夏の新色「ライラック」登場!ボンモマンのバッグインバッグ愛用スタッフの使い方

お仕事、主婦、ママ業とマルチにこなす女性たち。ゴチャッとしがちなバッグの中身を、取り出しやすく整理整頓させたい!そんな想いに答えるべく生まれたのがボンモマンのバッグインバッグです。

公開日:
夏の新色「ライラック」登場!ボンモマンのバッグインバッグ愛用スタッフの使い方
アンジェ web shop

アンジェ web shop

専門家ライター

幸せなひとときは、心地いい暮らしの中に宿るもの。インスタグラマーも愛用するおしゃれなキッチンや北欧雑貨、ベビーグッズまで、取り扱い多数。毎日をちょっと快適にしてくれるアイテムやレシピ、暮らしのヒントまで発信しています。

お仕事、主婦、ママ業とマルチにこなす女性たち。それぞれのシーンで過ごしやすいファッションも変われば、必然的に合わせるバッグも変わってきます。

バッグが変わるたびに、中身をいちいち入れ替えるのは一苦労。また、ゴチャッとしがちなバッグの中身を、取り出しやすく整理整頓させたい!

そんな想いに答えるべく生まれたのが、bon moment バッグを仕切れる 深型バッグインバッグ/ボンモマン

 

ボンモマンのバッグインバッグ1

高さのあるバッグの中でも埋もれず、しっかりと深さのあるシルエットが人気の秘密。

高さ約24cmの深型タイプで、トートバッグやキレイ目レザーバッグなど、高さのあるバッグの中でも埋もれずしっかり自立してくれます。

 

 

ボンモマンのバッグインバッグ2

あれ、どこへ行ったかな?となりがちな

・スマートフォン

・ハンカチ

・除菌グッズ

・名刺入れ

など、細々としたものもしっかり収納できる合計8つのポケットを搭載。

 

ボンモマンのバッグインバッグ

たくさんありすぎても使い勝手に困るポケットを、「ちょうどよい」数だけ備えました。

実際に愛用しているアンジェスタッフの使用方法をご紹介していきます。

 

ライター:小島「やっと理想のバッグインバッグに出会えました」

ボンモマンのバッグインバッグ3

今まで色々なバッグインバッグを使っていました。その理由は、忘れものや紛失が多い自分の悪習慣を直したかったから。

ただポケットが少なくて使いにくかったり、バッグの中で埋もれて取り出しにくかったり。

そんな経験を経たわたしが、やっと理想に出会えた!と思ったのがボンモマンのバッグインバッグでした。

 

ボンモマンのバッグインバッグ

他のものと違う1番の魅力はバッグの中で埋もれないカタチと自立する素材感。

個人的にとっても気に入っているのは、内側のファスナー付きポケットがカードケース(パスケース)にぴったりサイズなこと。

これだけは絶対になくせない!と思っている「カードキー」を、ここに入れておけば、バッグごとどこかに置き忘れない限り、なくすことはありません。

 

ボンモマンのバッグインバッグ4

また、普段の外出や通勤でつい忘れがちな、「サングラス」、「塗り直し用の日焼け止めクリーム」、「予備のマスク」、在宅ワーク用の「ブルーライト眼鏡」などを入れておくのもおすすめ。

出先で忘れ物に気づいてガックリ・・・なんてこともなくなりますよ。

 

ライター安田「ズボラな私もやみつきに!8つポケットでモノの定位置を決められる。」

ボンモマンのバッグインバッグ5

バッグの中にポンポン小物を放り込むズボラな私にとって、ポケット充実のこのバッグインバッグはやみつきになる使い心地でした。

外側と内側ぜんぶで8個、色々な大きさのポケットがあるので、「ハンカチはここ」「ティッシュポーチはここ」「エコバッグはここ」と、収納したいものの大きさに合わせて定位置を決められるんです。

 

ボンモマンのバッグインバッグ6

中でもお気に入りが、家の鍵と自転車の鍵をしまうのにぴったりなファスナー付きの小さめポケット。

上の方に設置されているので、奥まで手を突っ込んでゴソゴソ探す必要もなく、とっても便利

 

