まるで南仏にいるかのよう!本格的なプロヴァンス風インテリア☆

まるで南仏にいるかのような気分になるプロヴァンス風のインテリアを取り入れたおしゃれなコーディネートをご紹介します。プロヴァンス風インテリアの特徴やコーディネートの仕方を学びましょう!

2017/03/22 更新
著者:
まるで南仏にいるかのよう!本格的なプロヴァンス風インテリア☆

まるで南仏にいるかのよう!プロヴァンス風インテリア☆

まるで南仏にいるかのような気分になるプロヴァンス風のインテリアを取り入れたおしゃれなコーディネートをご紹介します。プロヴァンス風インテリアの特徴やコーディネートの仕方を学びましょう!


 

おしゃれなコーディネートをチェック☆

南仏には古い石造りの家がたくさんあります。キッチンの壁に取り入れるとまさにプロヴァンスの雰囲気です。日本とは家の雰囲気自体が全く違うので、徹底的にプロヴァンスの雰囲気にこだわりたいのであれば、壁や天井、床などのリフォームを行う必要があります。家具や雑貨のコーディネートだけではプロヴァンス風の雰囲気を作るのは難しいでしょう。


 

広告

 

テラコッタカラーの壁もプロヴァンスでよく見掛けます。フレンチテイストのデコレーションと一緒におしゃれにコーディネートするとよいでしょう。壁紙の張り替えであれば賃貸物件でもできる張ってはがせるタイプなどもあるので、大掛かりなリフォームなどが無理な人には壁紙チェンジがおすすめです。


 

南仏の陶器は鮮やかなイエローカラーが特徴です。ぽってりとしたフォルムがかわいく、インテリアの一部としてコレクションして飾るのにもよいですね。ちょこっとだけプロヴァンスの雰囲気を味わいたい時などにおすすめの雑貨コレクションです。


 

花柄のテーブルクロスはフランスの田舎の家庭であればどこでも一枚は必ずあるようなアイテムです。プロヴァンスでももちろん人気です。


 

イエローカラーの壁はニースの街並みのよう。DIYして取り入れるのによいでしょう。プロヴァンス地方に行ったことのある人なら、すぐにニースを思い浮かべるような壁の色です。


 

アーチ開口もプロヴァンスの家のデザインの特徴のひとつです。家の中や玄関、庭などさまざまなところで取り入れられています。


 

壁にたくさん写真やイラストを飾るのはフランスらしいインテリアです。プロヴァンス風にヴィンテージテイストを取り入れたいときによいでしょう。


 

切り花やキャンドルをたくさん飾るのも素敵です。フレンチシックスタイルの特徴ですが、プロヴァンス地方に住むマダムたちもロマンチックに飾るのが好きな人が多いです。


 

プロヴァンス地方では、南仏の乾いた空気でドライフラワーを作って飾る人も多いです。


 

 

南仏といえばラベンダー!切り花を飾るのもよいですし、ドライフラワーにすれば一年中楽しむことができます。


 

イエローの壁やアーチ開口、木の窓扉などでプロヴァンスのテイストが満載の外観が素敵です。日本ではなかなかここまで本格的なプロヴァンス風住宅を見掛けることはないでしょう。やるからには徹底的に取り入れるのがかっこいいですね。


 

木の重厚な扉も古いフランスの家の特徴です。日本でも木の扉はさまざまなデザインのものが選べますので、新築を建てる際にはフランスの田舎風デザインのドアを選ぶのがおすすめです。


 

つる科の植物を利用して外壁を飾るのも南仏らしい雰囲気が出せます。フランスでは、アイビーやローズ、藤の花などもよく見掛けます。


 

南仏の家にはテラスが欠かせません。日曜日には家族が集まって食事をします。大小に関わらずフランス人はお天気のよい日は室外で食事をしたいという人が多いようです。プロヴァンスの家庭のようにお庭でまったりできるスペースを作りましょう。


 

まとめ

南仏やプロヴァンスのインテリアを意識しながらフレンチテイストでまとめて本場のインテリアを目指すとよいでしょう。プロヴァンス風を日本のインテリアで実践するのはなかなか難しいですから、フランスの輸入アンティーク品などを取り入れながらコーディネートしていくのがおすすめです。壁紙を張り替えたりしてDIYやリフォームなどで本格的な家に近づけていくのがおすすめです。

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!