ご飯の冷凍保存におすすめのタッパー特集。形状・構造など手入れしやすいタイプを厳選

ご飯の冷凍保存に便利なタッパーを紹介。レンチンするだけで炊き立てのようなご飯を味わえる容器やお手入れが簡単な容器を選び、毎日の食事作りに役立てましょう。おすすめの冷凍保存用タッパーを形状別に紹介しますので、サイズや特徴などを比較してみてくださいね。

公開日:
ご飯の冷凍保存におすすめのタッパー特集。形状・構造など手入れしやすいタイプを厳選
mashouse

mashouse

家電好き・家具コンシェルジュ

家具コンシェルジュ1級を所有し、家具選びのお手伝いやインテリア・フード・ライフスタイルの記事を執筆するライターです。キャンパー・DIY好き・植物マニア・家電オタクでもあります。仕事や趣味で学んだことをいかし、楽しくてちょっと役立つ情報を発信中。

ご飯の冷凍保存に便利なタッパーを紹介

ご飯を大量に炊いて冷凍保存すると、レンチンすればすぐに食べられて便利ですよね。冷凍保存にはラップで包む方法とタッパーに入れる方法がありますが、美味しく食べるなら後者をおすすめします。

というのも最近のタッパーは進化しており、炊き立てのようなご飯を再現する容器や粒をふっくらと仕上げる容器などが増えているからです。今回はご飯の冷凍保存タッパーを紹介しますので、それぞれを比較しながら選んでみてくださいね。

ご飯の冷凍保存用タッパー|四角い容器

ご飯がべたつかない構造のコンパクトタッパー

最初にご飯の冷凍保存タッパーとして、四角い容器を紹介していきましょう。

このタイプは冷凍庫にデッドスペースができにくいため、一度に大量のご飯を冷凍したい方におすすめします。

四角い容器の中でコンパクトなのが、ジップロックのポリプロピレン素材のご飯用タッパーです。

薄型なので、冷凍庫の中がすっきりと片付きますよ。容器の側面は凹凸形状になっており、加熱すると余計な水分が溝に落ちるためご飯がべたつきません。


 

 

そのままお弁当になるご飯の冷凍保存タッパー

スケーターの冷凍ご飯用タッパーは、そのままお弁当になる形状です。別売りのおかず用容器と組み合わせると、ご飯とおかずをセットで作り置きできます。

蓋はシリコン素材、本体はプラスチック素材でできており、薄型のためムラなく冷凍解凍して加熱しやすい容器です。蓋をしたままレンジ加熱もできます。

角には丸みがあり、洗いやすくてお手入れも簡単です。同じ形の商品と組み合わせると、積み重ねてスッキリと収納できます。


 

ダイエットに便利なご飯の量がわかるタッパー

ご飯を冷凍保存できるタニタのタッパーは、摂取エネルギーを調整したいダイエット中の方におすすめです。

100g・168kcalのご飯が入る容量と、140g・235kcalのご飯が入る容量の2種類がセットになっており、内側の線までご飯を詰めるだけで簡単にご飯の量とカロリーが分かります。

しっかり食べたい時とご飯を減らしたい時で容器を使い分けできるのが嬉しいですね。蓋をしたままレンジ加熱できるのも便利です。


 

ざるの効果でご飯をふっくら仕上げるタッパー

アンドエヌイーの冷凍ご飯用タッパーは、内側にざるがついた2重構造の容器です。

冷凍ご飯をレンジ加熱すると、ざるが蒸し器のような役目を果たし、ご飯のべたつきを防ぎながらふっくらと仕上げます。シュウマイや蒸し野菜にもおすすめです。

容量はご飯1膳約150gが入る270mlで、一人暮らしの方が使いやすいコンパクトなサイズになっています。

ざるは表面に抗菌効果のある素材ですので、安心して使えるのも魅力です。


 