ボンモマンのバッグインバッグ7

それまで単独でバッグに入れていた少し高さのあるA5サイズの手帳や眼鏡ケースも、深さがあることでスッポリIN。

お出かけ小物が丸ごと一式ひとまとめになっているので、朝バッグを替えたい時もバッグの中身をごっそり移動でき、以前より忘れ物も減ったように思います。

何より、バッグの中ぐちゃぐちゃ状態から、それなりに整っている状態をいつもキープできるようになった事はありがたい限り。

よく整理整頓の本に、「物には住所がある」と書かれていますが、あれはお部屋の中だけでなくバッグの中にも言える事なのかも、と実感しています。

 

バイヤー:立野「外側ポケットが特に優秀!」

ボンモマンのバッグインバッグ8

お仕事で、展示会や商談で外出する時に使っています。

日々感じるのは、8個あるポケットの中でも特に外側のポケットが、物の出し入れに便利だなということ。

 

 

ボンモマンのバッグインバッグ9

▲小さい外側ポケット:除菌スプレー、名刺ケース、ペン

 

ボンモマンのバッグインバッグ10

▲大きい外側ポケット:スマホ、エコバッグ&水筒

 

ボンモマンのバッグインバッグ11

▲普段収納している定番アイテム

140mlの小さい水筒を持ち歩くのですが、外側のポケットに立てて入れられることで、カバンの中がスッキリします。

荷物が増える日は、大きめのトートにバッグインバッグと、パソコンケースを入れて持ち歩きますが、トートバッグの中はいつもスッキリ。

荷物が見つからないってこともなく快適に過ごせています。

 

編集長:大西「かばんの中にルールと秩序が生まれました。」

ボンモマンのバッグインバッグ12

子どもがいると、ウェットティッシュ、ゴミ入れ、水筒など何かと荷物が増えるのに、最近は新たに、エコバッグ、除菌スプレー、予備のマスク、と一段と細かな荷物が増えました。

バッグにポンポンいれては、使う時にバッグをガサガサ大捜索…
そんな私がバッグインバッグを取り入れてみたら、かばんの中にルールと秩序が!生まれました。

 

ボンモマンのバッグインバッグ13

沢山あるポケットは全部使うと私の場合、「どこだったっけ?」となってしまうので、外側の真ん中は鍵!
内側の左は眼鏡!のように頻度の高いものを厳選して使用しています。

またしっかりと蓋をしていても、水筒やペットボトルが横になるのは怖かったのですが、バッグインバッグの横に立てればその心配もなし。

 

バカっと開くトートを使うと中身が丸見えになるのも、バッグインバッグのボタンを閉めればその心配もありません。


 

ボンモマンのバッグインバッグ15

新色のライラックはバッグの隙間から見えても気分のあがるキレイな色。

エコバッグやポーチなど、黒い小物が多いので、黒のバッグインバッグだと埋もれがちだったのですが、ライラックは荷物が取りやすいところも気に入っています。

 

夏の新色「ライラック」が仲間入り

ボンモマンのバッグインバッグ16

ブラック、ベージュの定番色に加え、ライラックの花をイメージした淡いトーンのパープルが限定カラーとして登場。

少しくすんだ優しい色合いが目を惹く、上品で女性らしい色みに仕上がっています。

特にこれからのシーズンは、平日はお仕事に使えるシンプルバッグ、お休みの日はかごバッグなど、ON・OFFの使い分け頻度が増えてくるもの。

優しい色みの「ライラック」なら、透け感のあるかごバッグからチラ見えしてもワンポイントになってくれそうです。

 

ボンモマンのバッグインバッグ17

新色も加わって、ますます盛り上がる予感の「bon moment バッグを仕切れる 深型バッグインバッグ」。

毎日必要なものをバッグインバッグに収めておけば、探し物や忘れ物の頻度も減ってストレスフリー。

中身の入れ替えが面倒で登場頻度低めだったあのバッグも、これからは出番が増えてコーデチェンジを楽しめそうですね。

bon moment バッグを仕切れる 深型バッグインバッグはこちら

 

こちらもおすすめ☆