あなたはどのタイプ?目の形の種類とそれぞれに似合うメイクの仕方・ポイントとは

今回は目の形の種類についてご紹介。目の形の見分け方や特徴、種類別のアイシャドウ・マスカラ・アイラインのやり方など、自分に似合うアイメイクに仕上げるコツを伝授します。

公開日:
あなたはどのタイプ?目の形の種類とそれぞれに似合うメイクの仕方・ポイントとは

あなたはどのタイプ?目の形の種類とそれぞれに似合うメイクの仕方・ポイントとは

トレンドのアイメイクをやってみたものの、「何だか似合わない」と思うことはありませんか?実は、目の形は人それぞれ違っていて、自分の目に似合うメイクのやり方でないとイマイチな仕上がりになってしまうのです。

そんなお悩みを解決するべく、今回は目の形の種類についてご紹介。目の形の見分け方や特徴、種類別のアイシャドウ・マスカラ・アイラインのやり方など、自分に似合うアイメイクに仕上げるコツを伝授します。

目の形には種類がある!特徴を活かすメイクが大事

目の形の種類を知るメリット

目の形の種類を知るメリット

「目の形」には種類があり、ひとりひとり個性があって見た目が異なることをご存じですか?

一重・奥二重・二重なども目の形の一種ですが、まぶたの違いだけではありません。目の形は、大きさ・目頭や目尻の角度・輪郭などの特徴を総合的に見て分類されるものなのです。

目の形を知っておけば、自分に似合うメイクを見つけられます。アイシャドウなどを無理に厚塗りしなくても、素の印象が引き立つ魅力的なメイクを楽しめますよ。

 

 

目の形を無視してメイクをすると…?

目の形を無視してメイクをすると…?

自分の目の形がわからないまま何となくメイクをすると、「アイシャドウの色が目立たない」「まぶたでアイラインが隠れる」といった悩みが出てきてしまいます。

さらに、目が小さく見えてしまったり腫れぼったい見た目になったり、マイナスなイメージを作る場合も。

マスク生活が続く今は、とくに目元の印象が大事です。ぜひこの機会に「目の形」の種類と特徴を覚えて、いつものメイクを見直してみてくださいね。

 

目の形の見分け方とそれぞれの特徴

見分け方のポイントをチェック!

見分け方のポイントをチェック!

目の形は、細かく分けると非常に多くの種類があります。中でも代表的なものの見分け方のポイントを挙げたので、ご自身の目を観察してみてください。

  • 目の輪郭は「丸みがある」or「比較的なだらか」
  • 虹彩(瞳の輪郭)のまわりに白目が「見える」or「見えない」
  • 目尻の位置は、両目の中心を結んだ直線より「上」or「下」
  • 上まぶたに二重線が「ある」or「ない」
  • 目を開けると二重線が「見える」or「まぶたで隠れる」
  • 二重の線は目の輪郭に対して「平行」or「目尻に向かって広い」

 

目の形の種類(1)丸目

目の形の種類(1)丸目

目の形の見分け方ポイントのうち、「目の輪郭が丸い」や「虹彩のまわりに白目が見える」の項目が当てはまる方は、『丸目』タイプです。目頭や目尻など全体的にフォルムが丸く、ぱっちりクリクリとしていますよ。

目のサイズは大きい場合が多く、童顔タイプによく見られる目の形でもあります。可愛らしく若々しい雰囲気で、ノーメイクでも映えやすいのが魅力です。

 

目の形の種類(2)アーモンドアイ

目の形の種類(2)アーモンドアイ

『アーモンドアイ』は目頭と目尻にキリッと角度がついていて、アーモンドを横向きにしたようなフォルムが特徴です。

見分け方のポイントのうち、「目の輪郭が比較的なだらか」や「虹彩のまわりに白目が見えない」などが見られる方が当てはまります。目の形の中でもとくに美しく、理想的なタイプといわれていますよ。

丸目の印象とは異なり、切れ長で大人っぽい雰囲気が持ち味です。クールで綺麗な美人顔の方に多く見られます。

 

目の形の種類(3)ツリ目

目の形の種類(3)ツリ目

見分け方のポイント「目尻の位置が両目を結んだ中心線より上側」が当てはまった方は、『ツリ目』の傾向が見られます。

目尻の位置が高めで、キリッと整ったかっこよさが特徴です。ツリ目の中には、目の幅が細い『キツネ目』タイプと、幅広い『ネコ目』タイプがあります。

クールさが魅力の一方で、ややきつい雰囲気に見えやすいのが難点。アイシャドウやアイラインの入れ方を工夫すると、ソフトな印象に見せられます。

 

目の形の種類(4)タレ目

目の形の種類(4)タレ目

『タレ目』はツリ目と正反対の目の形です。「目尻の位置が両目を結んだ中心線よりも下側」という、見分け方のポイントが当てはまる方を指します。タレ目さんも、目の幅が細いタイプと広いタイプがありますよ。

穏やか・やさしい・おおらか、といった雰囲気を持ち合わせています。笑顔が可愛らしくて、少し幼い印象に見られやすいことも特徴です。

 

まぶたの違いによる目の形の種類とは?

