40代ショートボブにはインナーカラーをプラス♪大人女性におすすめの髪色って?

今回は40代ショートボブにおすすめのインナーカラーをご紹介します。髪の内側を外側と違う色で染めるインナーカラーは、今期も大人気のヘアカラー。学生や若い人だけのものと思われがちですが、実は40代の大人の女性にこそおすすめなんです。

公開日:
40代ショートボブにはインナーカラーをプラス♪大人女性におすすめの髪色って?
sasami

sasami

ライター

美容と本と甘いものが大好きな30代、1児の母です。すぐに試してみたくなる魅力的なヘアスタイルを、わかりやすくご紹介していけたらと思います。

40代のショートボブに合うインナーカラー特集!

髪の内側を外側と違う色で染めるインナーカラーは、今期も大人気のヘアカラー。学生や若い人だけのものと思われがちですが、実は40代の大人の女性にこそおすすめなんです。

彩度の高い色を入れるため肌が明るく見え、白髪もカバーできるなど嬉しい効果が多くあります。派手にしたくない方はショートボブで取り入れるとさりげなくお洒落になりますよ。今回は40代ショートボブにおすすめのインナーカラーをご紹介します。

40代のショートボブ向けインナーカラー《ベージュ系》

ラベージュのインナーカラー×黒髪

ラベージュ(ラベンダー+ベージュ)のインナーカラーに黒髪を合わせたショートボブです。

青みのあるラベージュのヘアカラーは、40代女性の肌を明るく透明感のある印象に見せてくれます。

こちらはイヤリングカラーと言って、耳の近くにだけ色を入れているので、通常のインナーカラーより目立ちにくく40代女性の初めてのインナーカラーにおすすめです。


 

 

アッシュベージュのインナーカラー×黒髪

アッシュベージュのインナーカラーに黒髪を合わせたショートボブです。

ベージュのヘアカラーはやわらかい印象になるものが多いですが、アッシュベージュは辛口な印象で、お仕事でスーツやジャケットなどが多い40代女性におすすめです。

黒髪や暗めのヘアカラーと合わせるとこなれ感が出て、かっちりした服装でも堅い印象にならずお洒落に見えます。


 

ハイトーンベージュのインナーカラー×アッシュ

ハイトーンベージュのインナーカラーにアッシュのヘアカラーを合わせたショートボブです。

外国人のような透明感が欲しい40代女性には、光の加減で金髪のように見えるハイトーンのベージュをおすすめします。

ハイトーンは40代には難しそうと思うかもしれませんが、ショートボブはインナーカラーの量が少ないこと、外側がアッシュ系でほど良いくすみ感があることで、なじみやすく痛い人に見えません。


 

オリーブベージュのインナーカラー×アッシュ

オリーブベージュのインナーカラーにアッシュのヘアカラーを合わせたショートボブです。

カーキやオリーブなど黄みがかったグリーンは日本人の肌になじみやすく、カジュアルな印象になります。

やわらかく見せたいけれど、可愛いすぎるのは苦手な40代女性におすすめです。

写真のように前髪を短めにしてポップなショートボブにすると、クールに寄り過ぎず親しみやすさも出せますよ。


 

ミルクティーベージュのインナーカラー×暗髪

ミルクティーベージュのインナーカラーに暗めのベージュのヘアカラーを合わせたショートボブです。

インナーカラーに興味はあるけれどしっかりコントラストが出るのは心配、という40代女性はパーマのショートボブに取り入れてみてはいかがでしょうか?

ストレートよりもインナーカラーがなじみやすく、違和感を感じません。インナーカラーと外側の髪色が同系色の濃淡ならより自然になりますよ。


 

40代のショートボブ向けインナーカラー《グレー・シルバー系》

ホワイトグレーのインナーカラー×ラベージュ

ホワイトグレーのインナーカラーにラベージュのヘアカラーを合わせたショートボブです。

グレー・シルバー系は、クール、シック、ミステリアスといった印象に仕上がり、可愛いよりかっこいいと思われたい40代女性におすすめです。

また顔まわりに白っぽい色を入れるので白髪をカバーするのにも適しています。さりげなくお洒落に白髪をカバーしたい40代女性にもおすすめですよ。


 

ホワイトのインナーカラー×ダークブラウン

ホワイトのインナーカラーにダークブラウンのヘアカラーを合わせたショートボブです。イヤリングカラーで耳の近くだけを染めています。

白髪の気になる40代女性がインナーカラーに挑戦するコツは、インナーカラーと外側の髪色をしっかりと対比させること。

外側の髪色が明るすぎると、インナーカラーが白髪っぽく見えてしまいます。外側の髪を暗めに、インナーカラーは明るい色を選びましょう。


 

