初心者でも使いやすいおすすめの圧力鍋まとめ。最新の人気商品を厳選しました

今回は、初心者さんも簡単に使えるおすすめの圧力鍋を紹介します。圧力鍋は、短時間で美味しい料理を作れる便利なキッチンアイテムです。圧力調理で食材の美味しさが引き出されるので、レシピの幅が広がります。

公開日:
初心者でも使いやすいおすすめの圧力鍋まとめ。最新の人気商品を厳選しました
mashouse

mashouse

家電好き・家具コンシェルジュ

家が大好きで暮らしについて様々な媒体に寄稿する在宅ライター。元々は衣食住に無頓着なズボラ主婦でしたが、今では外食より家でごはん食べたい派。おうちごはんをもっと楽しくするヒントを皆さんにお届けします。

初心者さん向けのおすすめ圧力鍋を紹介

圧力鍋は、短時間で美味しい料理を作れる便利なキッチンアイテムです。圧力調理で食材の美味しさが引き出されるので、レシピの幅が広がります。ただ、圧力鍋の種類はとても多いため、初めて使う方は選び方に迷いますよね。

そこで今回は、調理器具にこだわる家具コンシェルジュの私が、初心者さんも簡単に使えるおすすめの圧力鍋を紹介しましょう。火にかけて使うタイプと電気タイプに分けて紹介しますので、参考にしてくださいね!

初心者におすすめ《火にかける圧力鍋》

初心者におすすめのバランスに優れた圧力鍋

最初に初心者におすすめの圧力鍋の中から、火にかけるタイプを紹介していきましょう。

扱いやすさや料理の仕上がりなどバランスに優れた圧力鍋をお探しなら、老舗メーカー・アサヒ軽金属で人気のゼロ活力なべがおすすめです。

作動圧力が世界最高クラスの146kPaもあるため、初心者でも短時間で美味しく調理できます。

また、加圧がオモリ式のため、音や蒸気で加圧がわかり、初心者でも扱いやすい仕組みです。


 

 

安全に使いたい初心者さんにおすすめの圧力鍋

ワンダーシェフの人気圧力鍋は、安全性重視の選び方をしたい初心者さんにおすすめです。

詰まり防止フィルター、フロート式安全装置、安全弁内圧が5kPa以下にならないと蓋が開かない仕様がついており、初心者も安心して使えます。

鍋底はステンレスとアルミの三層構造で、焦げつきにくくお手入れも簡単です。

圧力は日本最高クラスの140kPaなので、短時間で調理できます。5.5Lサイズでも1万円台と買いやすい価格です。


 

片付けやすさ重視の選び方におすすめの圧力鍋

北陸アルミニウム(Hokuriku Alumi)
¥22,000 (2021/12/02 13:40:23時点 Amazon調べ-詳細)

圧力鍋は普通の鍋より大きくてパーツも多いので、片付けのハードルを下げることも初心者さんには重要ですよね。

そこでおすすめしたいのが、北陸アルミの人気圧力鍋・EGG FORMです。

フッ素樹脂加工が施されているため、焦げつきにくく洗いやすい仕様になっています。

フッ素樹脂加工が剥がれてきたらメーカーが有料で再加工してくれるので、長く使えますよ。

軽いアルミ製で、扱いやすいところも初心者さんには嬉しいですね。


 

鍋としても使いたい方におすすめの人気圧力鍋

一人暮らしのキッチンでは、鍋と圧力鍋の両方を置けないこともありますよね。そんな場合におすすめしたいのが、ティファールのクリプソミニットデュオです。

圧力鍋と普通の鍋が1つになった製品で、部屋が狭い方や圧力鍋初心者の方も気軽に使えます。

圧力は65kPaと低めで他の圧力鍋よりパワーはありませんが、初心者でも使いやすい手軽さはメリットと言えるでしょう。

フッ素樹脂加工が施されているため、お手入れが楽です。


 

コスパ重視の選び方におすすめの人気圧力鍋

パール金属(PEARL METAL)
¥4,880 (2021/12/02 13:40:24時点 Amazon調べ-詳細)

初めての圧力鍋はできるだけ安いものがいいと考える初心者の方には、パール金属の人気圧力鍋がおすすめです。

機能に優れた人気キッチンメーカーの圧力鍋を5,000円以下で購入できます。

本体は焦げつきにくく、保温性に優れた三層構造です。圧力切替式で、調理に合わせて低圧・高圧を切り替えでき、価格を考えるとコスパの高い圧力鍋ですね。

セットの種類も豊富で、メッシュシートや蒸し目皿などが一緒になったものもあります。


 

デザインもこだわりたい方におすすめの圧力鍋

フィスラーは、ドイツの人気キッチン用品メーカーです。特に鍋の美しいデザインと機能性の高さに定評があります。

フィスラーにはさまざまな種類の圧力鍋がありますが、初心者さんにはエントリーモデルのビタクイックプラスがおすすめです。

蓋が閉まると緑の表示が出るため、初心者も安心して使えます。

蒸気音がほぼ出ないスプリング式ですが、低圧・高圧を白線の本数で知らせてれるので火加減の調節が簡単です。


 

便利さ重視の選び方におすすめの人気圧力鍋

ヴェーエムエフ(Wmf)
¥39,135 (2021/12/02 13:40:26時点 Amazon調べ-詳細)

