16㎡のロフトつきワンルームでのびのびと。居心地の良さをつくる一人暮らしのインテリア

16㎡の小さな空間でも、間取りに合わせた家具を選んでのびのび暮らす。ロフトつきワンルームで暮らしやすい空間を作っていらっしゃる、一人暮らしのお部屋を拝見しました。

公開日:
16㎡のロフトつきワンルームでのびのびと。居心地の良さをつくる一人暮らしのインテリア
goodroom journal

goodroom journal

専門家ライター

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。 インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

16㎡のロフトつきワンルームでのびのびと。居心地の良さをつくる一人暮らしのインテリア

一人暮らしのインテリア1

16㎡の小さな空間でも、間取りに合わせた家具を選んでのびのび暮らす。

ロフトつきワンルームで暮らしやすい空間を作っていらっしゃる、一人暮らしのお部屋を拝見しました。

text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai

 

 

 

日当たりがよく明るいロフトつきワンルーム

goodroom スタッフの大竹さんが一人暮らしをしているのは、16㎡のロフトつきワンルーム。

goodroom オリジナルリノベーション賃貸「TOMOS(トモス)」のお部屋です。

 

一人暮らしのインテリア3

コンパクトなお部屋だけど、決め手となったのは窓が多く日当たりがよいこと。

冬でも日中は暖房がいらないほどポカポカのお部屋です。

 

一人暮らしのインテリア4

縦長に黒の格子がちょっと海外のアパルトマンっぽい雰囲気もある窓。

小さかったコウモリランが、この場所ですくすくと成長しているそうです。

 

一人暮らしのインテリア5

四角形ではないちょっと変わった間取りですが、「部屋の真ん中はスペースを開ける」ことをこころがけたことで、広くみせられているそう。

 

一人暮らしのインテリア6

ロフトには壁を利用してプロジェクターで映画を上映するリラックススペースが。

 

一人暮らしのインテリア7

布団はあえて上にはおかずに、ロフト下のこのスペースに。

 

一人暮らしのインテリア8

すのこにのせた三つ折りマットレスを、ふだんは畳んでソファとして、寝るときは広げて使います。

広げた時もこのスペースにぴったり収まるんだそう。

大竹さんが東京で一人暮らしをするのは2回目。しばらく転勤で暮らしていた大阪から今回の東京への引越しでも同じ場所を選んだほど、街の雰囲気が気に入っているそう。

休みの日は、近所をパトロールして過ごされているんだとか。

 

居心地よく暮らす工夫

一人暮らしのインテリア9

「家具配置は、なるべくベッドから動かなくていいように考えているんです(笑)」と大竹さん。

 

一人暮らしのインテリア10

照明には、リモコンで消灯・点灯・調光ができるIKEAの電球を利用。

これで布団に寝ながらでも照明の ON / OFF ができるように!

 

一人暮らしのインテリア11

こちらはシンプルながらきちんと機能は整ったキッチン。

 

一人暮らしのインテリア12

3点ユニットバスの洗面台まで行かなくても、キッチンで身支度が整えられるように、キッチンのツールバーに山﨑実業の「タオルかけ上ラック」を置いて活用中。

 

一人暮らしのインテリア13

服の収納は少し小さめのクローゼットのみですが、吊り下げ収納をうまく活用して収納量を確保。

 

 

いつでも引越しできるように、家具は最小限に

大阪では30㎡と余裕のある広さのお部屋で住んでいたため、大きなソファなどはだいぶ人に譲ったという大竹さん。

「大阪からの引越しがすごく大変だったこともあって、いつでも引越しできるようにしています」とのことで、大切な思い入れのある家具をメインに暮らしていらっしゃいます。

 

一人暮らしのインテリア14

一番大切な家具は、学生時代にインターンをしていたという「ようび」のホタルスツール。

「社会人になって初めてのボーナスで購入しました」。

引越した当初はクッションを外して座り、テーブルとして使っていたそう。

 

一人暮らしのインテリア15

リモートワークになったのを機にIKEAの大きなテーブルをジモティでゲットし、ホタルスツールはチェアとして活用中。

 

一人暮らしのインテリア16

こちらは Cul de Sac – JAPON の HIBA WOOD STOOL。青森ヒバの香りが楽しめます。

 

一人暮らしのインテリア17

収納には、木箱など汎用性の高いものを利用。

 

一人暮らしのインテリア18

窓際の軽くて扱いやすいプラントハンガーは韓国インテリアのサイトで購入。

 

一人暮らしのインテリア19

小さなお部屋ですが、いろんな場所に大竹さんらしさがたくさん。

冷蔵庫に貼られているのはたくさんのマグネット。

コロナ禍前にはよく行っていたという旅行先で買ってきたものも多いんだそう。

 

一人暮らしのインテリア20

カラフルなアジア系の柄のファブリックが多い大竹さんのお部屋。

ざっくばらんに置いても気にならない、あえてカラフルなものをチョイスしているんだそう。

 

一人暮らしのインテリア21

「大学生の頃に住んでいたワンルームは全体がちょっと安っぽく見えたけど、TOMOSの部屋なら何をおいてもそれなりに収まるのがいいところだと思っています」と教えてくれた大竹さん。

木の素材と白でシンプルに整えられたTOMOSのお部屋で、自分らしいカラフルなアイテムや大事な家具と一緒に、居心地良い空間を作られていました。

TOMOSのインテリア実例をもっと見る

 

リノベーション賃貸「TOMOS(トモス)」って、どんな部屋?

賃貸だと、満足のいくお部屋探しができないと思っていませんか。TOMOS(トモス)は、賃貸でも心地よく暮らせる、ありそうでなかった「ふつう」のお部屋ブランドです。

ほんものの木でつくられた床は、さらっとした肌ざわりや、ふわっと広がる木のにおいが楽しめます。また、革ざいふのように、使い込むほどに色合いやツヤが変化していきます。

五感で楽しむ。時間とともに育てる。住めば住むほど、いとおしくなる。「ふつう」なのに、どこにもない。ちょっと特別なTOMOSのお部屋に暮らしませんか。

 

一人暮らしのインテリア22

TOMOSのお部屋一覧はこちらから
東京・神奈川・埼玉・千葉大阪・神戸・京都名古屋福岡広島札幌
TOMOSの詳細を見る

 

一人暮らしのインテリア23

人気の連載が、本になりました!

 

こちらもおすすめ☆