自分のお気に入りを飾って楽しく♪キッチンの見せる収納アイディアをご紹介☆

食器や調味料などものが多くなってしまうキッチン。使い勝手、よく見た目もよく収納したいと思ってもなかなか難しいですよね。そこで今回は、そんなキッチンを見せる収納で上手に使っているアイディアをご紹介します。

2017/03/17 更新
著者:
自分のお気に入りを飾って楽しく♪キッチンの見せる収納アイディアをご紹介☆

食器や調味料などものが多くなってしまうキッチン。使い勝手、よく見た目もよく収納したいと思ってもなかなか難しいですよね。そこで今回は、そんなキッチンを見せる収納で上手に使っているアイディアをご紹介します。

きれいに使いやすく

食器をディスプレイ

こちらの収納はダイニング側の壁に棚をつけて食器を収納したアイディア。お気に入りのカップやポットは見えるところに置いておきたいですよね。


 

吊り下げて

キッチンの壁に棚を取り付け、アイアンバーで吊り下げ収納をしている実例。キッチングッズには吊り下げると楽に収納できるものが多いですよね。


 

広告

 

扉をはずして

作り付けの家具の扉をはずして見せる収納に。シンク上にもオープンシェルフがあることで全体的に統一感が出ます。


 

タイルを使って

壁だけでなく棚の天板にもタイルを貼って全体の雰囲気を統一しています。壁に取り付けた棚には小物や調味料などを上手に配置。


 

レトロに

土鍋やホーローなど、レトロな雰囲気のキッチンアイテムを見えるように収納。全体的にレトロな雰囲気で懐かしいですよね。


 

定位置に

食器や調味料の定位置を作って使ったら戻すように心がけると、いつもきれいなキッチンが保てます。ガラスで食料品を入れる容器を統一しているのもいいですね。


 

カフェ風

キッチンのカウンターをカフェ風にアレンジ。見える側には見せたいアイテムをカウンター裏の見えない場所には、隠したいアイテムをと上手に使い分けができます。


 

ディアウォールで

カウンターの壁際にディアウォールを使って棚を作ったアイディア。調味料がきれいに機能的に並んでいます。


 

 

一緒に使うものは一緒に

コーヒー用品など同じときに使うアイテムは一緒に置いておくことで機能的でもあり、見た目にもきれいに収納できますね。


 

好きなものだけを

いくら見せる収納といっても見せたくないものはしまっておくというのが基本。見えるところにはお気に入りのものだけを出すようにしましょう。


 

棚がつけられないところには

タイルの壁や賃貸では棚をつけられませんが、ディアウォールを使えばこんな棚を作ることもできるんですよ。


 

見せるアイテムは統一して

ばらばらの容器が多い調味料は同じ入れ物に入れて統一感を持たせると、見せたくなる収納が完成しますよ。


 

まとめ

キッチンの見せる収納をご紹介しました。お気に入りの食器やキッチングッズも棚の中にしまっているだけではつまらないですよね。自分のお気に入りを飾って楽しいキッチンにしましょうね。

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!

関連タグ