レトロ可愛いダイソーのBluetoothスピーカーをご紹介。インテリアにもなる優秀アイテム

販売当初からおしゃれなデザイン性でかなり話題になった、ダイソーの「レトロスピーカー」をご紹介します。カラー展開は3色となっており、今回はブルーをご紹介します。

公開日:
レトロ可愛いダイソーのBluetoothスピーカーをご紹介。インテリアにもなる優秀アイテム

インテリアにもなるダイソーのおしゃれなスピーカー

昨今はスピーカーといえばBluetoothスピーカーが主流になってきましたよね。ですが、価格が高かったり、デザイン性に欠けたりと、購入を迷われたことのある方も多いのではないでしょうか。

今回は販売当初からおしゃれなデザイン性でかなり話題になった、ダイソーの「レトロスピーカー」をご紹介します。商品名はブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)として販売しており、770円(税込)とは思えないクリアな音質とデザイン性で人気商品となりました。カラー展開は3色となっており、今回はブルーをご紹介します。

folkインスタグラムでは、動画にて使い方をご紹介しているので、音質等をチェックしたい方はインスタグラムもぜひチェックしてみてくださいね!

※情報は2022年8月時点のものです。

ダイソーのレトロスピーカーの特徴

①レトロデザインとカラーが可愛い

カラーはホワイト、ピンク、ブルーの3色展開です。レトロなデザインとサイズ感がとても可愛いく、置くとおしゃれなインテリアにもなります。音量調整は昔ながらのダイヤル方式で、そこもレトロでとってもおしゃれ◎。充電式なので屋内だけでなく、屋外でも使用可能ですよ。

■商品詳細■
サイズ:約96mm×56mm×66mm
重量:206g
再生時間:4.5時間(最大音量)
充電時間:3時間
作動範囲:10m


 

②Bluetooth&SDカード対応

前面にはスピーカー、音量調整ができるダイヤル、ボタンが四つと、充電ポート、SDカードのスロットがあります。

ボタンは左から「電源ボタン」、「前の曲へ」、「停止/再生」、「次の曲へ」となっており、通常のスピーカと変わりないですね。

指で指している部分がSDカードの挿入口になります。スロットにSDカードを入れると自動的にデータを読み取るので、Bluetoothが使えない環境でも使用可能ですよ。ファイル形式はMP3です。

その左は充電ポートになり、充電しながら使用できますよ。

 


 

③充電コード付き

開封した時に驚いたのが、付属品としてUSB充電コードが付いてくる点です。Micro USB Type-B(2.0)となり、自宅になくても購入せずに済みますね。

長さは50cmあるので、充電するには問題ない長さとなっています。

 


 

ダイソーのレトロスピーカーの使用方法

簡単操作で接続可能

電源ボタンを押すと「Bluetoothモード」という音声が聞こえます。その後携帯電話のBluetoothモードをオンにして、「SR1323」と接続すればOKです。

難しいことは何もないので、初めてBluetoothスピーカーを使用する方でも簡単に操作できますね♪


 

実際に音楽を流してみました

実際にBluetoothに接続して、音を流してみました。雑音も少ないクリアな音質で、しっかり音量も出たのでスピーカーとしての機能は問題ありません。

ボタンも少なく、シンプルな操作性なのでとても分かりやすいです。ダイソーで人気になるのも納得のアイテムでした。

実際の聞こえ方はfolkインスタグラムでチェックできます!


100均ダイソーのレトロスピーカーで身近に音楽を!

今回は100均ダイソーで手に入る、おしゃれなBluetoothスピーカーをご紹介しました。デザイン性はもちろん、音質も雑音が少なくクリアに聴けるのでダイソーの人気商品になるのも頷ける商品でしたね。

インテリアとして置けるデザイン性もですが、持ち運びしやすい小さくコロンとしたサイズ感も◎。カラー展開も3種類あるのでお気に入りの色もきっと見つかるはず。操作も簡単なので、初めてBluetoothスピーカーを使用する方にもおすすめです!ダイソーに立ち寄ることがあれば、この機会に是非チェックしてみてください。

こちらもおすすめ☆