アイテム別に分けてあるので、気になるコーデをチェックしてみてくださいね。

公開日:
著者:
ママにおすすめのコーデをご紹介♪動きやすさが一番だけどお洒落も楽しみたい!

子供が生まれると1日のほとんどを子供にあわせて行動することが多く、ファッション大好きな方もだんだんとおしゃれをする気持ちが少なくなってしまうということありますよね。ふと街などで鏡に映った自分を見て「おしゃれじゃない!!」とショックを受けることも。今回はそんなママたちに、動きやすくて子供と一緒の時でも平気だけど、おしゃれに見えるコーデをご紹介します!アイテム別に分けてあるので、気になるコーデをチェックしてみてくださいね。

何はなくともデニム

まず最初にご紹介するのはデニムパンツ。動きやすくて丈夫、汚れても家で洗濯ができるという、アクティブにならないといけないママの最強の味方とも言っていい存在ですね。

同じデニムパンツでもその年ごとのトレンドや、自分のスタイルに合わせて工夫するとおしゃれになります。こちらは今年注目のワイドシルエットと切りっぱなしの裾がおしゃれなデニムパンツを使ったコーディネート。トップスを少しエレガントにして女性らしさを出しています。


 

こちらも少しワイドなシルエットのデニムパンツ。子供と一緒に愛犬のお散歩という時にはデニムが最適ですよね。ブラックのシンプルなトップスで大人っぽい雰囲気を出して、ベージュでそろえた小物で夏の気分を表現しています。


 

鉄板コーディネートと言っても過言ではないTシャツ&デニムパンツのコーデ。今年はTシャツでもロックテイストなプリントのものが人気です!ファストファッションブランドでも多く出ているので、今までのデニムパンツにプラスして今年らしさを出してみましょう。


 

ゆったり目のボーイフレンドデニムを使ったコーディネート。太ももや腰回りにゆとりがあるボーイフレンドデニムは、しゃがんだり座ったりすることが多いママには強い味方ですよね。でも普通のTシャツで合わせてしまうとおしゃれ度もきちんとさもダウン。そんなときはシャツでシャキッとさせましょう。


 

ダメージデニムも今年注目ですが、だらしがなく見えないか不安ですよね。でもこちらのように膝の部分に少し穴が開いているという程度なら平気。ロングカーディガンもダメージをカモフラージュしてくれます。


 

 

女性的だけど動きやすいロングスカート

ママコーデというとついパンツスタイルばかりになってしまう方もいるかも?いくらママになったからと言って女性らしさは失いたくないですよね。そんな時には今年人気のロングスカートがおすすめですよ。ロングスカートなら足さばきがよくて、しゃがんだりするときにも裾が気にならないですよね。こちらはふんわりしたキャメルのスカートにボーダーをあわせて、大人マリンに。


 

ママたちの集まりや、学校や幼稚園での打ち合わせなど、多くの人と会う時にはやり過ぎない程度でおしゃれで今年らしい雰囲気を作りたいですよね。こちらは落ち感がきれいなロングスカートにネイビーのトップスをあわせてシックにコーデ。


 

あまりシックにしたくないという時には、チノ素材などハリ感のある素材のロングスカートがおすすめです。ボーダーとキャップでマリン風にして、スニーカーをプラスしカジュアルに。でもバッグがきちんとした雰囲気なので、崩しすぎない感じですね。


 

子供と一緒にちょっと買い物という時におすすめのコーディネート。Tシャツとスニーカーでカジュアルダウンさせたロングスカートコーデです。小さめのショルダーバッグは、お財布やスマホを入れるのにちょうどいいサイズ。


 

子供のコーデと色やストライプの柄をあわせたリンクコーデ。ストライプのロングスカートはすこしカジュアルな雰囲気ですが、サッシュベルトを入れることで女性らしさをプラスしています。


 

同じミッキーのプリント入りのトレーナーで家族をおそろいにしたコーデ。男の子たちと赤ちゃんは動きやすくホワイトパンツ、ママとお姉ちゃんは素材違いのロングスカートでと細かいところまで考えられています。


 

 

きちんともカジュアルもできるワイドパンツ

動きやすいパンツでもここ数年人気が高いワイドパンツなら、きちんとしたコーデでもカジュアルなコーデでもどちらもできる優れものです。こちらのコーデはホワイトのシャツにベージュのワイドパンツという、ベーシックで清潔感があるコーディネートです。これならオフィスファッションとしても使えますね。


 

