Warning: stripslashes() expects parameter 1 to be string, array given in /home/kusanagi/folk1k/DocumentRoot/wp-content/themes/blog/functions.php on line 114

収納の味方!小引き出しを使ったインテリア

文房具やスマホアイテム、化粧品、家の中には細々したものたちがたくさん溢れています。そんな散らかりがちな小物をすっきり収納してくれる小引き出しが好きで、リビングやキッチン、あちこちで使っています。今回は我が家の小引き出しの紹介や、現行品を簡単リメイクする方法をご紹介させて頂きます。

更新日:
収納の味方!小引き出しを使ったインテリア
nico*

nico*

ライター

カフェ好きのコーヒーショップ店員。 お家をカフェのような居心地の良い空間に したくて、100円ショップやリサイクルショップ、お金をかけずに自分なりのカフェ風インテリアを試行錯誤中。夫を巻き込みながらDIYしています。

小引き出しのある暮らしとインテリア

文房具やスマホアイテム、化粧品、家の中には細々したものたちがたくさん溢れています。そんな散らかりがちな小物をすっきり収納してくれる小引き出しが好きで、リビングやキッチン、あちこちで使っています。

今回は我が家の小引き出しの紹介や、現行品を簡単リメイクする方法をご紹介させて頂きます。

nicoさんのInstagramはこちら

 

小引き出しの魅力

何かと便利な小引き出し。レトロな古道具やプラスチック製、業務用のものなど種類も様々。

場所に応じた小引き出しを使うことで、細々とした物もすっきり収納することが出来ます。通常の引き出しとの違いは奥行きが浅く、引き出しの高さがない事。

入っている物が見えやすく、出し入れしやすいのも魅力ですね。

片付けには、モノの定位置を決めると良いと聞きます。引き出しごと中身を決めたら、適度に収納。これ、大事!!

きっちりしすぎると私も家族もストレスが溜まってしまうので、適度に力を抜きつつ整理整頓していきたいと思います。

 

 

リビングの小引き出し

我が家のリビングには小引き出しが2つ置いてあります。どちらも古道具。祖母の家から譲ってもらったものです。

土間に置かれていた為埃まみれでしたが、たわしでごしごし擦って水で洗い流してすっきり!!

 

縦長の物はペイントして、取っ手を付け替えました。引き出し毎、中身がおおまかに分類してあります。一段目は塗り薬や体温計など。

ちょっとした薬箱のような感じで使っています。

爪切りは一番上の引き出しのここ!と定位置が決まっているので、散らかったり、見つからないなんてこともありません。


 

文房具は二段目。

ごちゃつきがちな文房具も引き出しにいれるだけですっきり。

ペンの中にスティックノリが入っているのは、きっと息子の仕業。でも、どこにあるか一目で分かるので、良し!としています笑

ファイヤースティックのリモコンはここが定位置。

ここに入れられる分が我が家の適量。頂き物のボールペンなども使い切れないので、職場に持っていったり、ため込まないように。

一番下は、「とりあえず」の引き出し。後日連絡の書類関係などや請求書など。

散らばりがち紙類は、とりあえず入れる場所を決め定期的に処分するようにしています。


 

ソファ横の小引き出しは、家電の取説類や充電器、スマホ関連の物など。


 

ソファ横なので、サイドテーブル替わりにもなり、本を読みながらコーヒー飲むなんて使い方も。

木製の小引き出しは、柔らかい雰囲気でインテリアにも馴染みやすいですね。

祖母の家から来たものだからなおさら、愛着が沸きます。


 

キッチンの小引き出し

キッチンのバックカウンターに置かれた小引き出し。


 

こちらは古道具。

取っ手が無いシンプルな物です。

薬やサプリメントの他、コーヒーフィルターやお弁当用品などを収納しています。

サプリメントのパッケージはカラフルな物が多くて出しっぱなしだとごちゃつきがちになりますが、引き出しに入れればすっきり!!

我が家ではこのように実用的に使っていますが、豆皿などを収納するのもおすすめです。


 

小さくてかわいい豆皿。

引き出しを開けたら整列している姿は、なんだかときめきます。


 

現行品をリメイク

リサイクル品や古道具に抵抗がある、なんて方もいらっしゃると思います。

そんな方は、現行品をリメイクするのもおすすめ!!リサイクルショップではたまに新品の小引き出しが売られている事もあるので、是非チェックしてみて下さい。

 

今回漆塗りの新品の小引き出しを見つけました。

1300円のお手頃プライス。

このままでも良いのですが、漆塗りのせいか?和風の雰囲気なので、我が家のインテリアにあうように簡単にリメイクします。


 

材料:小引き出し、マスキングテープ、引き出しの取手


 

①引き出しの金具を取り外します


 

②穴が開いているのでパテで埋めて、凸凹をやすりで削る

家にあったダイソーの壁の穴埋めパテを使いましたが、木製のパテも売られています。

無印のヘラが色々使えて便利です。


 

③マスキングテープを貼る

ウィリアムモリスのマステを張りました。

大胆な柄も小物なら挑戦しやすいですね!


 

④引き出しの金具を付ける


 

リメイク完成です!!

簡単にできるリメイクですが、和の雰囲気が少しクラシックな雰囲気になったような気が。

今回マスキングテープを貼りましたが、ペイントするのも良いですね。引き出しだけ白にして、ツートンも可愛いです。

少し手を加えるだけで雰囲気が変わるので、自分好みの小引き出し作ってみて下さい。


 

今回リメイクした小引き出しは、マスキングテープや文房具など入れて、私の部屋で使おうと思います。


 

小物の収納に最適な小引き出し

細々したものはどうしても散らかりがち。

小引き出しを活用して、使いやすくすっきり収納すれば、ストレスフリーに。

探し物をしなくても良い、キレイなお部屋がキープできるようこれからも活用していきたいと思います!

ご自宅にあった小引き出し、是非探してみて下さいね。

nicoさんのInstagramはこちら


 

こちらもおすすめ☆