(1)一重

まぶたの違いによる目の形の種類とは?

見分け方のポイントで、「上まぶたに二重線がない」の項目が当てはまった方の目の形は『一重』です。目の幅は細く目尻に向かってスッと切れ長なフォルムをしており、涼やかでクールビューティーな雰囲気が感じられますよ。

一重はさらに、まぶたの脂肪が厚めなふっくらとしたタイプと、薄めのすっきりとしたタイプの2種類に分けられます。脂肪が厚めな一重さんは目元が腫れぼったく見えやすいため、メイクのやり方の工夫が大切です。

 

(2)奥二重

(2)奥二重

見分け方のポイントのうち、「上まぶたに二重線がある」と「目を開けると二重線が隠れる」に当てはまった方は、『奥二重』の要素を持っています。

二重の一種ではありますが、上まぶたが厚めで二重線がくっきり出にくい目の形です。クールな涼やかさに加えて、上品で奥ゆかしい雰囲気がただよいます。

奥二重さんも一重さんと同様に目元が腫れぼったく見えやすいため、アイラインの引き方などはとくにこだわってみましょう。

 

(3)二重

(3)二重

目を開けても上まぶたの二重線が見える場合は、『二重』です。二重線が目の輪郭と平行な方は『平行二重』、目尻に向かって広がっている方は『末広二重』という目の形をしています。

平行二重はくっきり華やかな印象で、末広二重はやさしげでナチュラルな雰囲気が魅力です。

どちらも綺麗な目の形ですが濃いめのメイクをするとけばけばしく見える可能性があるため、「引き算」を意識したメイクがおすすめ。

 

複数の要素を含んでいる場合も!

複数の要素を含んでいる場合も!

代表的な目の形の見分け方と特徴をご紹介しましたが、中には複数の種類の要素を含んでいたり、同じ形でもまぶたの違いによって雰囲気が異なったりする場合があります。

たとえば「タレ目がちなアーモンドアイ」と「ツリ目がちなアーモンドアイ」や、「奥二重の丸目」と「平行二重の丸目」などです。

自分の目をよく分析して、最も特徴が強く出ている種類に合わせてメイクをしてみましょう。

 

【目の形別】特徴を活かすアイシャドウメイク

<丸目>繊細な濡れツヤ感を演出する

<丸目>繊細な濡れツヤ感を演出する

丸目さん特有のクリンと丸い目の形を引き立てるには、目元に自然なツヤ感を出すのがおすすめです。パール入りのものや、密着度の高いクリームアイシャドウをまぶたにひと塗りすれば、濡れたようなみずみずしい目元を演出できます。

色はベージュなど肌なじみのよいものを選ぶと、厚塗り感が出ることなくナチュラルな印象に見せられますよ。可愛らしい丸目を大人っぽく上品に見せたいときは、目尻に向かってグラデーションになるように塗ってみてください。

 

 

<アーモンドアイ>ブラウン系で王道グラデーション

<アーモンドアイ>ブラウン系で王道グラデーション

理想的な目の形ともいわれるアーモンドアイさんは、グラデーション塗りに挑戦してみましょう。パール感のあるブラウン系アイシャドウを使い、ベースカラーから順に重ねて横割りグラデーションを作ります。

黒目の上下のみ少し幅広く色をのせると、切れ長な目の形に丸みが出て可愛らしさを演出できますよ。幅が細めでシャープに見えがちなアーモンドアイさんに、おすすめのテクニックです。

 

<ツリ目>目頭に重点を置く

<ツリ目>目頭に重点を置く

ツリ目さんは、クールな雰囲気を活かしつつソフトな要素をプラスするメイクがおすすめです。目尻にアイシャドウを広く塗ると、目元のきつさが強調されるため要注意。

パールやラメ入りの明るい色味のアイシャドウを目頭にのせて、キリッと上がった目尻とバランスをとりましょう。ベースカラーやメインカラーも目頭側を太めに、目尻に行くにつれて細くなるように入れます。

 

<タレ目>目尻側にアイシャドウをオン

<タレ目>目尻側にアイシャドウをオン

タレ目さんは目尻が下がり気味なので、目頭側に重心を持ってくると弱々しい印象に見えてしまいます。アイシャドウを目尻の上側に広くのせると、タレ目の魅力を活かしながらバランスのよい目の形に見せられますよ。

淡い色をアイホール全体にひと塗りして、メインカラーを目尻側の半分のスペースにのせます。締め色は目尻のキワに太めに入れて、キリッと引き締めるのがおすすめです。

 

<一重・奥二重>下まぶたに主役カラーをのせる

<一重・奥二重>下まぶたに主役カラーをのせる

一重さんや奥二重さんは、グラデーション塗りをすると目元が腫れぼったく見えてしまいがちです。

すっきり涼やかな印象を引き立てるために、上まぶたはマット系アイシャドウをシンプルに単色塗りにして、「下まぶた」にメインカラーをのせてみましょう。

メインカラーは、繊細なパールやラメが入った発色のよいものを選ぶのがおすすめです。目尻側に向かって幅を少し広くしながら塗ると、目の形をバランスよく見せられます。

合わせて読みたい

 