同じベージュのワイドパンツでもこちらはカジュアルに着こなしています。日差しや温度差が気になる時期には、デニムジャケットが便利!体温調整つをきちんとしながら、子供たちとの外出を楽しみましょう。


 

デニム素材のワイドパンツならカジュアルにピッタリ。いつものコーディネートでもセンタープレスのワイドパンツなら、カジュアルさが少なくて大人っぽくなりますね。


 

こちらはデニムのワイドパンツにブラウスでガーリーな雰囲気をプラス。すそが切りっぱなしになっているディテールも今どきな雰囲気です。


 

こちらも今年注目の刺繍アイテムを使ったおしゃれママコーデ。刺繍が流行りとはいえ大人女子であるママにとって、あまり派手なものは手が出しにくいですね。でもこのくらいならいつものワイドパンツにあわせて今年らしさをとりいれられます。


 

 

さわやかボーダー

ママに人気の柄と言えばボーダー。さわやかでいろんなアイテムやテイストとあわせやすいですよね。でもマンネリになっていませんか?こちらは人気のベルスリーブデザインのボーダートップス。同じボーダーでも今年のディテールを足すとぐっとオシャレになりますよ。


 

ボーダーのトップスにブラックの細身パンツのすっきりコーデ。いつものコーデのように見えますが、パンツの切りっぱなしやかごバッグなど今年らしいアイテムをさりげなくとりいれています。


 

同じネイビー×ホワイトのボーダーでも、ネイビーがベースかホワイトがベースかによってずいぶんと雰囲気が変わります。こちらはホワイトベースのボーダートップスでさらにさわやかな雰囲気に。


 

ボーダートップスにワイドパンツの大人カジュアルコーデ。デコルテ部分が広いトップスからわざと肩を出して少しだけセクシーに。でも幅広のタンクトップで露出はひかえめです。


 

太目ボーダーのトップスにグレーのスウェットパンツのラクラクコーデ。コンビニや近くのお店への買い物や家での家事が忙しいという時には、動きやすくてちょっとした買い物に行けるこんなコーデがピッタリですね。


 

同じボーダーのアイテムでも、シャツになるとかなり雰囲気が違いますね。ライトグレーのサロペットとあわせて、ランチにもいけそうな雰囲気ですが、足元はスニーカーで機動力を確保。


 

 

使い勝手のいいチェック

チェックも使いやすくてママにも人気の柄ですよね。ちょっとしたアクセントに使えるチェック柄は、その年によって流行があることも多いので、すぐにとりいれやすいトレンドアイテムでもあります。こちらはTシャツとスウェットパンツのラクラクコーデに、チェックのシャツでポイントを入れたもの。


 

細かなチェックは遠くから見ると無地ライクになり、コーディネートの幅を持たせてくれる便利な柄。こちらは上下をリネン素材で合わせた夏向きのコーデです。暑い時期にはさらっとした素材が恋しくなりますよね。


 

上と同じようにこまかめのチェックシャツを使ったコーディネート。でもブラックのパンツからホワイトのオーバーオールにするだけで、全然違う雰囲気になります。こちらだと公園などアクティブなお出かけにもピッタリ。


 

こちらはブラック×ホワイトのブロックチェックシャツを腰に巻いてウエストマークしたコーデ。シンプルなTシャツとブラックデニムのコーデでも、スタイルよく見せてくれます。


 

同じブラック×ホワイトのブロックチェックでも今年らしいシルエットならぐっと雰囲気が変わります。サッシュベルトでさらに今年らしくしてコーデですが、小物ならリーズナブルにトレンドを入れられます。


 

チェックのアイテムで今年らしいものと言えば、チェックのシャツワンピース。前のボタンを留めてワンピースとしても、こちらのようにボタンをはずして羽織としても使えるのがうれしいですね。


 

同じチェックのシャツでもトレンドカラーをおさえれば、さらにおしゃれに着こなすことができます。こちらは今シーズン人気のピンクで少しかわいい雰囲気に。


 

 

汚しても平気なパーカー&トレーナー

子供と一緒の行動では服が汚れるシーンはよくありますよね。シミなどが残りやすい服やクリーニングに出さなくてはいけない服などの場合には、気分が悪くなることも。でもできれば機嫌のいいママでいたいですよね。そこで活用したいのが自宅でジャブジャブ洗濯できるトレーナーやパーカー。こちらのようにビッグシルエットでブラックのトレーナーなら、体型や汚れを気にしないで子供と遊べますよ。


 

胸元にロゴが入ったジャストサイズのトレーナーなら大人カジュアルを演出できます。デニムの裾からのぞく素足やすこしだけ出したインナーの裾など、こなれたコーデですね。


 

