これからの季節、ブーツじゃ重いけど存在を残しつつ履くならブーティーでしょ!

足元に冬の名残を残しつつ、でも軽やかに行きたいときこそ、このアイテムの出番なんじゃないかと思うのです。まだ肌寒い季節にブーティーの良さが発揮されるのではないでしょうか?ここで一つ皆さんどんなコーデなのか見ていきましょう。

公開日:
著者:
これからの季節、ブーツじゃ重いけど存在を残しつつ履くならブーティーでしょ!

足元に冬の名残を残しつつ、でも軽やかに行きたいときこそ、このアイテムの出番なんじゃないかと思うのです。まだ肌寒い季節にブーティーの良さが発揮されるのではないでしょうか?ここで一つ皆さんどんなコーデなのか見ていきましょう。

きれい目にもカジュアルにもいける靴ブーティー

バイカラーのブーティー

ハイネックのカットソーにレースのチューブトップ、ボーイズデニムをロールアップして、バイカラーのブーティーをカジュアルダウンしています。ちょっぴりボーイッシュに。


 

ベージュ系のブーティー

ちょっぴり変わった形のプルオーバーにホワイト系のパンツを合わせて。サイドジップに太めヒールのブーティー、足首チラ見せで美脚効果アリ。


 

 

古着でも美品

DIANAのお古ですが美品なので新品同様に見えますね。エナメルとフェイクファーの組み合わせで派手目ですが、コーデがシンプルなのでキレイに映えます。


 

ガウチョパンツにも

こちらは太めヒールにメタルのバックルが映えるブーティー。一見スカートに見える個性的なガウチョパンツにひと味スパイスを加えるコーデになっています。


 

トレンチと色合わせ

ベージュ系のトレンチに合せるかのようにベージュのブーティー。ミニスカ肌見せでこちらも足長効果大。


 

高めプラットフォームで背高に

タッセルとブーティーを組み合わせた個性的な一足。MA-1×ラップワイドパンツ×ブーティーで、カジュアル感満載コーデです。


 

カラータイツでオリジナリティを

こちらのボトムスはスタッズ付きのショートパンツに、プリント柄のカラータイツがポイント。黒のブーティーがトータルバランスを整えるかのようです。


 

サイドがポイント

モノトーンコーデに合せて、黒のブーティー。ですがサイドに飾りが付いていて、ブーティーも個性的。アクセントになっていますね。


 

 

メンズライクコーデ

プチプラな洋服ですが、マニッシュにまとめられていて、男前な印象。そこにオープントゥのブーティーを合せて、女らしさを忘れません。


 

茶色のブーティー

こちらも黒ワンピに白パンツとモノトーンコーデと思いきや、ブーティーの色は茶色。差し色になっていて、大人っぽい印象を受けます。


 

マニッシュに仕上げました

メンズライクなスーツ・ネクタイにシェルコートを合せています。そこにカッチリとしたバックル付きのエナメルブーティーで、男前コーデの出来上がり。


 

アダルトカジュアル

とろみシャツの他はデニム生地でまとめていて、とってもカジュアル。ベルト付きブーティーのピンヒールがレディライクな印象を受けます。


 

まとめ

いかがでしたか?春先のブーティーはエレガントにもカジュアルにも最適なアイテムではないでしょうか。コーデに取り入れるだけで、お洒落感も増しますし、なかなか重宝します。試してみては?

 

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告