初めての一人暮らしを光あふれる部屋で。

利便性の高い沿線上の人気エリアにある、Teidaの部屋。沖縄産花ブロックをあしらい、沖縄のリゾート風味を取り入れた空間は開放的な雰囲気。ここはYACCOさんが求めていた通りの、カラダとココロを整えてくれる部屋だった。

公開日:
初めての一人暮らしを光あふれる部屋で。
REISM Style

REISM Style

専門家ライター

REISMは、リズム株式会社が運営するリノベーション賃貸のブランド。「住む人」のニーズを捉えたルームコンセプトと本物の素材にこだわり、中古不動産をバリューアップ。住空間に触発されてライフスタイルをつくる楽しさをご提案しています。

初めての一人暮らしを光あふれる部屋で。

初めての一人暮らしを光あふれる部屋で。

利便性の高い沿線上の人気エリアにある、Teida(てぃーだ)の部屋。沖縄産花ブロックをあしらい、沖縄のリゾート風味を取り入れた空間は開放的な雰囲気。コンクリートとウッド、塗りの壁のバランスがほどよく調和し美しい仕上がりとなっている。

スペースや柱型をうまく利用したアレンジ空間にはウォークインクローゼットもあり、コンパクトながら機能的で収納力抜群。なにかと荷物が多い女性も安心。

「一人暮らしは初めてなんです。最初はいわゆる普通の賃貸物件を探していたけど途中でリノベーション物件の存在を知り、REISMさんのこの部屋にたどり着きました。」

YACCOさんの仕事はヨガインストラクターでオンラインレッスンをメインに活動している。彼女の所属する会社は数年前からすでに配信でのレッスンを取り入れていたので、昨今の時流にも乗りやすかった。

「自宅から配信レッスンを行うので、自分が実際にヨガやストレッチを行うスペースが必要で。できるだけ床部分が広く取れそうな部屋を探していたらここに出会ったんです。」

ウッドデッキのような風合いが楽しめる無垢材のフローリングは、まさにそんなニーズにうってつけ。裸足でも心地が良く、涼しいので夏でもエアコンなしで快適に動くことができる。

ベッドサイドにある大きなL字窓は朝からたっぷりと陽光を取り入れてくれるので、ナチュラルで気持ちよい目覚めをもたらしてくれる。都心でありながら室内が意外なほど静かなので、夜は深い瞑想に入って上手に心のスイッチをオフ。ここはYACCOさんが求めていた通りの、カラダとココロを整えてくれる部屋だった。

 

 

服や靴、カバンなどを集めるのが大好きだというYACCOさん。

服飾系大学卒だけあり、揃えられたアイテムたちはトレンドをおさえたお洒落なものばかり。


 

収納力抜群の玄関スペースやウォークインクローゼットは、機能的かつ美しく使うことができる。

圧巻の収納力が入居の決め手となった。


 

初めての一人暮らしを光あふれる部屋で。4

使い方自由自在の室内棚も、収納力抜群。花ブロックをはじめ部屋全体の持つ雰囲気がとても上質だから、「モノを置く」だけで素晴らしく絵になる。

 

初めての一人暮らしを光あふれる部屋で。5

家具から雑貨、生活必需品まで、部屋に置くあらゆるモノたちを探すことが楽しい作業に。

 

五感すべてが、心地よい。理想的な住・仕事環境。

初めての一人暮らしを光あふれる部屋で。6

「仕事もプライベートも、今はオン・オフの切り替えが少なくフラット。職場へ行くこともほぼないし部屋で過ごす時間がとても長い状況だけど、それがこのうえなく楽しいんです。」

オンラインでのヨガレッスンだけでなく、プライベートでも何かと自粛を要求されるこのごろ。自転車で近所へ出かけたりはするけれど、ヒトと会うことや遠くへ出向くなどの機会はぐんと減った。

「そんな時だからこそ、つくづくこの部屋に住んでいてよかった…と思います。本当にストレス無く、心地よく過ごせるんですよね。」

YACCOさんの想いがたくさん詰まった部屋から発信するオンラインレッスンは、多くのユーザーさんに大人気。身体をスムーズに動かすことから、心地よい瞑想で心を整える方法までわかりやすくていねいに教えてくれる。

