【風水】北向きトイレのインテリア特集。運気を呼び込むちょっとした秘訣をご紹介

本記事では、北向きのトイレにてぜひ実践していただきたい風水テクをご紹介します。おうちの北向きトイレの運気を上げたい方も、新築・リフォームを検討されている方もぜひ参考にしてみて下さいね。おしゃれなトイレにしたい方も、人気の風水テクを知りたい方も必見です。

公開日:
【風水】北向きトイレのインテリア特集。運気を呼び込むちょっとした秘訣をご紹介
mochi_kinako

mochi_kinako

ライター

ハンドメイドや模様替えが大好きな1児の母です。最近は手帳のデコレーションも、日々楽しんでいます。インテリアの他、ギフトや暮らしの知恵など、幅広い記事を執筆できればと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

記事ページ 記事内の商品画像一覧

北の方向のトイレに人気の風水テクとは?

ひんやりと寒い印象もある北のトイレは、「風水の観点から見てもイマイチなのでは?」と思う方も多いもの。

そこで今回は、北のトイレでぜひ実践していただきたい風水テクニックをご紹介します。NG行動をはじめ、今すぐできる簡単な習慣、本格的な風水対策のインテリアまで幅広いテクニックをお届けしますので、風水に関心のある方はぜひ参考にしてみて下さい。

北のトイレで実践したい風水テク|NG行動編

紙類を置かないようにする

紙類を置かないようにする

風水では、紙は邪気を吸うものだと位置づけられています。そのため、北に限らず紙製品はトイレに置かないようにするのがベター。本や雑誌、新聞などをトイレで読む習慣も人気ですが、長居をするのもよくないと言われているため避けましょう。

また、盲点になりやすいのが紙製品でもあるトイレットペーパーです。最低限の予備は仕方がありませんが、大量のトイレットペーパーの保管場所に北のトイレを選ぶのはNGです。

 

 

人が写った写真を飾らないようにする

人が写った写真を飾らないようにする

風水ではインテリアに写真を取り入れることはよいことと言われていますが、トイレにはNG。写っている人との関係が悪くなるとされているため、家族や友達の写真は避けましょう。また、直接関わらない人気の芸能人の写真であっても、邪気が相手に伝わる可能性もあると言われています。

ただし、風景や観葉植物の写真は問題ありません。金運アップ効果が期待できると人気のイエローカラーの花の写真などを飾ってみるのもよいですね。

 

黒・グレーカラーは避けるようにする

黒・グレーカラーは避けるようにする

クールな印象で人気を集めるモノトーンカラーですが、ブラックやグレーは風水的にはNGです。もともと「陰」の気の貯まりやすいトイレは明るいカラーを選ぶのが鉄則。特に光が入りづらい北の方角では、黒やグレーを避けたほうがよいでしょう。

モノトーンインテリアを目指すなら、ホワイトをベースにするのがおすすめ。ちなみに北のトイレに積極的に使っていただきたいラッキーカラーは、ピンクやホワイト、ベージュなどです。

 

カレンダーは置かないようにする

カレンダーは置かないようにする

予定の確認に役立つカレンダーですが、風水ではトイレに置くには相応しくないものとされています。楽しみにしていた予定が狂ってしまったり、あまりよくない予定が入ってしまったりすることもあるため、トイレには置かないようにしましょう。

月間カレンダーに限らず、日めくりタイプのものや万年タイプのものなど、どんなものでも同様です。もしもデザインが気に入っているもので、どうしても飾りたいという時には、日にちの部分をカットして飾るようにしましょう。

 

北のトイレで実践したい風水テク|日々の習慣編

こまめに掃除をする

こまめに掃除

____rie.dvl____

北のトイレに限らず、風水で運気ダウン対策をするなら掃除は欠かせません。便利&人気のお掃除グッズも駆使しつつ、できるだけ毎日掃除をするようにしましょう。

特に北のトイレは風水でも健康面に強い影響を与えると言われていますので、便座や床のお掃除は念入りにしておくのがおすすめ。

ご家族とお住まいの方は、誰でも使いやすい人気の掃除グッズを使って、みんなで掃除できるようにしておくとよいですね。


 

トイレのドアや便座の蓋は閉めるようにする

蓋は閉める

kayo.home00

北のトイレの蓋やドアを開けっぱなしにしておくと、悪い気が家中に漂ってしまうとされています。そのため、使用後の便座の蓋やドアは閉めておくのがおすすめです。

習慣づくまでは時間がかかるかもしれませんが、家族にも積極的に声掛けをしていきましょう。

風水的に安心できるのはもちろん、温水便座の場合には電気代の節約につながるというメリットもある対策です。

特に冷えやすい北のトイレでは、風水に限らず実践してみて下さい。


 

換気を心がけるようにする

換気

sunko.haus

よくない気が溜まりやすい北のトイレは、こまめな換気も心がけたほうがよいでしょう。

窓がついている場合は定期的に風を入れ、空気を入れ替えるのが風水的にもおすすめ。

窓のないおうちの場合や、北側に住宅や道路があり開放が難しいというおうちの場合は、換気扇を回しておくと安心ですね。

これから新築予定というお宅で、北にトイレを置く場合は窓の設置がマストです!