少しゆとりのあるトレーナーに、ボーイフレンドデニムをあわせたコーディネート。トップスもボトムもゆとりがあるデザインなので、着太りして見えないように腰にシャツを巻いてアクセントにしています。


 

シャツワンピースの中にインできるような薄手のトレーナーは、どんな季節にも活用できる万能アイテム。お気に入りのものを見つけて着まわしてみましょう。


 

こちらも薄手のトレーナーを使ったコーディネート。きれい目のワイドパンツとあわせてカジュアルながらも清潔感を失わない工夫をしています。


 

お尻が隠れるサイズのパーカーと少し厚めのスパッツでスポーティなコーディネートに。これなら運動会やピクニックなどアクティブに過ごした日にピッタリですね。


 

 

たくさん歩けるスニーカー

たくさん動かなくてはいけないママの足元にピッタリなスニーカー。ガーリーコーデやコンサバ系コーデ、きれい目コーデのはずしアイテムとしても活躍してくれるアイテムですよね。こちらはお嬢さんとアイテムをそろえたコーデ。スニーカーなら子供と全く同じものを用意できますね。


 

こちらも親子3人でスニーカーを履いたリンクコーデ。ポイントや色合いだけをあわせるリンクコーデはおしゃれな親子をさらに輝かせますね。すべてのアイテムをきれい目でまとめて清潔感があるカジュアルコーデに。


 

ブラックの細身デニムにスニーカーをあわせたコーディネート。すその切りっぱなしやダメージが今年らしいデニムも定番スニーカーとなら落ち着いた雰囲気ですね。去年までのデニムであきたものがあったら、ダメージをつけてマネしたいコーデです。


 

大胆に足首部分をカットオフしたデニムにホワイトのスニーカーをあわせたコーディネート。足首の肌が出ると大人っぽい雰囲気がありますね。


 

ホワイトのトップスにデニム、スニーカーというカジュアルのど定番コーデ。活動的で汚れもあまり気にならないママに最適のコーデを、キラキラ感があるバッグでランクアップ。


 

 

両手を開けられるリュック

子供とのおでかけや買い物など、手がふさがってしまいことが多いママ。でも荷物を0にすることはできないから、バッグには悩まされることも。そんな時の強い味方がリュックですよね。両手があけられる上にたくさんの荷物を収納できます。こちらはホワイトのワンピにブラックのデニム・リュックで引き締めたコーデ。


 

スニーカー同様、はずしアイテムとしても人気のリュックは、トレンチコートのようなきちんとアイテムとの相性も◎ラフにでもラフすぎないコーデができます。


 

Tシャツにダメージデニムというカジュアルコーデでも、リュックをブラックにするとスッキリとした大人っぽさが出ますね。


 

シンプルコーデが多い方にはさし色になるレッドがおすすめです。カジュアルなリュックならレッドを中性的な雰囲気にしてくれますよ。


 

ブラックやネイビーなどの定番カラーをもっていて、もう1つリュックをと思う方にはイエローがおすすめ。ママコーデに多いホワイトやネイビー、グレーなどとの相性がいいですよ。


 

 

きれいなママでいたいセレモニーファッション

ママがコーディネートで一番頭を悩ませるのは、入学式や卒業式などのセレモニーではないでしょうか?そこで結婚式などのパーティでも使え、日常のコーデにも活用できるセレモニーファッションをご紹介します。

 

こちらは淡いピンクがきれいなセットアップを使ったコーデ。セットアップは上下別に使うこともできて、便利ですよね。


 

こちらもセットアップのコーデ。グレーなので上下別に日常使いしやすいアイテムですね。ライトグレーはシーズンが限定されない優れもの。


 

ノーカラージャケットを使った上品コーデ。パンツはウエストにゴムがはいった日常使いもできるタイプですが、ジャケットとネックレスでフォーマル感をアップさせています。


 

ネイビーのジャケット&パンツのセットアップ。ネイビーなら着用するシーンを選ばないので、オフィスや日常でも活躍させられそうですね。


 

トレンド感をプラスしたいならこのコーデ。レーストップスの中にノースリーブのオールインワンを着て、今年のトレンドを入れています。どちらもリーズナブルに購入しやすいのがうれしいですね。


 

まとめ

いつまでもおしゃれでいたいと願うママにおすすめのコーディネートをご紹介しました。どのコーデも歩きやすく動きやすい、汚れが目立ちにくいなどママにとってうれしいものばかり。ぜひ今回の内容を参考におしゃれを楽しんでみてくださいね。

 

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告