4年前、もともと趣味で始めたヨガが今では生業に。ヨガ講師というワークスタイルは、生命力あふれるYACCOさんのカラーとぴったり合っている。視覚・味覚・嗅覚・聴覚・触覚すべてが満たされ、オンもオフもリラックスもリセットも、まるごと思うままに。

住人のライフスタイルにオーダーメイドのようにフィットする空間が、ここにあった。

 

初めての一人暮らしを光あふれる部屋で。7

テレビはあるけれど、広くて真っ白な壁にプロジェクターで投影する映画は格別。ベッドでくつろぎながら楽しめるホームシアターが今ではすっかり日課に。

 

初めての一人暮らしを光あふれる部屋で。8

パソコンデスクのスペースは撮影&配信がしやすい位置にあるため、オンラインレッスンにうってつけ。プライベートと仕事どちらにとっても理想的な空間。

 

ティンシャやシンギングボウルなどは、ヨガレッスンに欠かせない大切な道具。

さりげなく敷かれたヨガマットも、部屋の風景に違和感なく溶け込んでいる。


 

一週間のスケジュールは、一番確認しやすい冷蔵庫に貼って管理もバッチリ。

プロ意識の高さを部屋中から感じ取れる。


 

ていねいに、じっくり。好きなことをマイペースで。

初めての一人暮らしを光あふれる部屋で。11

「一人暮らしを始めてから、自炊もするようになりました。野菜や魚を意識して摂る、ポタージュをイチからていねいに作る…など、体のことを一番に考えたメニューを心掛けています。」

気に入っているマリアージュフルールのお茶は、ゆったりとした気持ちでいれるとより美味しくなる。こだわって選んだ素材を使った料理や飲み物を自分や誰かのために作っていると、気持ちがどんどんクリアで上向きになっていく。

さらに最近のYACCOさんはハンドメイド欲が高まり、時間さえあればアクセサリーや小物作りに熱中しているという。なんとも幸せなひととき。

「ここへ遊びに来た友達は、みんな『めちゃくちゃくつろげる!』『すごくお洒落!』と喜んでくれて、何度も来てくれる。リピート率が高いんですよ♪」

つねに部屋をきれいに保つことも大事なので、フローリングはほうきとウェット式ワイパーで念入りに。天然素材のほうきは、床の質感とマッチしてただ置いておくだけで素敵なインテリアにもなる。

これから、もっと観葉植物を増やしたい。ベッド上の棚ももっと活用したい。まだまだやりたいことはたくさん。希望に満ちた日常生活を、改めてゆっくりとていねいに。好きなモノだけを置き、好きなことだけをする。

シェイプされた無駄のないライフスタイルが、おだやかな部屋時間をもたらしてくれる。

 

 

鍋つかみやクマの「ディビッド」、かわいいピアスなどなど。

センスと技術が光るYACCOさんお手製の作品が部屋のあちこちにさりげなく飾られており、見つけるたびワクワクしてしまう。


 

また、ハンガーフックの先に磁石を貼り付ければ、壁穴の金属にぴったりとくっつきハンガーが落ちにくいのだとか。

驚きのアイディア・工夫の数々に思わず感動!


 

初めての一人暮らしを光あふれる部屋で。14

マトリョーシカのような顔柄のカップ、オールドノリタケの食器、動物モチーフの食器などなど。

 

初めての一人暮らしを光あふれる部屋で。15

モノに恋してしまうYACCOさん選りすぐりのアイテムは、どれも愛らしく存在感あふれる逸品ばかり。使うたび笑顔になる日常雑貨は心と生活を豊かにしてくれるサプリメントのよう。
Text: Yuzuka Matsumoto
Photograph: Hiroshi Yahata

 

Teida

 

Teida

沖縄方言で「太陽」を意味する「てぃーだ(Teida)」の名前の通り、南国リゾートを思わせるリノベーションシリーズ。沖縄特有の花ブロックや素肌に心地よいフローリング材を使用し、都会にいながらリゾートテラスを歩いているかのような光と風を感じる空間です。
Teida 物件一覧へ

RELATED POSTS 関連の記事

 

こちらもおすすめ☆