ダイソーのおすすめ収納アイテム8選☆50実例とともにご紹介!

もう私たちの生活に無くてはならない存在の100均ダイソー。日々いろんな場面でダイソーのアイテムが活躍していますが、一番活躍しているのは、インテリアではないでしょうか?とくに収納には様々な方法で取り入れている方も多いはず。今回はダイソーのおすすめ収納アイテムを8つピックアップして、その収納実例も合わせてご紹介いたします☆

2017/02/24 更新
著者:
ダイソーのおすすめ収納アイテム8選☆50実例とともにご紹介!

もう私たちの生活に無くてはならない存在の100均ダイソー。日々いろんな場面でダイソーのアイテムが活躍していますが、一番活躍しているのは、インテリアではないでしょうか?とくに収納には様々な方法で取り入れている方も多いはず。今回はダイソーのおすすめ収納アイテムを8つピックアップして、その収納実例も合わせてご紹介いたします☆

①スクエアボックス

ここ最近で一番話題になったダイソーアイテムの1つ、スクエアボックス。ふた付きのプラスチックのボックスなのですが、スタッキングできるその形が使いやすくてかわいいと評判になりました。こちらはシールで中に入れたものをわかりやすくしています。


 

スクエアボックスにはカラーバリエーションがあるので、部屋にあわせた色を選べますよ。こちらはステンシルで男前な文字を入れたアレンジ方法。薄いブルーにブラックの文字がはえています。


 

ピンクもかわいいですね!色違いで購入すれば、こんなふうにふたを違う色にして楽しむこともできますよ。こちらのリメイクはセリアのウォールステッカーを使っているので、簡単だけど綺麗な出来栄えですね。


 

スクエアボックスの高さは11.5センチと低いので、ベッドの下に入れてデッドスペースの活用にもピッタリ!質感がマットなのでどんなインテリアにもはまってくれるところもうれしいですね。


 

スクエアボックスはスタッキングできるようにふちが横に出ています。その特徴を活かしたのがこのアイディア。ふちの部分を棚の中の桟に引っかけて引き出しとして使う方法です。これなら一つずつ取り出して物を入れられるので便利ですね。


 

スクエアボックスのもう1つの特徴は角が丸いこと。そのため子供がけがをしにくいと子供部屋の収納として購入している人が多いみたいです。こちらも入れるものによってデザインを変えたスクエアボックスを専用の棚に入れた子供用のアイディア。


 

プラスチックのスクエアボックスは湿気や水のあるところでも活躍しますね。こちらはシャンプーの詰め替えやメイク用品など、洗面所に置いておきたいアイテムを洗面台の下に収納したアイディアです。


 

こちらも子供部屋用の収納アイディア。すのこを使った本体に、突っ張り棒を使って斜めにスクエアボックスを収納しています。上の収納もそうですが、斜めにすることで、物を取り出しやすくしているんですね。ふたにつけられたアイテムのシールも見やすいくて◎。


 

広告

 

②積み重ねボックス(PPボックス)

積み重ねができるという点ではこちらのPPボックスも便利で人気です。無印良品でも同じようなアイテムが販売されていますが、100均ならよりリーズナブルでたくさん揃えられます。


 

大きいものはメイク道具を収納したりして使う人が多いようですが、大きいのと小さいのを組み合わせるとキッチンでも活躍しますよ。散らかりがちなスープやホットドリンクを収納しています。箱を捨てられるので、スペースも小さくできますね。


 

大きさや形が豊富にあるPPボックスは子供のおもちゃやアイテムを収納するのにも便利。とくに小さなおもちゃはこういうネットから落ちて散らかってしまいますが、大きさがあったPPボックスを入れてすっきりと収納上手に。


 

細長いものは引き出しに入れて仕切りにも使えますよ。この大きさはカトラリーを種類分けするのにピッタリですね。他にも細々としたお弁当用品などの収納にも使えますよ。


 

引き出しの中で使うアイディアは他にも!こちらはハンカチの収納に使っているアイディア。これなら好きなハンカチをすぐに見つけられますね。下着など細かなものを収納するアレンジもできそうです。


 

③ファイルボックス

書類や雑誌などを収納するファイルボックス。100均ではどの店でも売られている定番商品ですが、ダイソーは種類が豊富でインテリアにあわせて選べますよ。こちらは白いボール紙のファイルボックス。同じものを並べると統一感が出ますね。


 

ファイルボックスにはタグを入れる金具がついたものや、かわいいプリントがされたものなど様々あります。みんなが集まるリビングはシンプルにホワイト。子供部屋にはかわいいアニマルプリント。自分用には大人っぽいプリントをと、買い物中にどこで使うか考えるのも楽しそうです。