ドイツメーカーの人気圧力鍋をもう一つ紹介しましょう。WMFのパーフェクトプラスは、デザインだけでなく便利さも重視したい初心者におすすめです。

人間工学に基づいて設計されたハンドルは、持ちやすくなっています。

このハンドルはワンタッチで取り外して水洗いできるので、お手入れも楽です。

熱が上がりすぎると自動で圧力が下がる機能付きなので、初心者も安心ですね。サイズの種類が多いので、使い方に合わせて選べますよ。


 

初心者におすすめ《電気圧力鍋》

スタイリッシュでコンパクトなおすすめ圧力鍋

続いて初心者におすすめの圧力鍋の中から、電気圧力鍋を紹介していきましょう。

電気圧力鍋は火を使わないため、手軽さや安全性がメリットです。一方、コンロで使う圧力鍋より大きくなりがちなことがデメリットとなります。

でも、パナソニックの人気圧力鍋はコンパクトでスタイリッシュなので、キッチンに溶け込んでくれますよ。

操作はシンプルで、初心者も簡単に使えます。素材をいかす無水調理やヘルシースープコース付きです。


 

1台であれこれ使いたい方におすすめの圧力鍋

圧力鍋を圧力調理以外にも使いたい初心者さんには、ティファールの人気圧力鍋・クックフォーミーエクスプレスがおすすめです。

圧力調理・煮る・炒める・蒸す・炊飯・再加熱・保温といった1台7役の圧力鍋なので、毎日の料理が楽になります。

専用アプリと連携させれば献立をすぐ選べるので、毎日の料理を効率化できますよ。

幅広い使い方が可能なので、圧力鍋を毎日とことん使いたいという初心者さんにおすすめです。


 

操作性を重視した選び方におすすめの圧力鍋

多機能な圧力鍋は便利ですが、初心者さんだと使いこなせないこともありますよね。

簡単な操作で使える製品をお探しなら、アイリスオーヤマの人気圧力鍋がおすすめです。

基本のボタンは4つで、細かい設定にはダイヤルを使うので、初心者さんも簡単に使えます。

操作はシンプルですが、自動メニューは90種類もあるため、慣れてきたらレシピの幅を広げられますよ。

サイズは2種類ありますので、使う人数に合わせて選びましょう。


 

可愛いデザインが好みの方におすすめの圧力鍋

ブルーノの人気圧力鍋は、丸みのある可愛らしい形が人気の圧力鍋です。

ナチュラルテイストやシンプルな雰囲気のキッチンにおすすめで、おしゃれなフォルムが空間に馴染んでくれるでしょう。

継続して使い続けるためには、見た目も大事ですよね。基本のワンタッチメニューは5種類なので、初心者さんも簡単に使いこなせます。

マニュアルモード付きのため、初心者から上達しても長く使えるでしょう。


 

ミニマルデザイン好きさんにおすすめの圧力鍋

A-stage
¥14,800 (2021/12/02 13:40:30時点 Amazon調べ-詳細)

ミニマルデザインやミニマルインテリアが好みの方には、Re・De Potの人気圧力鍋がおすすめです。

無駄のない本体デザインとボタンを目立ちにくくした仕様がとてもおしゃれで、キッチンや食卓に溶け込みやすくなっています。

基本の調理機能は、圧力調理、スロー調理、温め調理+自動調理です。操作がシンプルなので、初心者も迷わずに使えますよ。

特に炊飯が魅力的で、たった25分でふっくらと美味しいご飯が炊きあがります。


 

初心者でもプロ級料理が作れるおすすめ圧力鍋

シロカのおうちシェフは、おしゃれで手軽に使える圧力鍋として人気があります。そのおうちシェフに新モデルが登場しました。それが、おうちシェフPROです。

オートメニューが20から83に増え、自動減圧機能がつきました。これにより、初心者でもプロ並みの料理が簡単に作れます。

1台で圧力調理から発酵まで10種類の調理をこなすので、毎日の献立で大活躍するでしょう。操作はシンプルなので、初心者も使いやすいですよ。


 

価格も機能も諦めない方におすすめの圧力鍋

初心者にも使いやすくてコスパの高い製品をお探しなら、山善の人気圧力鍋がおすすめです。

1台6役で使えて、本格調理を楽しめる圧力鍋を、1万円以下で購入できます。

安いと言っても機能性も十分で、5段階の圧力設定や予約機能がついて便利です。

蓋、パッキン、ノズルキャップなど細かく分解できるので、初心者さんが気になるお手入れも安心です。

本体とコード以外は水洗いできますので、清潔感もキープできますよ。


 

圧力鍋選びで初心者が押さえるおすすめポイント

初心者が圧力鍋を選ぶ時は、次のポイントを押さえておきましょう。まず、熱源です。火にかけるタイプか電気タイプかということに加え、火にかけるタイプを選ぶ時はIH・ガスといった対応熱源もチェックしましょう。

また、サイズも重要です。使う人数+1Lを目安に選び、キッチンに置けるかどうかも考えましょう。さらに圧力の数値も大切で、数値が大きいほどパワフルです。どんな料理をしたいかを考えて選びましょう。

こちらもおすすめ☆