【インスタLIVEでもご紹介】ダイソー・無印の収納グッズを徹底比較!編集部のおすすめはどっち?

folkでも人気が高いショップのダイソーと無印良品。実は、それぞれ似ている商品が売られているのをご存知でしょうか? 今回は、そんなそっくり商品について、値段以外にもどんな違いがあるのか、folk編集部が実際に購入して調査しました。

公開日:
【インスタLIVEでもご紹介】ダイソー・無印の収納グッズを徹底比較!編集部のおすすめはどっち?

ダイソーと無印の商品をfolk編集部が比較

folkでも人気が高いショップのダイソーと無印良品。実は、それぞれ似ている商品が売られているのをご存知でしょうか?

今回は、そんなそっくり商品について、値段以外にもどんな違いがあるのか、folk編集部が実際に購入して調査しました。

folkインスタライブでも詳しくご紹介しますので、動画でもご覧になりたい方はぜひfolkインスタグラムをフォローしてチェックしてみてください♪

※情報は2022年7月現在のものです。

ダイソーと無印の「アクセサリー収納グッズ」比較

ダイソーと無印のアクセサリー収納グッズの違いは?

材質

画像上が無印、下がダイソーです。トレイはどちらもベロア素材に見えますが、ダイソーのトレイにはベロアは使用されていません。

そのため、触り心地は無印の方がベロアならではの高級感が感じられます。画像の通り見た目にはほとんどわからないので、価格を抑えたい方にはダイソーがおすすめです。

ケースは無印は角がしっかりあり、ダイソーは丸みを帯びています。ダイソーの方が軽量なので持ち運びは楽ですが、その分引き出しがパカパカ開きやすい印象です。

長期間使用したい方には、無印のケースの方が造りがしっかりとしていておすすめですよ。


開けやすさ

二つ目の違いは開けやすさです。画像上が無印ですが、段に高さがある分、トレイとケースに隙間ができるので、指を入れやすかったのがポイントでした。

一方ダイソーはトレイとケースの高さがほとんど同じなので、指を入れる隙間はありません。ただ、指を引っ掛ける場所とトレイに少し隙間があるので、苦になるほどの開けづらさではなかったです。

ただ、アクセサリーを毎日身に付ける方は、出し入れも頻繁にすると思うので、その分の使いやすさは無印の方が優れているように感じます。


トレイの種類の展開

次に、トレイの種類展開にも違いがありました。無印は「約幅16×奥行12×高さ2.5cm」のサイズのものは2種類しかありませんが、ダイソーは4種類展開しています。

ダイソーはリングが入れやすいタイプや、ネックレスなど細長いアクセサリーを入れやすいタイプのトレイも展開しているので、アクセサリーの種類が多い方にはダイソーがおすすめです。

ただ、トレイの大きさは半分ほどになりますが、無印にもリング収納ができるトレイがあったので、その点は工夫して解決できそうです。


ケースのサイズ展開

現在無印のみケースのサイズ展開があります。今回は横幅が約8cm大きく(約幅25.5×奥行17×高さ10cm、税込2,490円)、段数が3段のものを購入してみました。同じ横幅で段数が2段タイプも販売しています。

3段タイプはかなり収納力が上がりますが、トレイとケースが密着しているため、結構開けづらいです。そのため、普段はあまり使わないアクセサリーの収納におすすめですよ。

サイズは違いますが同じシリーズなので、並べても統一感が出るのが嬉しいポイントですね。


カラー展開

カラー展開があるのは現在ダイソーのみです。無印に似ているグレー以外にもブラックとピンクが販売されています。

ブラックは高級感を演出したい時に、ピンクはガーリーなお部屋にピッタリですね。ブラック、ピンクともに格子以外のタイプも販売されています。

ケースにもブラックタイプが展開されているので、カラーの組み合わせをこだわりたい方にはダイソーがおすすめです。


 

組み合わせて使うとこんな感じ

ダイソー

実際にアクセサリーを入れて使用してみたイメージがこちら。トレイとケース合わせて550円(税込)ですが、そうは見えないクオリティですよね!