 

ファイルボックスには紙製だけでなく、プラスチック製の物も。書類を入れるという使い方はもちろんですが、プラスチックならシンク下でも活躍しますよ。小物の分類にはちょうどいいですね。


 

立てて使うファイルボックスはシンク下の高さを活用できるアイテムです。今までは置けなかった細かな物も、ファイルボックスに入れてしまえばどこにも立てられます。


 

こちらは引き出し収納に入れて皿立てにしたアイディア。区切られていれば皿を立てて収納しても壊れる心配はありませんね。


 

こちらは意外と収納しづらいフライパンやふたの収納にファイルボックスを使っているアイディア。重ねて収納することが多い鍋類ですが、こうしておけばどれを取り出すのもスムーズで、料理も早くなりそうですね。


 

 

④プラカゴ

ダイソーの収納アイテムの定番といえば、プラスチックのかごではないでしょうか?様々な形や色、大きさがあるので、自分の家でほしいスペースにピッタリのものが見つかりそう。100均アイテムなら一度に多くそろえられるから、すっきりと統一感のある収納になりますよ。


 

隠す収納を目指す時には棚の高さに合ったものを選ぶのがポイント。中途半端な高さだと中身が見えてしまい雑然とした感じになってしまいますよ。


 

冷蔵庫の中をすっきりとさせる収納アイテムとしてもプラスチックのかごは大活躍!食品で汚れてもさっと洗ってきれいにできるところもうれしいですよね。アイテムごとにまとめて収納することで、冷蔵庫を開ける時間を減らしてエコにもなりますよ。


 

ダイソーのプラカゴにはたくさんのデザインがあります。店舗や時期によって品ぞろえが変わるので、ネットなどで好みのものを見かけたら、すぐに店に行ってみましょう!もし見当たらない場合は他の店舗をチェックすることも忘れずに。


 

⑤ふた付き

ダイソーのプラカゴにはふた付きの物もあって人気です。キッチンの棚の中やシンク下ならふた無しの方が便利ですが、そのまま置いておいたり、取り出して使いたいものはふたがあった方がいいですよね。こちらも、シールなどでリメイクしてインテリアの雰囲気に合わせているみたいですね。


 

こちらもダイソーのふた付きプラカゴにステンシルでリメイクしたもの。タグを入れる金具も取り付けて男前の雰囲気にしていますね。


 

アレンジの仕方によっては子供部屋にピッタリにできますよ。こちらは自作のラベルと貼ったリメイクですが、絵に自信のない方はシールやウォールステッカーを応用してみてくださいね。


 

こちらは趣味に使う材料を仕分けして収納しているアイディア。手芸用品など細かいものを入れるのにもふた付きは最適です。こうしてかわいいラベルで中身がわかるようにしておけば、そのまま出しておいてもいいし、欲しいものをすぐに見つけられますね。


 

こちらは売り切れが出るほど人気だったバスケット風のプラカゴです。横の編み目がかわいいですね。アウトドア用品を収納しておいてそのまま出かける時に持って出るというのもよさそう。ピクニックや外のイベントにも持っていきたい収納アイテムです。


 

こちらもカラーバリエーションがあるので、部屋にあわせたカラーを選べますよ。ハンドル付きなので部屋の間の移動もラクラク。子供のおもちゃや本を収納して子供部屋からリビングに運ぶという使い方もいいですね。


 

 

⑥木製ボックス

ダイソーの収納アイテムには木製のものも。こちらは小物を収納できる引き出し式のアイテムなのですが、木そのものの質感でリメイクしやすいというメリットもあり、人気を得ているアイテムです。このままでもナチュラルでかわいいし、使い勝手がよさそうですね。


 

こちらはオイルステインで落ち着いた雰囲気にリメイクしたもの。しっとりとした質感で男前やカフェ風に似合いそうなアレンジですよね。上のアイテムと引き出しの高さが違いますが、これは入れる方向を変えているから。入れる方向によって高さが違うので、入れるものを変えられますよ。


 

こちらはホワイトとダークブラウンでペイントしたリメイク。金具も色を変えることで雰囲気がまるで変ってしまいますね。モノトーン風の雰囲気がキリリとしています。


 

高さが低い方を前にすれば中が少し見えるので、タグをつける手間が減りますよ。見せたいアイテムをあえて収納するなど自分好みにアレンジしてくださいね。


 

こちらはもとからあった棚に雰囲気をあわせたリメイク。まるでそろえたような一体感がありますね。下の収納は大きいので細かいものだけ、リメイクした木製ボックスにと使い分けができますよ。


 

シャビーシック風にホワイトでペイントしたリメイク。取っ手を変えるとかなり雰囲気が変わりますね。アンティーク風の取っ手をつけるなど自分好みにカスタマイズできるのも楽しいところです。


 

木製ボックスを2つ並べたうえに黒板を置いて学校風に。黒板のような色合いでまるで1つの製品のような雰囲気ですね。100均のアイテムは安価で手に入るので、リメイク初心者でも手を出しやすいアイテムです。失敗を恐れずに挑戦してみませんか?