 

北と相性のよい色のスリッパとマットを活用する

スリッパとマット

n__ie

床拭きがしやすいから……とスリッパやマットを置かない暮らしも人気ですが、風水の観点からするとマット類は重要です。

北のトイレは寒さを感じやすいので、暖かなマットがあると安心できそうですね。

また、トイレのスリッパは邪気を身体に入れないという役割があると言われていますので、風水対策には重要。

どちらもお手入れのしやすい人気のものを選べば、家事ストレスもなくなるでしょう。風水的に北と相性のよい色を選ぶのもよさそうです。


 

北のトイレで実践したい風水テク|模様替え編

北と相性のよい色を取り入れるようにする

先述の通り、風水で北と相性のよいカラーは、ピンクやホワイト、ベージュ系の色味です。

男性がいるご家庭ですとグリーンもラッキーカラーなので、ぜひ取り入れてみて下さいね。

取り入れ方は、マットやタオルの他、人気の絵や置物、インテリアファブリック、壁紙などでもOK。

もちろんホコリや汚れが付かないよう、こまめにお掃除できるものを選ぶのが風水の観点からも重要です。


 

 

人気の観葉植物を置くようにする

人気の観葉植物を置くようにする

eri_____i.m

悪い気を浄化してくれるという作用のある観葉植物は、北のトイレにも積極的に置きたいものとして、風水の世界でも人気です。

日当たりがあまりよくない北の方角でも育てやすい、丈夫なものが人気を集めています。

定期的に日光浴をさせてあげると、元気に成長してくれますよ。

なお、人気のフェイクグリーンは、風水では邪気対策にはならないと言われていますのでご注意ください。


 

曲線のある雑貨を置くようにする

[LAKOLE] マットカラーディスペンサーボトル[450ml] / 950088

[LAKOLE] マットカラーディスペンサーボトル[450ml] / 950088

1,100円

風水では、角のあるものは気を停滞させる原因となると言われています。

そのため北のトイレに置くアイテムは、曲線のあるものや丸みを帯びたものがよいでしょう。

全てを曲線にするのは難しいかもしれませんが、例えばディスペンサーボトルやトイレブラシなど、ちょっとしたものを変えてみると運気も変わっていくでしょう。

色にこだわるのも重要です。

 

盛り塩を置くようにする

[チャイハネ] 【岩座】オリジナルブレンド 盛り塩(伊豆大島産・長崎県対馬産)

[チャイハネ] 【岩座】オリジナルブレンド 盛り塩(伊豆大島産・長崎県対馬産)

1,430円

穢れをはらう力があるという盛り塩は、風水の世界でも大切にされている人気習慣の1つです。

北のトイレでは便座の脇にある棚や給水タンクの上のあたりに置いておくと、効果を発揮してくれるでしょう。

盛り塩は10日前後で取り換え、使い終わったものは水に流すとよいと言われています。

北のトイレだけではなく、玄関やキッチン、バスルームに置くのも風水的には運気アップが望めます。

 

よい香りのものを置くようにする

[DULTON] AROMA DIFFUSER DAHLIA 450/アロマ ディフューザー ダーリア 450

[DULTON] AROMA DIFFUSER DAHLIA 450/アロマ ディフューザー ダーリア 450

3,960円

トイレで気を付けたいのは、臭いです。

悪臭には悪い運気が集まると言われていますので、換気をするだけではなく、掃除をきちんとして悪臭の元をきちんと除去するのも重要です。

また、香りによっては風水効果が期待できるものもあります。

例えば柑橘系の香りは金運、ヒノキやミントは健康運、フローラル・フルーティー系の香りは対人運がアップすると言われています。

 

北のトイレで実践したい風水テク|まとめ

北のトイレを風水で運気アップさせるテクニックを、ご紹介しました。日々使う水回りは、おしゃれなインテリアにこだわるのはもちろん、風水効果にも注目していきたいもの。

ぜひ北の方角にトイレがあるという方は、ご紹介した風水テクニックを実践してみて下さいね。また、これから新築や改築予定で北にトイレを作ろうと思っている方も、ご紹介した風水テクニックをぜひ取り入れてみて下さい!

こちらもおすすめ☆