Nenilimo(ネニリモ)というリネンのタオル、知っていますか?

KOZLIFEは北欧デザインを中心にインテリア・キッチン雑貨などをご紹介しています。 今回はコットンやパイル地でないサラッとした”リネンの”タオル、Nenilimo(ネニリモ)をご紹介します。

公開日:
Nenilimo(ネニリモ)というリネンのタオル、知っていますか?
KOZLIFE

KOZLIFE

専門家ライター

こんにちは、KOZLIFE(コズライフ)です。私たちは「LOVE FOOD LOVE LIFE」をモットーに、北欧の豊かな暮らしをお手本にしたライフスタイル&インテリアのお店です。自分たちが実際に使ってみて本当に「良い!」と思ったモノをセレクト。日々の暮らしに取り入れやすいアイテムを揃えています。

リネンのタオル、知っていますか?


こんにちは!突然ですが、皆さんは「リネンのタオル」使ったことがありますか?

コットンやパイル地でないサラッとした”リネンの”タオルです。

私はこれまで恥ずかしながらその存在すら知りませんでした。

ティータオルとかキッチンクロスとか、そういうものだったらわかるのですが「‥‥タオル?」。

初めて聞いた時にはもはや、何かの間違え?くらいのリアクションだったと思います。(笑)

それもそのはず、初めての出会いが突然のバスタオル。(笑)

「私には合わなそう‥(^^;)」と、正直半信半疑な出会いでした。

 

 

そのリネンのタオルというのが、こちら。

左からバスタオル・フェイスタオル・キッチンタオル。

正真正銘、リネンのタオル!

KOZLIFEではフード付きパーカーでお馴染み、「WESTWOOD OUTFITTERS(ウェストウッドアウトフィッターズ)」から登場した【Nenilimo(ネニリモ)】という、リネンタオルです。


 

ハリがあってパイル地のコットンタオルに比べるとはるかに薄いのが、見た目の最大ともいえる特徴でしょうか。


 

これを、いつも使っていたパイル地の所謂、”普通のタオル”と並べて掛けておいてしばらく使い比べてみました。


 


結論から申し上げますと‥‥大、感、動。(笑)同じタイミングで試し使いをしていた小柴シェフとみわこ店長にも感想を聞いたところやはり感動されていました!

そもそもリネンの『吸水性』ってどうなの?と、不安に思っている方がいるかもしれませんのでまずは吸水性のお話を。

実は、リネンという素材は天然繊維の中でも最も吸湿速乾性に優れるといわれているのです。

確かに、濡れた手を【リネンタオル】で包むと瞬時にスッと吸い込まれていく感じがします。

日頃からリネンシャツやワンピースなどを愛用されている方なら想像しやすいかもしれません。

アイロン時に霧吹きをシュッとしたそばから吸い込んでいく、あの感じです。

※新品時には体感しづらいかもしれませんので一度お洗濯してから使うと良いですよ!

実は、天然繊維の中でも最も吸湿速乾性に優れるといわれているのがリネン素材。吸湿に速乾。タオルに最適ともいえる素材ですよね。

 

事実、私たちが次に魅力に感じたところはその『速乾力』。

湿度の高い日本の今の季節、特に濡れたタオルの乾きが遅くなります。

手洗いの頻度が増えてからというものより一層それを感じませんか?


 

【リネンタオル】はやはりこの薄さのおかげもあって、乾きが圧倒的に早い!

次に手を洗ったタイミングにはもうすっかり乾いている♪なんてことが度々ありました。

乾きが早いと良いことがたくさん!雑菌がわきづらくなり衛生的。さらに、それに伴って生乾き臭のようなニオイも予防出来ちゃいます。

だからこそ【リネンのタオル】っ洗顔用のタオルやバスタオルにも最適なのです。


 

ここまで、【Nenilimo リネンタオル】の魅力の一部をご紹介しました。そう、これはまだ”一部”なんです。(笑)

ものを長く使い続けたい人、すっきりコンパクトに暮らしたい人。そんな皆さんへも心からおすすめしたいmade in JAPANの【Nenilimo リネンタオル】。

まだまだたくさんある魅力は是非ページでチェックしてみてくださいね!!


Nenilimo リネンタオルはこちら

WESTWOOD OUTFITTERS  Nenilimo(ネニリモ) バスタオルはこちら

こちらもおすすめ☆