ベッドとソファの配置に悩む…お手本にしたい一人暮らしのレイアウト実例集

一人暮らしによくある1Kやワンルームのお部屋。できればベッドもソファも配置したいですよね。今回は、一人暮らしのお部屋にぴったりなベッドとソファのレイアウトを大特集。お部屋が広く使えて導線も良い家具の配置やおしゃれなインテリアをご紹介します。

公開日:
ベッドとソファの配置に悩む…お手本にしたい一人暮らしのレイアウト実例集

一人暮らし部屋で役立つベッド・ソファの配置集

一人暮らしによくある1Kやワンルームのお部屋。そんなに広くはないけれど、できればベッドもソファも配置したいですよね。

そこで今回は、一人暮らしのお部屋にぴったりなベッドとソファのレイアウトを大特集。お部屋が広く使えて導線も良い家具の配置やおしゃれなインテリアをたくさんご紹介していきますよ。

【6畳部屋向き】ベッドとソファの配置

6畳でベッドとソファを同じ壁に寄せる配置

6畳でベッドとソファを同じ壁に寄せる配置

room.ff

はじめての一人暮らしにもおすすめのコンパクトな6畳くらいのお部屋。

ベッドを奥に置いて、ベッドの背もたれと同じ壁にソファの背もたれがくるような家具の配置をすると、お部屋のインテリアがすっきりして見えます。

反対側の壁側にテレビ台を配置すれば、ソファからもベッドからもテレビを鑑賞できておすすめですよ。


 

 

6畳のお部屋にベッドとソファをL字配置

6畳のお部屋にベッドとソファをL字配置

a___l__e_

横長のお部屋の短辺の壁側にベッドを配置し、ベッドの足元にL字になるようにソファを配置しています。

お部屋のテレビは、ベッドと反対側の壁に配置しているので、ベッドからもソファからも視聴が可能ですよ。

ソファに座った時に窓から外の景色も眺められ、6畳のお部屋でも開放感を感じられるインテリアになっていますね。

リビングスペースとベッドスペースを分けているので、メリハリのある生活ができそうです。


 

6畳のお部屋に圧迫感のない低めの家具を配置

6畳のお部屋に圧迫感のない低めの家具を配置

goodroomjournal

縦長の6畳のお部屋。低床タイプのベッドをはじめ、ローテーブルや座椅子といった背の低い家具でインテリアコーディネートしています。

低めの家具を配置することで、お部屋の奥まで視線が伸びるので、6畳でも広く見せることができますよ。

背の高い作業机は、お部屋の一番奥に配置。窓際に観葉植物を並べて、インテリアも楽しんでいます。


 

6畳のお部屋にベッドとソファを対面配置

6畳のお部屋にベッドとソファを対面配置

goodroomjournal

シンプルな脚付きマットレスは、通常のベッドよりも圧迫感がないのでワンルームに配置するのにぴったり。

マットレスのみを置いたコンクリート壁の反対側に、一人掛けのソファやテレビ台、キャビネットといった家具を配置してメリハリのあるインテリアに仕上げています。

余計なものがあまりないので、6畳でも広々としていますね。


 

6畳のお部屋のベッドの対角線上にソファを配置

6畳のお部屋のベッドの対角線上にソファを配置

mairoom203

入り口から一番遠い壁を背もたれにベッドを配置しています。窓の前に何も置かないことで、6畳くらいのお部屋でも広く見せることができますよ。

一人掛けのソファは、お部屋の真ん中にあたるベッドの足元にレイアウト。

居心地のよい居場所を作ることで、一人暮らしのお部屋がもっと快適になりますよ。モノトーンでまとめたインテリアもおしゃれですね。


 

【8畳部屋向き】ベッドとソファの配置

8畳のお部屋にベッドとソファをL字配置

8畳のお部屋にベッドとソファをL字配置

goodroomjournal

北欧モダンなインテリアの横長のお部屋の家具レイアウト。ベッドを壁側に配置して、頭を入り口側に向けています。

ベッドと直角に配置したソファは、背もたれをベッドと同じ側に。ベッドに居てもソファに座っても視線を遮るものがないので、お部屋が広く見えますよ。

お部屋に置く家具は、床の色に近いものを選ぶと圧迫感がないのでおすすめです。


 

8畳のお部屋にソファを斜めに配置

8畳のお部屋にソファを斜めに配置

goodroomjournal

柱などのデッドスペースが多いというお部屋は、それを逆手に取ったような家具配置に。

ベッドを窓と平行に配置していますが、リネンをホワイトにしているので圧迫感があまりありませんね。

手前の広いスペースには、ソファとテレビ台を置いてリビングスペースに。

グレーのソファは壁に対して斜めに配置しているので、インテリアに意外性が出てぐっとおしゃれに見えます。


 