リング収納の場所には小さめのピアスも入れることができました。このケースだけで、リング・ピアス・ネックレス・時計・ブレスレット・ヘアピンなど様々なアクセサリーを収納できますよ

今回、格子タイプは使用しなかったので、ピアスやリングをたくさん収納したい方には格子タイプを組み合わせるのがおすすめです。


無印

無印は2段タイプなので、収納力はダイソーほどはない印象でした。ただ、無印は上の段の蓋が開くので、大きめのアクセサリーや時計の出し入れが楽チンです。

2段目を格子タイプにすればピアスやリングの収納も十分できます。

取り出しやすさを重視するなら無印、収納力を重視するならダイソーがおすすめですよ。

こちらは、トレイとケース合わせて税込2,870円です。


無印のリング用トレイ(約幅5×奥行12×高さ2cm、税込290円)を組み合わせてみました。

こちらのリング用トレイはコンパクトサイズなので、2つ組み合わせて使用しても◎。空いた空間には時計など大きめのアクセサリーも入れられました。

収納したいアクセサリーに合わせてトレイの組み合わせを選ぶのがおすすめですよ。


こちらは無印の重なるアクリルケース3段を使用したイメージです。1段目、2段目にはぴったりサイズのトレイ(約幅23.5×奥行15.5×高さ2.5cm、税込590円)を組み合わせています。

横幅が約8cm大きい分、時計はベルトを伸ばして収納が可能です。ネックレスも余裕を持って収納できますね。

ダイソーにはこのサイズが現状販売されていないようなので、より多くのアクセサリーを収納したい方には無印がおすすめですよ。

画像で使用している商品の合計は税込4,250円です。


 

編集部のおすすめは・・・

アクセサリー収納グッズの編集部のおすすめは「ダイソー」です!その理由は…

①無印の商品とあまり差はないので、ダイソーならお手頃な価格で済ませられる

②ダイソーのトレイの種類展開が豊富

①に関しては、違いはあまりないとはいえ、やはり材質の高級感や造りがしっかりしているのは無印だと感じました。そのため、長期間使用したい方や材質にこだわりがある方は無印の方がおすすめです。

②に関しては、幅が17cmタイプのもので比較した時にダイソーの方がトレイの種類展開が豊富だったため、汎用性が高いと感じました。また、ダイソーはケースが3段になっているので、普段使いのアクセサリーを収納するのに十分なサイズ感だったのもポイントです。

無印で収納力が高いタイプをお求めの方は、幅が25cmタイプも販売されているので、そちらもおすすめですよ。

アクセサリートレイ、商品の基本情報や違いについて詳しくご紹介していきます。

 

ダイソーと無印の「収納ボックス」比較

収納ボックスの違い

材質

画像上が無印で、下がダイソーです。通常見た目にはほとんど分かりませんが、ダイソーの方が若干中身が透ける印象があります。

実際にペットボトルを入れて光の下でかざすと無印は中身がほとんどわかりませんが、ダイソーは中身がうっすらとわかりますね。

家の収納で使用する分には気になりませんが、素材感にもこだわりたい人には無印がおすすめですよ。


色味

一番目で見て大きくわかる違いは「色味」です。画像左が無印で、右がダイソーですが、ダイソーはオフホワイトに近い白になっています。

一方で無印は少しグレーがかったような色味をしていますね。そのため、インテリアの相性によって無印かダイソーを選ぶのがおすすめですよ。

モノトーンインテリアにはダイソー、ナチュラルインテリアには無印が馴染むような印象です。


サイズ感

最後に、気になるサイズ感の違いです。左が無印で右がダイソーになっています。

縦と横幅に関しては無印もダイソーもほとんど同じサイズですが、高さは0.4~1cmほど無印の方が高いです。

わずかな差ではありますが、入れるもののサイズ感や棚のサイズ感に合わせて収納を考えている方は、寸法を測ってから購入を検討するのがおすすめですよ。


ダイソーの収納ボックスの詳しい活用例はこちらの記事で紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

 

