無垢フローリングのリノベーションワンルームでつくる「やわらかなインダストリアル」。8畳の一人暮らしインテリア

無垢床とステンレス・キッチンのリノベーションルーム。お気に入りの名作テーブルとDIYのアイディアでかっこよく住みこなしている、一人暮らしのワンルームを拝見しました。

公開日:
無垢フローリングのリノベーションワンルームでつくる「やわらかなインダストリアル」。8畳の一人暮らしインテリア
goodroom journal

goodroom journal

専門家ライター

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。 インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

無垢フローリングのリノベーションワンルームでつくる「やわらかなインダストリアル」。8畳の一人暮らしインテリア

無垢床とステンレス・キッチンのリノベーションルーム。

お気に入りの名作テーブルとDIYのアイディアでかっこよく住みこなしている、一人暮らしのワンルームを拝見しました。

text : Miha Tamura / photo : @kuri__suke


 

 

ざっくりリノベを住みこなす

くりすけさんが上京して初めての一人暮らしに選んだお部屋は、8畳ほどのワンルーム。雑居ビルの中のワンフロア占有というちょっと変わった物件で、リノベーションでかっこいい雰囲気のお部屋に生まれ変わっています。

「もともと、リノベーションの部屋に住みたいなと思って探していて。一番決め手になったのは、キッチンと無垢フローリング。木の雰囲気のある部屋に住みたいと思っていて、ちょうどイメージに合うものがありました」

 

インテリアのメインになっているのは、実家から持ってこられたというマルセル・ブロイヤーの不朽の名作、ラッチオテーブル。

スチールパイプを使ったちょっと無骨な雰囲気が、無垢の木の床と絶妙にマッチしています。


 

合わせているのは、ニトリのキャンプチェア。

テーブルの上に置かれた白のデスクオーガナイザーはIKEAのもの。


 

どんなふうにも使える2つのテーブル。配置をいろいろと変えながらフレキシブルに使われています。

インテリアのイメージは、「男っぽすぎない、インダストリアル」。

マルセル・ブロイヤーの名作テーブルをメインに、それに合うものをと黒やスチール素材の家具を選ばれていったそう。

ただしあまりにも男っぽくならないように、家電は白で揃えたり、白のキャンプチェアを組み合わせたりと、あえて抜けをつくることも意識されています。

「Instagramの韓国インテリアの写真を参考にしたり、インダストリアルと、韓国インテリアのミックスした感じで作ろうと思っています」


 

シンプルでざっくりとしたリノベのお部屋。ご自身で工夫されているところもたくさんあります。

「収納」と書かれていた奥まったスペースは、扉やハンガーポールがなかったため、ベッドを置いて、自分で突っ張り式のハンガーラックを設置。

目隠しと収納の一石二鳥になっています。


 

こちらは、オールステンレスのシンプルさがかっこいいキッチン。


 

洗面台も兼ねているため、足りない収納や鏡の置き場所はラブリコパーツと2×4材で自作。


 

8畳の一人暮らしインテリ8

実は、他にもラックを作ろうと思って購入した2×4材のサイズを間違えてしまったというくりすけさん。レンガの上にそのまま載せてみたところ、いい感じのマガジンラックになっています。

 

8畳の一人暮らしインテリア9

浮かせることで空間に広がりを持たせることもでき、これは真似したいアイディア。

 

あるものでつくる

「あまりなんでも買わないで、ある物でやろうとする派です」とくりすけさん。

確かに、部屋の中にはテーブルとチェア、スチールラック以外の家具や、プラスチックの収納用品はありません。今持っているものを、うまく活用するのがとても上手いんですね。

 

例えば、レース生地のベッドカバーを折ってカーテンとして利用したり。


 

 

Aesopの空き瓶にドライフラワーを入れてみたり。


 

なんでも購入するのではなく、空き箱や紙袋などもおしゃれに活用されています。


 

ベッドサイドも、テーブルではなくボックスの上にBALMUDAのランタンを。

写真も額装はせず壁にそのまま貼るのが、雰囲気に合っていていいですね。


 

テレビはおかず、普段はスピーカーで音楽を流しっぱなしにして楽しんでいるというくりすけさん。

部屋の匂いにもこだわりがあり、サンタマリア・ノヴェッラのポプリや、メゾンマルジェラのキャンドルがお気に入り。


 

黒やスチール、ステンレスのざっくりと無骨な男っぽさと、無垢の木や白、グレーのやわらかさが同居していたくりすけさんのお部屋。

無垢床のリノベーションワンルーム、こんなふうに使いこなしてみたいと思わせる、オリジナルの空間に仕上がっていました。

くりすけさんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/kuri__suke/

一人暮らしのインテリア実例をもっと見る


東京・神奈川・埼玉・千葉 一人暮らし8万円以下の賃貸を探す
大阪・京都・神戸 一人暮らし7万円以下の賃貸を探す
名古屋 一人暮らし6万円以下の賃貸を探す
福岡 一人暮らし5万円以下の賃貸を探す
札幌 一人暮らし5万円以下の賃貸を探す

 

「私らしく暮らす。賃貸インテリア」特集はこちら

「私らしく暮らす。賃貸インテリア」特集はこちら

 

人気の連載が、本になりました!

人気の連載が、本になりました!

 

こちらもおすすめ☆