<二重>抜け感を意識したアイシャドウ使いを

<二重>抜け感を意識したアイシャドウ使いを

平行二重さんは、黒目の上と下まぶたの中央部分にのみアイシャドウをのせてみましょう。締め色は使わず、メインカラーのパール系アイシャドウ1色で仕上げると、さりげない抜け感を演出できます。

末広二重さんにはグラデーション塗りが似合いますが、締め色は目尻だけに塗るのがマストです。二重幅が狭い目頭部分に締め色を入れるのを避ければ、垢抜けた印象に見せられます。

 

【目の形別】特徴を活かすアイライン&マスカラメイク

<丸目>アイラインは目尻を長めに引く

<丸目>アイラインは目尻を長めに引く

丸目さんには、「目尻」から少しはみ出して跳ね上げ気味に引くアイラインが似合います。長めのアイラインにすることで丸い目の形とバランスがとれて、可愛らしさの中に上品さが光る洗練されたアイメイクに仕上げられますよ。

目の形がぱっちりしているので、まつ毛は軽く上向きにする程度でOK。ロングタイプのマスカラを目尻側へ多めにつけて、上品な印象に仕上げてください。

 

<アーモンドアイ>まぶたの中央を強調して丸い輪郭に見せる

<アーモンドアイ>まぶたの中央を強調して丸い輪郭に見せる

アーモンドアイさんはもともと目元の主張が強めなので、太いアイラインはあまりおすすめできません。

目のキワを点で埋める「インライン」を引けば、ナチュラルな印象を作れます。黒目の上側のみやや太めにすると、丸みが出てやわらかなフォルムに見せられるでしょう。

同様の理由から、マスカラも上まつ毛全体に塗った後、黒目周辺の上下のまつ毛に重ねづけします。縦長効果が生まれて、クールで可愛らしいバランスのとれた目の形を演出できますよ。

 

<ツリ目>目頭の切開ラインでやさしげな目元に

<ツリ目>目頭の切開ラインでやさしげな目元に

ツリ目さんは、目頭のキワにアイラインを引くのがおすすめ。「切開ライン」とも呼ばれており、目頭を強調させてクールなツリ目をやわらかな雰囲気に見せられます。目尻側は、まつ毛のキワを埋めるように細く引きましょう。

マスカラはまつ毛を根元からカールさせた後、黒目周辺の上下に多めにつけます。目元の丸い輪郭が際立ち、やさしい印象を演出できますよ。

合わせて読みたい

 

<タレ目>下がり気味の目尻はマスカラでバランスをとる

<タレ目>下がり気味の目尻はマスカラでバランスをとる

タレ目さんは、目尻を少し跳ね上げるようにやや太めのアイラインを引くのがマストです。目の輪郭の延長上にオーバーラインを引くと、下がり気味の目元が強調されて頼りない印象に見えてしまいます。

まつ毛は目尻側にくっきりとカールをつけ、マスカラを根元からしっかり塗りましょう。存在感の出るブラックカラーを使うと、タレ目をキリッと引き締めて華やかな印象に仕上げられます。

 

<一重・奥二重>目尻のみ細くアイラインを引く

<一重・奥二重>目尻のみ細くアイラインを引く

一重さんと奥二重さんは、アイラインがまぶたで隠れてしまう場合が多いです。無理に見せようとせず、目を開けたときに見える目尻部分にのみ引くのがおすすめ。

目尻を3〜5mmほどはみ出すように、黒目の外側から目尻に向かって長めにアイラインを引きましょう。

まつ毛は根元からしっかり上向きにカールさせて、カールキープタイプのマスカラを塗ります。下まつ毛にもつけると、目の縦幅が強調されて自然なぱっちり目に見せられますよ。

合わせて読みたい

 

<二重>インラインで二重幅を際立たせる

<二重>インラインで二重幅を際立たせる

アーモンドアイの場合と同様に、平行二重さんも末広二重さんもまつ毛の隙間を点で埋める「インライン」を引きましょう。

1本太くラインを引くと、目元が必要以上に強調されてけばけばしく見えてしまいます。筆先が細いリキッドアイライナーであれば、細く繊細なラインを引きやすいですよ。

まつ毛メイクも極力ナチュラルに仕上げるのがおすすめ。あえてカールはつけず、ロングマスカラや透明マスカラをサッとひと塗りすれば、より自然な目元に見せられます。

 

目の形の種類や特徴をマスターして、似合うメイクを見つけて

自分に似合うアイメイクを見つける近道は、目の形の種類と特徴を知ることです。そのうえで目元のお悩みやなりたい雰囲気を考え、アイシャドウやマスカラ、アイラインのやり方を工夫していけば、自分の目の形にフィットするアイメイクに仕上げられます。

ご紹介した見分け方や目の形の特徴を参考に自分の目をじっくり観察して、魅力を引き出す素敵なアイメイクを楽しみましょう。

こちらもおすすめ☆