やっぱりひとりの時間はいいもんだ。改めて気づく「書斎」の魅力

家族みんなでのんびりと過ごす時間もいいけれど、たまにはひとりで過ごしたいときもある。自分だけの世界に入れる、隠れ家的な場所が家にあったらどんなにいいんだろう。今日は、趣味にも仕事にも集中できる理想の書斎を探してみよう。

公開日:
やっぱりひとりの時間はいいもんだ。改めて気づく「書斎」の魅力
SUVACO(スバコ)

SUVACO(スバコ)

専門家ライター

SUVACO(スバコ)は、自分らしい家づくり・リノベーションをしたい人と、それを叶えるプロとが出会うプラットフォーム。おしゃれな住宅事例や読みものから、あなたの価値観に合ったプロが見つかります。

家族みんなでのんびりと、家の中で過ごす時間もいいけれど、誰だってたまにはひとりで過ごしたいときもある。

自分だけの世界に入れる、隠れ家的な場所が家にあったらどんなにいいんだろう。

家族がそれぞれ、思い思いの時間を過ごせる場所。

今日は、趣味にも仕事にも集中できる理想の書斎を探してみよう。

家にひとつあるとうれしい「おこもり」スペース

書斎

家族や同居人がいると、家の中でひとりになれる時間は意外と少ないのかもしれない。

大切な人たちと過ごす時間は、もちろん大切な時間だ。でも、たまにはひとりの時間を過ごしたいときもある。

ひとりでのんびり読書したり、動画を観たりできるおこもりスペースが家にあったら、自分にとっても家族にとっても、きっと特別な場所になるだろう。

在宅ワークをする人が増えている今の時代ならなおさら、充実したおこもりスペースは必要なのかもしれない。

誰にも邪魔されない自分だけの世界に没頭できる「隠れ家」的な書斎のある家。

趣味にも仕事にも集中できる理想の書斎とはどんな場所か、今日はじっくり考えてみよう。

 

 

趣味も仕事も「ひとり」でできる特別な場所を家に

書斎2

傾斜のついた天井と窓のある小さな書斎。

自然光もたっぷり入るので、日中は電気をつけなくても明るい部屋で過ごすことができる。

隠れ家的な雰囲気が心をわくわくさせて、屋根裏部屋のような“おこもり感”のあるつくりがなんとも心地いい。

自分の世界に没頭するには、集中できる雰囲気づくりが大切だ。

 

書斎3

シンプルながらもその家に住む人のこだわりを感じさせる書斎。

天井を高くし、床はリズミカルな印象を与えるオーク材のフレンチヘリンボーンを使用している。

光が家の奥まで届くように、ダイニングに面する壁と書斎の壁はガラスづくりに。

明るく開放感のある書斎でありながら、壁側を作業スペースにすることで人の視線も気にならない。

日々の暮らしと書斎がやわらかくつながる家になっている。

 

書斎4

壁一面を木製棚にして、たくさんの本を収納できる書斎に。

木製棚のひとつの奥行きを大きくすることで、本棚としてだけではなくデスクとしても利用できる。

ダイニングとつながる書斎だが、木の引き戸を閉じることで独立した部屋にすることも可能。

左側の出窓からは庭を眺めることもできて、緑を眺めてほっと一息つくことができる。自然のぬくもりを感じる心地よい空間だ。


 

書斎5

広々としたリビングの片隅に扉付きの小さな個室を設ければ、自分だけのスペースを確保した立派な書斎になる。

ちょっとしたスペースを生かせば、棚やデスクのあるワークスペースとしても利用できるのだ。

 

個室でなくても、周囲の目を気にすることなく集中できるスペースをつくることはできる。

リビングの上の中二階につくられた書斎は、天井との距離もあり開放的で居心地がよさそうだ。

視線を遮るほどの高さの円形の壁に囲われているので、ひとりのプライベートな時間もゆっくりと過ごせるだろう。


 

家の中でひとりの時間をじっくりと楽しもう!

書斎7

周りの目を気にせずに、ひとりの時間を過ごせる書斎が家にある。

そこでは、読書や音楽など自分の趣味を楽しんでもいいし、仕事に打ち込んでもいいのだ。

扉でしっかり区切れるスペースにしたり、壁に囲われたスペースをつくったり、ちょっとした工夫で自分だけの空間をつくることができる。

ひとりの時間を楽しめる理想の書斎を探してみない?

リノベの依頼先選びに迷ったら▼

専門家紹介サービス(無料)

おしゃれな住宅実例をもっと見る

こちらもおすすめ☆