アートを生み出す創造空間。1K23.6㎡、一人暮らしのインテリア

アート作品を住まいで楽しみたい方や、在宅勤務などでお部屋時間が増える中、心落ち着く空間を作りたいと考えられている方へ。一人暮らしで好きなインテリアやアート作品を楽しみながら、ご自身も芸術活動をスタートされたというIkumiさんのお部屋を紹介します。

公開日:
アートを生み出す創造空間。1K23.6㎡、一人暮らしのインテリア
goodroom journal

goodroom journal

専門家ライター

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。 インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

アートを生み出す創造空間。1K23.6㎡、一人暮らしのインテリア

アートを生み出す創造空間。1K23.6㎡、一人暮らしのインテリア

アート作品を住まいで楽しみたい方や、在宅勤務などでお部屋時間が増える中、心落ち着く空間を作りたいと考えられている方へ。

一人暮らしで好きなインテリアやアート作品を楽しみながら、ご自身も芸術活動をスタートされたというIkumiさんのお部屋を紹介します。

text & photo : Tsubottlee

 

 

琴線に触れたアートやインテリアは制限しない。

琴線に触れたアートやインテリアは制限しない。

好きなインテリアを十分に楽しめる住まいに暮らしたいという思いで一人暮らしをスタートされたというIkumiさん。新しいお住まいにはご自身で決められたルールがあったそう。

 

琴線に触れたアートやインテリアは制限しない。2

「自分がいいなと思ったアートや本、家具はいくつ買っても良いというルールにしています。沢山あるものを俯瞰した時にその人の世界観が現れていれば、どんな部屋も素敵に感じますね。」

 

琴線に触れたアートやインテリアは制限しない。23

お部屋選びの際に、印象的だったと話すグリーンの壁、窓際のunicoのカーテンも同じく緑を購入。

「IKEAなどいくつか見て回りましたが色合いが気に入って購入しました。ヒダも増やして見た目も更に自分好みになったと思います。」

 

鏡

zara homeのラージイレギュラーミラーは、ネットで見つけて実店舗でもサイズ感を確認して購入。

「鏡を探していてzara homeはバリエーションが豊富だというイメージはあったのですが、実際にお気に入りのものが見つかって良かったです。朝の準備はここで行うことが多いですね。」

 

鏡を2

合わせて鏡を置くサイドテーブルも購入。「簡単なもの置き場になるので、自分で描いた絵を乾かす場所としても使っています。」

 

トイレ

トイレにもたくさんの作品がありました。

「普段から美術館に行くことが多く、そこで見たものが作品にも影響を与えることが良くあるので、良いなと思った作品は目に入る場所に置くようにしていますね。」

 

インテリア

「好きなインテリアを置く分、家具は増えてスペースは埋まりましたが自分が好きなものを置ける暮らしはやっぱり心地よいと実感しました。」

在宅勤務でお部屋での時間が増えた分、好きなインテリアで気分を整えるということも有効なのかもしれません。

 

抜くところとこだわるところを考える。。

抜くところとこだわるところを考える。。

インテリアを満喫する空間として、家に置くアイテムもしっかり調べておかれているIkumiさん。ただ購入するアイテム選びは無理しすぎず、生活と相談しながら行われているそう。

「全て高額のこだわりインテリアにするのではなく、抜くところは抜き、こだわるところはこだわって空間を作っています。」

 

テーブルランプ

「例えばテーブルランプはニトリで購入しました。金額は高くないですが、壁の色合い、スペースとの相性も良く。SNSでもよく質問を頂くインテリアです。」

 

ナチュラル

ベッドも同じくニトリで購入されたものだそう。ナチュラルなカラーのウッドフレームが他のインテリアとも相性ぴったりですね。

 

 

スペース

逆に1日の中で使用するスペースにはしっかりこだわっています。

「在宅勤務や制作活動を行っているスペースのラグや机と椅子はヨーロッパ製で数万円かけています。見た目も居心地も良くて拘って良かったなと日々感じています。」

暮らしの中で、インテリアにもメリハリ付けて生活することが大切なんですね。

 

作品が活きる空間。

作品が活きる空間。

昨年から始められたというアート活動。作品はご自宅で制作されているんだそう。

「元々、母や叔母が芸術活動を行っていて、小さな頃からアートに触れる機会はあったのですが、コロナ禍で家での時間が増えたこともあり、活動を始めました。」

 

部屋

商品撮影もお部屋でされるということで、実際にご自身で描かれたアート“Twins – Nature”も飾られていました。

「写真では伝わりづらいかもしれませんが、どのインテリアにも合わせやすい色合いがポイントです。」

 

作品

Ikumiさんの作品は、何か1色ではなく、複数の色を混ぜて偶然生まれる名前のない色合いで作られるのが特徴だそう。鮮やかさとともに柔らかな印象を与えます。

 

部屋

またご家族の作品もお部屋の中では使われていました。お気に入りを集めたディスプレイスペースのテーブルはIkumiさんのお母さんが作られた作品。

 

壺

先ほどのミラー横にはおばあ様が作られたという壺がディスプレイされていました。ご自身の作品と同じ空間にあるというのが、なんだかほっこりして良いですね。

 

コラボレーション

最近では、他のクリエイターの方とコラボレーションしての作品もスタートされているとのこと。お住まいだけでなく芸術活動の展開も気になります。

 

Ikumiさん

現在の住まいから引越しを予定されているというIkumiさん

新しい住まいは二人暮らしで、制作活動も続けていかれるそう。

「住まいが新しい空間になるので、今置けていないソファは購入して、新たに寛げる空間も持てたらなと思っています。今の住まいで購入したアート作品も大切にしつつ、住まいの空間作りにはもっと拘っていきたいですね。」

自身の好きなインテリアやアートとご自身の芸術活動をミックスした住まいが素敵なIkumiさん。

新たな住まいでは、どんなお部屋出来上がり。また、その住まいをベースにどんな作品が生まれていくのか。これからが、まだまだ楽しみなお部屋でした。

Ikumi(iku.y)さんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/iku.y/
一人暮らしのインテリア実例を見る

東京・神奈川・埼玉・千葉 一人暮らし8万円以下の賃貸を探す
大阪・京都・神戸 一人暮らし7万円以下の賃貸を探す
名古屋 一人暮らし6万円以下の賃貸を探す
福岡 一人暮らし5万円以下の賃貸を探す
札幌 一人暮らし5万円以下の賃貸を探す

 

本

「私らしく暮らす。賃貸インテリア」特集はこちら

 

こちらもおすすめ☆