アクセント、空間の区切り、目隠しなど☆使い方はさまざまなパーテーション特集!

会社やお店などでよく見かけるパーテーション。自宅にパーテーションを設置している人を見たことがありますか?実は、使ってみると、色々な場面で対応してくれる便利なインテリアだったのです!

2016/10/05更新
アクセント、空間の区切り、目隠しなど☆使い方はさまざまなパーテーション特集!

会社やお店などでよく見かけるパーテーション。自宅にパーテーションを設置している人を見たことがありますか?実は、使ってみると、色々な場面で対応してくれる便利なインテリアだったのです!

使う場所やシーンで形・大きさなどが重要になってくるパーテーション

お部屋のアクセントに

鏡張りのパーテーション。窓際に置いても、日光が入ってきて明るさを保てます。木枠もインテリアに馴染んでいながらも、高さのあるしっかりとしたアクセントになっていますね。


 

自分好みのパーテーションに

それぞれの仕切りを自分好みに施すと、よりお気に入り感が増しますよ。


 

広告

 

デザイン性の高いものは一気におしゃれ空間に仕上げてくれる

柄物の大きい家具は動かすのが大変なこともあり、なかなか選びにくいですよね。しかし、パーテーションなら出したり片付けたりの動作がしやすいので、お部屋へおしゃれアイテムを投入したい時にぴったりですよ。


 

せっかくならとびっきり可愛いものを選んでみてもGOOD

とっておきのパーテーションをチョイスして、気分を上げるインテリアにしてみるのも良いですね。


 

目隠しとして本来の使い方も

奥が見えないタイプのデザインなら、お客様が来た時に目隠ししたいゾーンへパーテーションを立ててみると、すぐに対応出来ちゃいます。


 

TPOで折りたためるのは嬉しいところ

目隠しやインテリアとして不要になり片付けたい時や、掃除をしていて端に寄せたい時は、折りたためるパーテーションならサッと小さく片付けられます。


 

完全にインテリアとして設置してみるのも良い

折りたたみ式ではなく、完全に設計として建ててみるのも便利。1つの部屋を2つに分けることが出来ます。


 

お部屋の雰囲気に合わせたデザインで設計

お部屋のコーディネートや壁紙に合わせてパーテーションを作ってみると、馴染みがいいですね。


 

DIYで小窓タイプを付ける人も

キッチンのアクセントや、ほんの少しの目隠し効果も兼ね備えて、小窓をDIYする人も居るのだとか。


 

ただのパーテーションではなく機能性を高くすると便利

大きめにパーテーションを設置して、その壁面部分に機能をつけると便利なパーテーションに変身です!


 

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!