【2022】今年のヘアカラーはピンクベージュに挑戦。明〜暗めまで派手すぎない髪色

2022年注目のピンクベージュを使ったヘアカラーは肌なじみがよくて、おしゃれなヘアスタイルに仕上がりますよ。今回はおしゃれなピンクベージュのヘアカラーを明るめと暗めに分けてご紹介します。

公開日:
【2022】今年のヘアカラーはピンクベージュに挑戦。明〜暗めまで派手すぎない髪色

おしゃれなピンクベージュのヘアカラー特集

ヘアスタイルの形や長さは変えたくないけれど、少しイメージを変えたいという方におすすめなのが、ヘアカラーを変える方法です。中でも2022年注目のピンクベージュを使ったヘアカラーは肌なじみがよくて、おしゃれなヘアスタイルに仕上がりますよ。

そこで今回はおしゃれなピンクベージュのヘアカラーを明るめと暗めに分けてご紹介します。

ピンクベージュのヘアカラー・明るめ

シンプルフォルムに映えるピンクベージュ

明るめのピンクベージュを綺麗に入れたいのなら、ブリーチをしてからヘアカラーをするのがおすすめです。

ピンクという派手なイメージのあるヘアカラーも、肌なじみがよくて落ち着いた雰囲気が作れるベージュの色味が入ることで、大人女性でも取り入れやすいヘアカラーに仕上げていますよ。

シンプルなショートボブも、ぐっとおしゃれに見えるヘアカラーです。


 

 

くせ毛風の動きが際立つピンクベージュ

くせ毛風のゆるふわパーマと柔らかい質感が出る、明るめのピンクベージュが好相性なショートヘアです。

束感をつけたスタイリングをすることでヘアカラーに光が当たった部分と影の部分ができ、パーマで作ったくせ毛風の動きがよりわかりやすくなっています。

ふんわりショートと明るめトーンで柔らかい雰囲気のピンクベージュがおしゃれですね。


 

色持ちしやすいケアブリーチのピンクベージュ

色持ちしやすいケアブリーチのピンクベージュ

toshinoriiii

明るめのヘアカラーは色持ちしにくいと思われがちですが、ダメージをおさえながらブリーチができるケアブリーチをしてからカラーを入れる方法なら色持ちがよくなりますよ。

こちらはケアブリーチをしてからピンクの色味が入ったミルクティーベージュを入れることで、クリーミーでおしゃれなヘアカラーに仕上げています。


 

レイヤーで色合いが変わるピンクベージュ

レイヤーをたくさん入れたウルフカットのミディアムヘアです。

明るめのピンクベージュのヘアカラーは、髪の毛の密度によって色合いが違って見えるので、毛先の方がより明るめに見えますよね。

全体的に同じヘアカラーを施しても、レイヤーやパーマなどプラスするテクニックによって、さまざまな雰囲気が楽しめるのも明るめのピンクベージュの魅力です。


 

綺麗な透明感が出るピンクベージュ

綺麗な透明感が出ると人気のラベンダーカラーをプラスした、ピンクベージュのロングヘアです。

ラベンダーカラーを入れたヘアカラーは嫌な赤味や黄味が出づらく、透明感が出るだけでなく色落ちする過程でも綺麗なヘアカラーを楽しめますよ。

明るめのヘアカラーに挑戦する場合、色落ちがきれいな色味を選ぶことで長くヘアカラーを楽しめるのでおすすめです。


 

落ち着きのあるおしゃれなピンクベージュ

明るめのピンクベージュに挑戦したいけれど落ち着きのある雰囲気がいいという方には、グレーの色味が入ったピンクベージュのヘアカラーがおすすめです。

グレーの色味が入ることで、ぐっと落ち着いた雰囲気が出ますよ。

またグレーも、いやな赤味を予防してくれる効果があるので、色落ちしてきても綺麗なヘアカラーが楽しめるカラーです。


 

色落ちも楽しめるピンクベージュ

色落ちも楽しめるピンクベージュ

toshinoriiii

オレンジ系の色味を少しプラスしたピンクベージュのヘアカラーです。

明るめのヘアカラーの場合、オレンジを入れてあげることで、色落ちしても綺麗なベージュの色味が出ますよ。

色落ちした方がベージュのカラーを強く感じるので、明るめでも落ち着いた雰囲気のヘアカラーです。

イエベの肌色との相性もよいので、イエベの方はオレンジの入ったピンクベージュもチェックしてみましょう。


 