編集部のおすすめは・・・

編集部のおすすめは僅差ですが「ダイソー」です!こちらも理由が2つあります。

①フタ付きなのに低価格

②素材も無印と変わらないくらいしっかりしている

アクセサリー収納グッズに続いてですが、やはりこれだけのクオリティでも価格が抑えられているのがおすすめポイントに挙げられます。収納ボックスは複数使う場合も多いので、複数買いする方にはやはり低価格なのが嬉しいですよね。

また、素材もポリエチレンで柔らかくしっかりした素材を使用しているので、使い心地も申し分なさそうです。

ただ、ダイソーは無印よりも中身が透けやすかったり、持ち手の部分が少し痛かったりするので、細かい部分にもこだわりたい方やインテリアに合った色味を購入したい方は無印がおすすめですよ。

 

アクセサリー収納グッズ&収納ボックスの詳細データ

アクセサリートレイの詳細データ

画像上がダイソー、画像下が無印です。

パッと見たところ、違いはほとんどわからないですよね。ですが、材質など実際に触ってみると微妙に違いが感じられました。基本データは以下の通りです。

 

【ダイソー】アクセサリートレイ各種

【マス】

  • 価格:110円(税込)
  • JANコード:4549131741971
  • サイズ:11.5cm×15.4cm×2.4cm
  • 素材:MDF ポリエステル

【ネックレス用】

  • 価格:110円(税込)
  • JANコード:4549131741988
  • サイズ:11.5cm×15.4cm×2.4cm
  • 素材:MDF ポリエステル

【小物入れ】

  • 価格:110円(税込)
  • JANコード:4549131932379
  • サイズ:15.4cm × 2.4cm × 11.5cm
  • 素材:MDF ポリエステル

【リング収納】

  • 価格:110円(税込)
  • JANコード:4549131741964
  • サイズ:15.4cm × 2.4cm × 11.5cm
  • 素材:MDF ポリエステル

現在、カラーはそれぞれ、グレー・ピンク・ブラックが展開しています。

ケースの形の種類は各カラー4種類ずつ展開しているので、用途に合わせて選べるのが嬉しいポイントですね。

 

【無印】ベロアケース

【格子】

  • 価格:590円(税込)
  • 商品番号:38373544
  • 外寸:約幅16×奥行12×高さ2.5cm
  • 内寸:各マス約幅2.7×奥行3.5×高さ1.5cm
  • 素材:本体→HIPS樹脂(ハイインパクトポリスチレン樹脂)、外側→ベロア

【縦】

  • 価格:290円(税込)
  • 商品番号:44596524
  • 外寸:約幅15.5×奥行12×高さ2.5cm
  • 内寸:各コマ約幅7.1x奧行10.9x高さ1.7cm
  • 素材:本体→HIPS樹脂(ハイインパクトポリスチレン樹脂)、外側→ベロア

現在、カラーはそれぞれグレーのみです。ケースの形の種類はシンプルな2種類のみ現在展開しています。

 

アクセサリーを収納できるケースの詳細データ

左が無印、右がダイソーです。無印は横幅が17.5cmのものだと2段タイプのみの展開となっています。上段は蓋が開くので上から取り出すことも可能です。一段の高さが大きい分、高さの空間に余裕があります。

一方、ダイソーは3段タイプになっていて、仕切りの高さもピッタリとはまっていますね。上段の蓋は開かないので、全て引き出して取り出す形になります。

 

【ダイソー】3段引き出しケース

  • 価格:220円(税込)
  • JANコード:4549131728576
  • サイズ:17cm×13cm×9.7cm
  • 素材:スチロール樹脂

現在、カラーはクリアとブラックが展開しています。

今回はアクセサリー収納に使用しますが、文房具などペンを入れるのにもぴったりなサイズ感になっています。

 

【無印】重なるアクリルケース2段

  • 価格:1,990円(税込)
  • 商品番号:47380965
  • 外寸:約幅175×奥行130×高さ95mm
  • 素材:メタクリル樹脂、アクリル樹脂

カラーは現在クリアタイプのもののみ展開しています。ダイソーに比べるとケースに重量感があって、造りとしては無印の方がしっかりとしている印象です。

 

