海外インテリアがお手本☆フォトフレームを上手に取り入れるアイディア集

部屋で大きな面積を占める壁。そんな壁を上手に使えていますか?収納で覆われていたり、手をつけずにそのままにしていたりとなかなか上手に活用できていない方も多いのではないでしょうか。そこで今回はショップや海外の画像を参考にポートレートやフォトフレームを使ったインテリアコーディネートをご紹介します。ぜひインテリアの参考にしてくださいね。

2017/05/13 更新
海外インテリアがお手本☆フォトフレームを上手に取り入れるアイディア集

部屋で大きな面積を占める壁。そんな壁を上手に使えていますか?収納で覆われていたり、手をつけずにそのままにしていたりとなかなか上手に活用できていない方も多いのではないでしょうか。そこで今回はショップや海外の画像を参考にポートレートやフォトフレームを使ったインテリアコーディネートをご紹介します。ぜひインテリアの参考にしてくださいね。

壁に表情をプラスするポートレートとフォトフレーム

カラーリングで統一感を

mitaka-06

ショップの壁を飾るフレームとオブジェ。形や大きさが違うアイテムを組み合わせていますが、カラーを黒・白・グレーのモノトーンと、チェアの足と同じイエロー系で統一しているので全体的に調和がとれています。

 

わざとランダムに

こちらは先ほどのものとは逆にカラフルな写真や絵を飾り、ランダムに配置したインテリア。でもバラバラな印象がしないのは、フレームを同じ木製にそろえているから。にぎやかですが、落ち着きもあるコーディネートはぜひマネしたいアイディアです。

 

広告

 

好きなものを好きに配置して

clark-street-mercantile-33932

絵や写真だけでなく服や本など好きなものを一緒に並べたインテリア。統一感がないような感じがしますが、1人の好きなものを集めるとテイストが似たものが多いので雑多な印象にならないんですよ。

 

同じフレームで

こちらは先ほどのものとは逆に、同じフレームで同じテイストのポスターを等間隔で配置したインテリア。規則性があるインテリアは初心者でもすぐにマネしやすいですね。規則性のある配置には不規則な形の植物を飾って、空間に楽しさをプラスするのがおすすめ。

 

お気に入りを1つだけ

お気に入りの絵を1つだけ飾ったインテリア。柱と柱の間にある空間にちょうどよいバランスで飾られています。家具も最小限におさえて、ミニマムでシンプルなインテリアを実現しつつ、個性の主張も忘れていないという上級者のコーディネートです。

 

コラージュした写真で

sylwia-pietruszka-218363

写真を加工してインテリアにあわせたフォトフレーム。部屋がせまい時などはたくさんのフレームを配置するのではなく、1つのフレームだけを使うのがおすすめです。こちらのようにコラージュなどで自分の部屋にあったフォトフレームを作り上げれば、1つだけでもインパクトがありますよ。

 

賃貸なら床置きも

賃貸住宅などどうしても壁に穴があけられない場合には、床にフレームを置くのがおすすめです。何気なく複数のフレームを置くことでアトリエのようなアーティスティックな空間を演出できますよ。


 

植物を飾る土台として

絵や写真を飾るだけがフレームの役割ではありません。こちらのように植物を飾る土台として使うこともできるんですよ。鉢をたくさん並べるのはスペースが必要ですが、この方法なら広い場所を使わないで植物をインテリアとして取り込むことができますね。


 

まとめ

ポートレートやフォトフレームをインテリアとして取り入れる方法をご紹介しました。おしゃれにフレームを活用するのには、いくつかの方法があります。今回ご紹介した内容を参考に壁を有効利用してみてくださいね。

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!