インナー使いがおしゃれなピンクベージュ

おしゃれなピンクベージュには挑戦したけれど、少し抑え気味がいいという方にはインナーカラーにピンクベージュを使う方法がおすすめです。

こちらでは全体にミルクティーベージュを入れて、インナーカラーにピンクベージュを入れています。

どちらもベージュ系のヘアカラーなので、とても相性がいいですよね。


 

 

ピンクベージュのヘアカラー・暗め

ブリーチなしでも綺麗なピンクベージュ

落ち着いた雰囲気でピンクベージュのヘアカラーを楽しみたいという方には、暗めにヘアカラーを入れるピンクベージュがおすすめです。

とくにブリーチなしの暗めピンクベージュは落ち着きが出て大人っぽいだけでなく、色持ちもよく、色落ちしてもブラウン系になることが多いので、おしゃれなヘアカラーを長く楽しめますよ。


 

 

レイヤーと相性がいいピンクベージュ

暗めなピンクベージュのヘアカラーでも顔周りにレイヤーを入れてあげると、ピンクの色味が強く感じられますよ。

少しバイオレットの色味を入れた、こちらの暗めピンクベージュなら透明感が綺麗な少しだけ明るめの毛束が顔周りに多く出るので、顔色を明るく見せたい方にもおすすめです。

ピンク系なのに子供っぽくならないのもいいですよね。


 

ブラウンの色味が入ったピンクベージュ

ブリーチありで暗めのピンクベージュを入れたいのならブラウンの色味を入れると色持ちがよく、色落ちしても派手になりにくいのでおすすめです。

ピンクはブラウンとの相性もよいヘアカラーなので、ピンクベージュの色味の中にブラウンをしのばせることで、よりしっとりと深みのあるヘアカラーに仕上がりますよ。


 

束感がほどよく出るピンクベージュ

暗めのピンクベージュは透明感が出てツヤが増すので、シンプルなボブも束感のあるおしゃれなヘアスタイルに仕上がりますよ。

こちらは白髪を染めながらピンクベージュのヘアカラーを施しているので、ブリーチなしでも自然に濃淡が出て、ハイライトのような効果があるヘアカラーです。

白髪が気になる方は、ぜひ暗めのピンクベージュに挑戦してみてくださいね。


 

しっとりと大人っぽいピンクベージュ

センターパートのハンサムショートに、柔らかい質感の出るピンクベージュを入れたヘアスタイルです。

シャープでクールな雰囲気が出るハンサムショートですが、ピンクベージュのヘアカラーを入れると女性らしい柔らかい雰囲気が出ますね。

暗めのピンクベージュで、ショートヘアをおしゃれで上品に仕上げています。


 

ブリーチありで作る暗めのピンクベージュ

もともとの髪色が黒いが強いという方や、暗めのピンクベージュを綺麗に入れたいという方には、ブリーチありで暗めのピンクベージュを入れるヘアカラーがおすすめです。

とくにグレーの色合いの混ざったピンクベージュなら、ピンクの可愛い雰囲気も出しつつ、グレージュの落ち着きのある雰囲気も出るので、暗めトーンによくマッチしますよ。


 

組み合わせがおしゃれなピンクベージュ

暗めのピンクベージュが好みだけど少し遊びを入れたいという方には、インナーカラーにピンクのヘアカラーを入れる方法はいかがでしょうか?

耳元にだけインナーカラーを入れるイヤリングカラーなら耳かけで隠すこともできるので、場所やシチュエーションに合わせて落ち着きのあるスタイリングもできます。

ピンクベージュと暗めピンクの相性もよいですよね。


 

ピンクベージュのヘアカラーに挑戦しよう

ピンクベージュのヘアカラーを使った、おしゃれなヘアスタイルをご紹介しましたが気になるものはありましたか?今回ご紹介したピンクベージュのヘアカラーの中には、ピンクの色味がよくわかる明るめのヘアカラーから、ナチュラルな仕上がりの暗めのヘアカラーまでさまざまでしたね。

ぜひ今回の内容を参考に、おしゃれなピンクベージュのヘアカラーに挑戦してみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

x