炊き立てのようなご飯を味わえるタッパー

マーナの極は、炊き立てご飯の美味しさを冷凍ご飯でも再現すべく、お米のプロと共同開発されました。

容器の高さと形状を工夫することで、ご飯を均一に温めてふっくらと仕上げる仕組みです。

中のすのこパーツのおかげで余計な水分が下に落ち、ご飯のべたつきを防ぎます。

角や凹みがないスッキリとしたデザインは洗いやすく、パーツが少ないためお手入れも簡単です。容量はコンパクトな280mlで、ご飯1膳約180gが入ります。


 

ご飯の冷凍保存用タッパー|丸い容器

蓋をしたままレンジ加熱できる丸いタッパー

続いてご飯の冷凍保存タッパーとして、丸い容器を紹介していきましょう。

このタイプはコンパクトな1膳サイズが多いため、そのまま食卓に並べてさっと食べたい方におすすめします。

アスベルの早ワザレンジ名人は、蓋をしたままレンジ加熱できる蒸気弁付きの冷凍ご飯用タッパーです。

容量270mlのコンパクトなサイズが4個セットになっており、手頃な価格で購入できます。一人暮らしを始める時にひとまず揃えたい容器です。


 

少食さんにぴったりな小盛り冷凍ご飯タッパー

キチントさんの小盛りご飯タッパーは、少食な方にぴったりなサイズとなっています。

丸い冷凍ご飯用容器の一般的な容量は250〜270ml前後ですが、こちらの容量は130mlと約半分です。

小さくても機能はしっかりしており、凸型構造の底面がレンジの加熱ムラを防いで冷凍ご飯を美味しく仕上げます。

蒸気弁付きのため、蓋をしたままレンジ加熱できるのも便利です。使った後は重ねて収納できるので、狭い台所を圧迫しません。


 

食洗機対応で手入れが楽な大盛りご飯タッパー

ご飯はガッツリ食べたい派という方には、大盛りご飯を冷凍保存できるエビスのタッパーがおすすめです。

容量が375mlもあり、いつでもたっぷりのご飯をいただけます。凸型底面のため、熱伝導率がアップして冷凍や加熱がスピーディです。

蓋はとらずにレンチンできますよ。食洗機にも対応しており、ご飯を食べた後のお手入れが楽になります。

お手入れ後は本体を重ねてコンパクトに収納すれば、狭いキッチンでも邪魔になりません。


 

一粒一粒が美味しい絶品ご飯のためのタッパー

エビスのこちらの冷凍ご飯用タッパーは、レンジで解凍した後のご飯の仕上がりにこだわった容器です。

このタッパーは、炊き立てのご飯をあら熱をとらずに美味しいまま保存できます。

解凍時は凸型底面でムラなく加熱し、2重構造により蒸気が通って水分が循環する仕組みです。

蓋の裏には突起があり、水分を行き渡らせることで、最終的に一粒一粒が美味しくなります。


 

毎日食べる冷凍ご飯の味にこだわりたい方におすすめです。

可愛いミッフィーフェイスの冷凍ご飯タッパー

スケーターのミッフィーフェイスデザインの冷凍ご飯用タッパーは、食事の時に思わずほっこりする可愛い容器です。

容量は270mlですので、1膳分にちょうどよいですね。

スリットざるがついた2重構造になっており、蒸気が循環して水分がご飯に行き渡り、ふっくらと美味しい仕上がりになります。

開閉不要のエアーバルブ付きで、余計な水分を逃してべたつきを防いでくれるのもメリットです。食洗機にも対応しています。


 

ご飯の冷凍保存用タッパーの選び方

まず、使い方に合わせて形とサイズを選びましょう。一度にたくさん冷凍するなら四角形、そのまま食卓に出したいなら丸い形がおすすめです。サイズは普段食べる量に合わせましょう。

それから、ほとんどの素材は同じようなプラスチックですが、構造によって仕上がりやお手入れのしやすさが変わります。ふっくらと仕上げたいならざるがついた2重構造、お手入れのしやすさを重視するなら凹みの少ない形状や食洗機対応がおすすめです。

こちらもおすすめ☆