ダイソーのフタ付き収納ボックスの詳細データ

ダイソーのフタ付き収納ボックスは編集部が訪問したダイソーには3サイズが展開されていました。現在ダイソーの公式サイトにはこちらに加えて、大サイズの高さ違いが販売されており、全4種類のサイズ展開があるようです。

フタは別売りではなくセットで販売されています。

 

【ダイソー】フタ付き収納ボックス

【小サイズ】

  • 価格:110円(税込)
  • JANコード:4549131985658
  • サイズ:24.5cm×17.3cm×7.2cm
  • 外寸:縦24.5cm×横17.3cm×高さ7.2cm
  • 内寸:縦23.8cm×横16.7cm×高さ6.9cm
  • 素材:ポリエチレン(本体)、ポリプロピレン(フタ)

【中サイズ】

  • 価格:220円(税込)
  • JANコード:4549131985672
  • 外寸:縦24.5cm×横17.3cm×高さ15.6cm
  • 内寸:縦23.8cm×横16.7cm×高さ15.3cm
  • 素材:ポリエチレン(本体)、ポリプロピレン(フタ)

【大サイズ】

  • 価格:330円(税込)
  • JANコード:4549131985665
  • 外寸:縦35.6cm×横25cm×高さ23cm
  • 内寸:縦34.5cm×横24.4cm×高さ22.7cm
  • 素材:ポリエチレン(本体)、ポリプロピレン(フタ)

ダイソーの収納ボックスの詳しい活用例についてこちらの記事で紹介しています!

 

無印のやわらかポリエチレンケースの詳細データ

ダイソーの商品とサイズ感が似ている3サイズを購入しました。長方形タイプのやわらかポリエチレンケースは、今回紹介する商品に加え、現在全6種類のサイズが展開されています。

無印はダイソーと違いフタが別売りになっています。

 

【無印】やわらかポリエチレンケース

【やわらかポリエチレンケース・ハーフ・小】

【本体】

  • 価格:390円(税込)
  • 商品番号:38749493
  • 外寸:約幅18×奥行25.5×高さ8cm
  • 内寸:約幅11×奥行19×高さ7cm
  • 重量: 約0.2kg
  • 耐荷重:収納部→約2.5kg
  • 素材:ポリエチレン

【フタ】

  • 価格:190円(税込)
  • 商品番号:38749523
  • サイズ:約幅18.5×奥行26×高さ1.5cm
  • 素材:ポリプロピレン

 

【やわらかポリエチレンケース・ハーフ・中】

【本体】

  • 価格:490円(税込)
  • 商品番号:38749509
  • 外寸:約幅18×奥行25.5×高さ16cm
  • 内寸:約幅10×奥行18×高さ15cm
  • 重量: 約0.3kg
  • 耐荷重:収納部→約3.5kg
  • 素材:ポリエチレン

【フタ】

やわらかポリエチレンケース・ハーフ・小と同じ

 

【やわらかポリエチレンケース・大】

【本体】

  • 価格:790円(税込)
  • 商品番号:38749486
  • 外寸:約幅25.5×奥行36×高さ24cm
  • 内寸:約幅18×奥行30×高さ23cm
  • 重量: 約0.7kg
  • 耐荷重:収納部→約14kg
  • 素材:ポリエチレン

【フタ】

  • 価格:290円(税込)
  • 商品番号:38749516
  • サイズ:約幅26×奥行36.5×高さ1.5cm
  • 素材:ポリプロピレン

 

ダイソーと無印の商品をfolk編集部が比較|まとめ

今回は無印とダイソーの似ている商品を比較し、ご紹介しました。詳しく見てみると素材やサイズ感に違いが色々とありましたね。

価格を抑えたい方にはダイソーが、素材感にもこだわりたいという方には無印がおすすめですよ。

今後もfolkでは色々なプチプラショップのレビューを行う予定です。また、インスタライブも定期的に行う予定なので、ぜひfolkインスタグラムをフォローしてお待ちください!

こちらもおすすめ☆