ラベンダーグレージュのインナーカラー×暗髪

ラベンダーグレージュのインナーカラーに暗めのラベージュのヘアカラーを合わせたショートボブです。

ラベンダーグレージュはグレージュにラベンダーを混ぜたヘアカラー。肌に透明感を出したい40代女性におすすめです。

ラベンダーは肌に透明感が出ますが、青みが強いので肌が暗く見えることがあります。

しかしグレージュのくすみ感を持つラベンダーグレージュは、肌が暗く見えず透明感だけが強調されるんです。


 

シルバーのインナーカラー×ブラウン

シルバーのインナーカラーにブラウンのヘアカラーを合わせたショートボブです。

一見派手になりそうなシルバーのヘアカラーは、ポイントに使えばシックで洗練された印象が作れるお洒落色なんです。

黒髪や暗髪とも相性がよく、意外とどんな服装でも似合います。

写真のように内巻きや短めの前髪のショートボブに合わせれば、適度な甘さがありクールに転びすぎないので、40代女性に適度な甘辛バランスが手に入ります。


 

ミントグレージュのインナーカラー×ラベージュ

ミントグレージュのインナーカラーに黒髪に近いラベージュのヘアカラーを合わせたショートボブです。

グレー系で大人可愛いインナーカラーをお探しの40代女性には、ミントグレージュをおすすめします。落ち着いた色味ながら爽やかでフレッシュに見えますよ。

ほどよい透け感があるためグレー系でも軽さがあり、重めの髪型がお好きな40代女性に抜け感を出す色としても最適です。


 

40代のショートボブ向けインナーカラー《その他》

オレンジのインナーカラー×グレージュ

パキッとした鮮やかなオレンジのインナーカラーに、暗めのグレージュのヘアカラーを合わせたショートボブです。

少し個性的にしたい40代女性にはこんな遊び心のあるショートボブをおすすめします。

鮮やかなオレンジですがイヤリングカラーでさりげないので、奇をてらった感じにならずアクセサリーのように楽しめますよ。

潔いシンプルなショートボブに合わせているのがとてもお洒落ですね。


 

 

パープルのインナーカラー×赤みブラウン

パープルのインナーカラーに赤みブラウンのヘアカラーを合わせたショートボブです。

パープルのインナーカラーはブラウンと合わせればなじみやすく、40代女性にも取り入れやすいですよ。

赤みが強いと大人可愛く、青みが強いとかっこいい印象になります。

外側の髪色を赤みブラウンにすると都会的なお洒落感も出せます。モノトーンの服が多い40代女性のアクセントにもおすすめです。


 

ピンクのインナーカラー×ピンクベージュ

ピンクのインナーカラーにピンクベージュのヘアカラーを合わせたショートボブです。

赤みの強いピンクは肌色になじみやすく、40代女性を可愛らしく見せてくれます。

ショートボブとピンクの組み合わせは幼く見えそうですが、髪色もピンク系で統一すると奇抜にならず、40代の女性らしい落ち着いた印象になります。

頭を動かす度にインナーカラーのピンクがちらっと見えてとても可愛いです。


 

ワインレッドのインナーカラー×黒髪

深いワインレッドのインナーカラーに黒髪を合わせたショートボブです。

ワインレッドは色っぽい印象になります。ショートボブに合わせるとマニッシュなかっこよさが表現できるので、パンツスタイルが多い40代女性におすすめです。

この場合外側の髪色が同系色だと派手になりすぎるので、黒髪や暗髪を選び、耳まわりだけにさりげなく赤をしのばせましょう。


 

ブルーのインナーカラー×ダークブラウン

ブルーのインナーカラーにダークブラウンのヘアカラーを合わせたショートボブです。

寒色で遊び心のある髪色をお探しの40代女性には、ブルーをおすすめします。あざやかなブルーは肌の透明感が増して見え、クールかつモードな印象です。

鮮やかな色に抵抗のある40代女性でしたら、彩度を落としグレーに近い青も綺麗です。こちらもワインレッドと同様に、外側の髪色は暗色を選ぶといいでしょう。


 

40代のショートボブ向けインナーカラーまとめ

40代女性におすすめのショートボブのインナーカラーをご紹介しました。大人がお洒落に見えるシックなカラーがたくさんありましたね。

全体を染めるには躊躇するような鮮やかなヘアカラーも、インナーカラーなら気軽に取り入れられます。髪を耳にかけなければ見えないさりげなさも、TPOに合った髪型を求められる40代にぴったりです。ぜひお気に入りの髪型に挑戦してみてくださいね。

こちらもおすすめ☆