持たない暮らしのための空間は、できるだけコンパクトな方がいい。17㎡一人暮らしのインテリア

都心にある、17㎡の小さなワンルーム。賑やかな街の機能も含めて「自分の暮らし」だから、部屋にあるものは必要最小限でいい。ミニマリスト的な暮らしを楽しんでいらっしゃる、一人暮らしのお部屋を拝見しました。

公開日:
持たない暮らしのための空間は、できるだけコンパクトな方がいい。17㎡一人暮らしのインテリア
goodroom journal

goodroom journal

専門家ライター

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。 インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

持たない暮らしのための空間は、できるだけコンパクトな方がいい。17㎡一人暮らしのインテリア

一人暮らしのインテリア1

都心にある、17㎡の小さなワンルーム。賑やかな街の機能も含めて「自分の暮らし」だから、部屋にあるものは必要最小限でいい。

ミニマリスト的な暮らしを楽しんでいらっしゃる、一人暮らしのお部屋を拝見しました。

text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai

 

 

「立地とコンパクトさ」を条件に探したお部屋

Hさんが一人暮らしをされているのは、グッドルームのリノベーション賃貸「TOMOS(トモス)」のワンルーム。面積は17㎡、キッチンを含めて約6畳とかなりコンパクトなお部屋です。

都心の人気駅から徒歩2分、かなりアクティブに活動できそうな立地が羨ましく感じましたが、部屋の広さはネックにならなかったのかとお伺いしてみたところ、意外な答えが。

「あまり物を持たない主義なので、立地と、『コンパクトであること』が条件だったんです」

引越してくる前は、シェアハウスにお住まいだったというHさん。こちらのお部屋は、グッドルームのサイトで探している際にたまたま見つけたもの。条件にぴったりだったために即決されたそう。

 

一人暮らしのインテリア2

床はバーチの無垢フローリング。フルリノベーションされたばかりのかなり綺麗なお部屋です。

「窓が多くて明るいので、部屋自体はコンパクトだけどすごく開放感があり、気分も明るくなります。白で統一されていることやアクセントクロスなど、部屋の色合いも好きでした」

 

一人暮らしのインテリア3

それにしても、玄関を入れば全てが見渡せてしまうこのコンパクトさよ。それでも余計なものがほとんどないので全く窮屈には感じないのがすごいです。

 

TOMOSの特徴のひとつである、デザインキッチンも気に入っているポイント。

「真っ白な感じがすごく好きで、使ったらすぐ綺麗にしよう、と意識できます」


 

浴槽のないシャワールームですが、その代わりに独立洗面台があるのもポイントです。

おしゃれに使いこなしてくださってますね。


 

見ていて気持ち良いほど、「ぴったり」の家具

「部屋が広くなると、どうしてもものは増えてしまうので、物理的に物を増やせない、コンパクトな空間の方がいいなと思っていました」と、かなり潔いミニマリストであるHさん。

お部屋のほとんどの家具は、サイズもぴったり、機能性も十分に考えられたものばかりで、拝見していて気持ちよいほどです。

 

一人暮らしのインテリア6

窓辺のスペースにぴったりサイズの、セミシングルのマットレスを置いて、日中はソファがわりに。

 

一人暮らしのインテリア7

アクセントクロスの色とも合っているLOWYAのローテーブルは、天板を開くとミラーになり、ドレッサーとしても使えるもの。

 

窓際のこちらのスペースは本来オープンクローゼットなのですが、ここにちょうど収まるコンパクトなデスクを購入、ワークスペースとして使われています。


 

一人暮らしのインテリア9

では、洋服はどこに…?と思ったら、こちらの小さな無印良品のボックスに全て収納されているとのことで、かなりの驚きでした。

 

一人暮らしのインテリア10

カバン類はこちらのフックに。全てがちょうどいい場所にちょうどよく収まっているお部屋です。

 

街も含めて、自分の暮らしを楽しむ

「駅周辺の機能がすごく充実していることも、部屋探しのポイントでした」とHさん。

喫茶店でぼーっとする時間をもったり、ゆっくりしたいときは銭湯に出かけたり。部屋の中だけで完結させるのではなく、街も含めて「自分の暮らし」として楽しんでいらっしゃるのだといいます。

最近は、『レトロなプリン』の開拓をされているのだとか。

 

一人暮らしのインテリア11

そして、お部屋の中には「本当に必要か?使うイメージにときめくか?」を吟味して購入されたお気に入りばかり。

テーブルの上にあるのは、テレビがわりにしているAnkerのプロジェクターと、北欧、暮らしの道具店の脚付きグラス。

 

 

一人暮らしのインテリア12

 

一人暮らしのインテリア13

 

一人暮らしのインテリア14

ちょっとした場所に、好きなものを飾ることも忘れません。素敵なポストカードは、ジブリ映画をモチーフにしたものなんだそう。

 

一人暮らしのインテリア15

コンパクトなお部屋で我慢をするのではなく、街の機能も含めて、自分の暮らしとして楽しんでいらっしゃったHさん。一人暮らしの新しい楽しみ方を教えてもらいました。

TOMOSのインテリア実例をもっと見る

 

リノベーション賃貸「TOMOS(トモス)」って、どんな部屋?

賃貸だと、満足のいくお部屋探しができないと思っていませんか。TOMOS(トモス)は、賃貸でも心地よく暮らせる、ありそうでなかった「ふつう」のお部屋ブランドです。

ほんものの木でつくられた床は、さらっとした肌ざわりや、ふわっと広がる木のにおいが楽しめます。また、革ざいふのように、使い込むほどに色合いやツヤが変化していきます。

五感で楽しむ。時間とともに育てる。住めば住むほど、いとおしくなる。「ふつう」なのに、どこにもない。ちょっと特別なTOMOSのお部屋に暮らしませんか。

 

一人暮らしのインテリア16

TOMOSのお部屋一覧はこちらから
東京・神奈川・埼玉・千葉大阪・神戸・京都名古屋福岡広島札幌
TOMOSの詳細を見る

 

人気の連載が、本になりました!

人気の連載が、本になりました!

 

こちらもおすすめ☆