妥協しない素材選びで、仕立てのよい住まいにリノベーション

料理が大好きな夫妻はキッチンを中心にしたリノベプランを採用。ゆっくり食事もできるキッチンは、ヤマザクラのカウンターを使って造作しました。オーク無垢材、珪藻土、ユーロプラストなど、家のすみずみまで素材にこだわっています。

公開日:
妥協しない素材選びで、仕立てのよい住まいにリノベーション
リノベりす

リノベりす

専門家ライター

「リノベりす」は、リノベーション専門誌「リライフプラス」(扶桑社)と、「SUVACO」のコラボレーションで制作・運営しているリノベーション専門サイトです。厳選したリノベ会社の事例やリノベのトレンドを編集部がわかりやすく解説しています。

妥協しない素材選びで、仕立てのよい住まいにリノベーション

妥協しない素材選びで、仕立てのよい住まいにリノベーション

暮らしの要となるオープンキッチンは、ひかリノベのオリジナル「Halo」。コの字型で使い勝手がよく、カウンターを支えるL字金物が見えないように施工され、佇まいも美しい。

料理が大好きな夫妻はキッチンを中心にしたリノベプランを採用。ゆっくり食事もできるキッチンは、ヤマザクラのカウンターを使って造作しました。オーク無垢材、珪藻土、ユーロプラストなど、家のすみずみまで素材にこだわっています。

■DATA

所在地:神奈川県
延床面積:66.26㎡
施工面積:66.26㎡
家族構成:夫婦

間取り:3LDK→2LDK
設計:ひかリノベ
施工:ひかリノベ
改修範囲:フルリノベーション

 

 

料理好きの2人も大満足!コの字型のオープンキッチン

リノベーションを前提に、日当たりのよいマンションを購入したUさん。立地や管理状況もよく、思い描いている暮らしが叶えられそうな物件でした。

リノベーションの第一条件は「つくる楽しみ、食べる楽しみを感じられるキッチン」。夫婦そろって料理好きで、一緒にキッチンに立つ時間も多いことから、広く使いやすいキッチンを中心にプランを練りました。

間取りは壁を取り払い、ワンルームのLDKに変更。開放感のある空間に、ダイニングテーブルを兼ねるカウンターが持ち味のコの字型キッチンと、大容量のパントリーを配しています。

カウンターにはヤマザクラを用いて、強度と美しさを両立。キッチンの床を一段低くすることで、カウンターに座る人と目線が合うようになっています。

 

妥協しない素材選びで、仕立てのよい住まいにリノベーション2

キッチンを囲む洗練された椅子たちは、カウンターの高さから寸法を割り出し、新たに買い揃えたのだそう。

 

選び抜いた上質な素材で、日常を彩って

ダイニングキッチンとひと続きのリビングは、壁を左官仕上げのユーロプラスト、床は乱張りにしたオーク無垢材に。特に壁は大きな面積を占めるので、塗り方や質感、色合いなど、サンプルを見ながらとことん吟味しました。

ソファとテレビボードの高さから導き出した絶妙な位置にテレビを備え付け、周りの配線を壁の中に格納。さらに間接照明で柔らかく照らすことで、個性的なテクスチャーがいっそう映える空間になっています。

玄関は珪藻土の壁にユーロプラストの土間、洗面所にはタイル、古材、真鍮を採用。建具はすっきりした木目のシナ合板で、天井高に合わせて造作。取っ手はつけずに引き手を彫り込むなど、家のすみずみまで素材にこだわっています。

 

妥協しない素材選びで、仕立てのよい住まいにリノベーション3

「ソファで過ごすひとときは特別なものに。夜は灯りを絞って、ほんのりとした光のリラックス感を楽しんでいます」とUさん。

 

そのほかの画像を見る

アーチ開口の先は大容量のパントリー。天井まで棚を設けて効率よく収納しています。


 

リビングの一角に設けた、絵になる小さなスペース。


 

掃き出し窓の下端と床の高さを合わせてフラットに。直床から二重床になりました。


 

家族の気配やお互いの光を程よく感じるガラス入りのリビングドア。


 

古材のフレームや真鍮のブラケットなど素材感にこだわった洗面室。


 

玄関を入ると、正面にはスポットライトを埋め込んだアートスペースが。


 

人感照明付きの靴入れと珪藻土の壁が美しい玄関スペースに。


 

リノベりすの「リノベ会社紹介サービス」では、あなたにとって、最高の会社をご提案します。

リノベ会社紹介サービス

リノベ事例をみる

こちらもおすすめ☆