好きなものに囲まれて暮らす。デザイナーズ賃貸、二人暮らしの2LDK

念願叶って暮らすことになったデザイナーズ賃貸。お部屋に合わせて整えた、お気に入りの家具やインテリアに囲まれて暮らすご夫婦の2LDKを拝見しました。

著者:
公開日:
好きなものに囲まれて暮らす。デザイナーズ賃貸、二人暮らしの2LDK

好きなものに囲まれて暮らす。デザイナーズ賃貸、二人暮らしの2LDK

念願叶って暮らすことになったデザイナーズ賃貸。

お部屋に合わせて整えた、お気に入りの家具やインテリアに囲まれて暮らすご夫婦の2LDKを拝見しました。

text : Miha Tamura / photo : @70interior


 

 

「ここだ!」と決めていたデザイナーズ賃貸

nao. さんご夫婦がお住まいなのは、53㎡の2LDK。コンクリート打ちっぱなしの雰囲気がかっこいい、築浅のデザイナーズ賃貸です。

じつは3年前にこのお部屋を見つけて、「いいな」と思っていたというnao.さん。

「ここにずっと住みたくて、空くのを待ってたんです。やっと今年空きが出て、そのタイミングで引っ越すことを決めました」という、お気に入りのお部屋です。

 

決め手は、「コンクリート風の壁紙」ではない、本物の打ちっぱなしの壁。そのほかの建具などの色はすべて白で、シンプルなところも気に入っているそう。

「どんなインテリアにも合いそうだなと思って、それが決め手でした」


 

たしかに、シンプルで整った内装がとても使いやすそうなお部屋!

ダイニング・キッチンでは白系の家具を合わせて、うまく使いこなしていらっしゃいます。


 

お気に入りに囲まれたリビング・ダイニング。

お部屋も、「ここだ!」と思ったものを3年待っていたnao.さん。一番長い時間を過ごすリビング・ダイニングにおく家具やインテリアも、自分の好きなものをたくさん置くようにしているそうです。

 

一番のお気に入りのダイニングチェアは、昔からずっと欲しかったというマルセル・ブロイヤーの名作「チェスカチェア」。


 

ラタンとスチールの異素材の組み合わせがいいアクセント。お部屋の顔になっていますね。合わせたテーブルはIKEAのもの。


 

リビングの大きなソファもIKEA。ラグはネットで探して購入したもの。

「冷たい感じになりすぎないように、いろいろなテイストを組み合わせるのが好きです」


 

暖色系のラグとアラジンストーブが、打ちっぱなしのお部屋でもうまく暖かな雰囲気を作っています。

色のバランスなどの見た目はもちろん、「生活のしやすさ」にも気を配っているというnao.さん。

例えばリビングにはあえてコーヒーテーブルをおかずにベランダへの動線を確保したり、引越す前から家具の配置や収納の仕組みを吟味して決めたそう。


 

初めての対面キッチンは、収納が丸見えになることを逆手にとって、全てオープン収納に。

見せたくないものは全てカゴに入れるなど工夫しています。


 

ベッドルームは寝るための部屋。余計なものはおかずに、シンプルにベッドだけにしています。


 

もうひとつの部屋を思い切って衣装部屋に。壁に並べたハンガーラックと


 

IKEAのオープンラックKALLAXを使って、二人分の衣類を管理。


 

 

アクセサリーやサングラスなどは棚の上に見せて収納。植物などをうまく組み合わせていらっしゃるため、とても絵になります。


 

お部屋の選び方も、家具の選び方も。それらのひとつひとつの配置も。

「なんとなく」ではなくて、自分が「これだ!」と思えるものを選んでいったnao.さんのお部屋。

見た目にこだわるだけじゃなく、とても暮らし心地のよさそうなお部屋ができているのが、素敵だなと感じます。

nao. さんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/70interior/

二人暮らしのインテリア実例をもっと見る


東京・神奈川・埼玉・千葉 ふたり暮らし13万円以下の賃貸を探す
大阪・京都・神戸 ふたり暮らし10万円以下の賃貸を探す
名古屋 ふたり暮らし10万円以下の賃貸を探す
福岡 ふたり暮らし9万円以下の賃貸を探す
札幌 ふたり暮らし9万円以下の賃貸を探す

 

インテリア

「私らしく暮らす。賃貸インテリア」特集はこちら

 

本

人気の連載が、本になりました!

 

こちらもおすすめ☆