8畳にベッドとソファを同じ壁に寄せる配置

8畳にベッドとソファを同じ壁に寄せる配置

goodroomjournal

ナチュラルモダンなインテリアの一人暮らしのお部屋。ベッドの背もたれとソファの背もたれを同じ壁側にしています。

一体感のある配置ですが、ベッドとソファの間にサイドテーブルを置いているので、ちょっとした間仕切りができますよ。

反対側の壁には、テレビが壁掛けになっていて空間が広く使えるような工夫がされています。


 

8畳のお部屋にベッドとソファを対面配置

8畳のお部屋にベッドとソファを対面配置

mmm_09

横長のお部屋の両方の壁際にベッドとソファを対面に配置しています。8畳くらいのお部屋なら向かい合わせに家具を置いても充分な距離ができますね。

真ん中に置いたローテーブルが間仕切りの役割もしてくれますよ。ベッドはすのこの上にマットレスを置いたものなので、低床で圧迫感がないのも◎。

カフェライクなインテリアがお部屋を居心地のよい空間にしてくれます。


 

8畳のお部屋にベッドとソファを離して配置

8畳のお部屋にベッドとソファを離して配置

goodroomjournal

縦長のお部屋の長辺を利用して、ベッドとソファを左右斜めに分けて配置しています。

ベッドの手前には高さのあるテーブルが置かれていて、ソファからの視線をさりげなく遮れるようになっていますよ。

テレビ台の後ろにも間仕切りをして目隠しに。間仕切りの奥はクローゼットスペースとして使われているそうです。

生活感の出やすいアイテムが目に入らないように工夫されているのがいいですね。


 

【ワンルーム向き】ベッドとソファの配置

ワンルームをカーテンで仕切って家具を配置

ワンルームをカーテンで仕切って家具を配置

kfk2080

北欧風インテリアがおしゃれな広々としたワンルームのお部屋。天井から仕切りカーテンを下げて、ベッドスペースとリビングスペースの仕切りにしています。

真ん中にベッドを配置しても壁側がすっきりしていいですね。ソファとテレビ台は両側の壁付けに。カーテンを閉めると独立性のあるリビングになります。

カーテンを開けると窓からの光も差し込むので、日中と夜間で違った雰囲気を楽しめますね。


 

 

ワンルームの間取りを有効活用した家具配置

ワンルームの間取りを有効活用した家具配置

madobe705

ホワイト系の家具でインテリアコーディネートされたワンルーム。柱の関係でL字になった間取りを使い、お部屋の奥にベッドを配置しています。

手前の広々とした空間はリビングダイニングスペース。キッチンとの間はアコーディオンカーテンで仕切り独立性を高めていますよ。

ベッドの延長にソファを置いているので、ベッドからもソファからも視線が遮られないのがいいですね。


 

ワンルームのお部屋を家具で仕切った配置

ワンルームのお部屋を家具で仕切った配置

ワンルームのお部屋の真ん中にキャビネットをレイアウトにしています。ベッドと背中合わせにローソファを配置すれば、ワンルームでもベッドスペースとリビングスペースをはっきりと分けることができますよ。

キャビネットはオープンタイプなので、圧迫感が無くお部屋が広く見えるのもうれしいですね。

 

ワンルームを仕切らずに使う家具配置

ワンルームを仕切らずに使う家具配置

dkdk0621_

ほぼ正方形のワンルームのお部屋。カウンターキッチン側の壁にベッドを配置して、反対側には丸テーブルと椅子を置いています。

お部屋の中央には、ディレクターチェアを置いて寛ぎスペースに。一人用ソファを配置したい場合の参考になるレイアウトですね。

あえて仕切りを作らずワンルームのまま使うことで、開放感のあるインテリアになりますよ。


 

ワンルームのキッチンを中心に家具配置

ワンルームのキッチンを中心に家具配置

mm.musica7

グレージュの家具でまとめた海外のようなインテリアのL字型のワンルームです。

キッチンの前にテーブルとスツールを置き、テーブルと向かい合わせにソファを配置しています。

ソファの背もたれの後ろにキャビネットで仕切りを付けてから奥にベッドを。ワンルームのキッチンを主役にした家具の配置は、導線が良く使いやすそうですね。


 

一人暮らし必見!ベッド・ソファの配置まとめ

一人暮らしのお部屋におすすめのベッドとソファの配置をご紹介しました。同じ間取りのお部屋でも、家具のレイアウトを変えるだけで雰囲気ががらりと変わりますね。

生活スタイルや導線に合わせて模様替えをして、暮らしやすいベッドとソファのベストなレイアウトを見つけてくださいね。

こちらもおすすめ☆