 

こちらはボックスの引き出し部分だけを使ったリメイク。引き出し部分に高さをあわせた棚に3つずつ並べています。屋根をつけると、まるでマンションみたいな雰囲気ですね。


 

 

⑦布製ボックス

布製の収納ボックスもダイソーの人気アイテムの1つ。ストレージボックスやランドリーボックスなどと呼ばれているアイテムで、布の風合いがナチュラルな雰囲気なのでいろんな部屋に合わせやすいアイテムです。


 

大きさがカラーボックスの棚にちょうど入るサイズというのも人気の秘密!これならリメイクやDIYの手間がなくてすぐに使えますよね。布でできているので、柔らかいのも良いところ。子供が少しぶつかっても平気です。


 

布製のアイテムはランドリースペースとの相性が抜群!洗濯前の小物やお風呂のあとに使うバスタオル、子供のパジャマなどを収納しておけばすごく便利ですよね。見えないというのも色々なアイテムを入れやすいメリットです。


 

リメイクやDIYの材料として人気のカラーボックスですが、手作業が苦手な人にはこちらのアイディアはいかがでしょう?ものを収納した布製のボックスを入れるだけでちょっとおしゃれな収納に変身しますよ。


 

子供部屋の収納でも布製のボックスは大活躍です!形が変わるので、様々な形のものがあるおもちゃを入れても対応してくれるのです。入り口が大きいから子供の片づけやすくていいですね。


 

こちらはパリの街角にありそうなカフェ風。ランドリースペースがすっかりおしゃれな場所になっています。洗濯用品などあまり出しておきたくないものはざっくりとボックスの中に入れて収納して、どの部屋も気持ちのよい場所にしてしまいましょう!


 

この布製ボックスにはキャンバス地風のものだけでなく、麻布風の物もあるのだとか。こちらは少し小型なのでキッチンスペースにピッタリのサイズ感です。これにコーヒーやお茶の道具を入れて来客時に出すというのもいいですね。


 

布製ボックスを床に並べて使っているアイディア。子供や家族のお出かけに必要なアイテムを入れておいて、玄関に並べていてもこれなら恥ずかしくないですよね。前の日に荷物を用意して玄関に置くと忘れ物防止によさそう。


 

 

⑧粘土ケース

ダイソーでとても人気の出た収納アイテムと聞いてこの粘土ケースを思い出す方も多いのではないでしょうか?本来子供が遊ぶ粘土を収納するケースなのですが、細かいものを収納するのに便利だと人気が出たアイテムですよね。今も愛用者は多く、こんなふうにスタイリッシュに活用している人も多いんですよ。


 

こちらは引き出しの仕切り兼収納アイテムとして活用しているアイディア。細かく形の異なるものが多いステーショナリーは箱に入れて収納するのが一番ですよね。使う用途に合わせて入れておいて、ラベルをつけることで家族みんながわかりやすい工夫をしています。


 

こちらは中身の名前を手書きで書いている例。手書きの文字は味があっていいですね。文房具や工具だけでなくメイク用品なども収納しておけて、見た目が統一されるので、誰かに見られてもはずかしくないですね。


 

細かく入れる物を分けているアイディア。こちらは薬などを用途別に入れていますが、こうすることでそれぞれの残っている量も把握しやすくて、使いたい時に無い!ということを防げる賢いアイディアです。


 

粘土ケースは倒さなければ立てて収納することも可能です。こうすれば引き出しの中にあるアイテムも一目瞭然!物をどかさなくてもどこに何があるかわかりますね。上の段にはトラベルグッズなどを入れた粘土ケースが。このままキャリーバッグに入れて旅に!と備えは万全ですね。


 

 まとめ

100均ダイソーの人気収納アイテムをご紹介しました。今回の内容を参考に、自分の家で使えるアイテム、必要なアイテムを検討してダイソーへ行ってみましょう。そうすれば何をどれだけ買えばいいか迷わないで済みますよ。収納スペースと収納の種類を選んで「収納上手」になってくださいね!

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!