一人暮らしの「布団収納」はどうするのが正解?狭いスペースの活用アイデア集

一人暮らしの方はワンルームや1Kなど、収納スペースが限られているお部屋に住んでいる方が多いと思います。そんな時に困るのは、かさばる布団の収納方法ですよね。今回は、収納スペースが狭い一人暮らしさんにおすすめしたい、布団収納アイデアをご紹介!

公開日:
一人暮らしの「布団収納」はどうするのが正解?狭いスペースの活用アイデア集

一人暮らしの布団収納アイデア実例

一人暮らしの方はワンルームや1Kなど、収納スペースが限られているお部屋に住んでいる方が多いと思います。そんな時に困るのは、かさばる布団の収納方法ですよね。特に冬用の布団は厚みがあるため、押し入れやクローゼットを圧迫してしまいます。

そこで今回は、収納スペースが狭い一人暮らしさんにおすすめしたい、布団収納アイデアをご紹介します!

一人暮らしの布団収納アイデア:隠す収納

圧縮袋を使った一人暮らし向けの布団収納

布団収納といえば、定番は圧縮袋を使って布団のサイズを小さくして収納する方法です。

圧縮することで布団が平らで硬くなったら布団の上に物を多くことができるので、次に使うシーズンまで押入れで休んでてもらいましょう。

圧縮袋といえば掃除機で空気を吸うものが多いのですが、こちらの圧縮袋は掃除機を使わなくても圧縮できるのでおすすめですよ。

商品はこちら


 

 

縦置き収納袋を使った一人暮らし向けの布団収納

一人暮らしのクローゼットのスペースに横置きできるスペースが無い場合は、縦置きできる布団収納袋を選ぶのがおすすめです。

幅が広いベルトついているこちらの商品なら、布団をしっかり固定することで縦置きもできるようになっています。

もちろん横置きにも使える布団収納袋なので、スペースの空き状況によって使い分けできるんですよ。

商品はこちら


 

SKUBBを活用!一人暮らし向けの布団収納

一人暮らしの布団収納アイデア3

tk.ihome

圧縮袋を使った収納で布団のふんわり感を損ねる心配がある場合は、収納ケースを使いましょう。

IKEAのSKUBBはシングルの敷布団をコンパクトに収納できるのでおすすめです。

クローゼットや押入れに収納する前に布団をケースに入れてコンパクトにするのがコツ。

一人暮らしのワンルームなど限られた間取りでの収納も叶います。

こちらもケースを立てて収納できますよ。


 

突っ張り棒を使った一人暮らし向けの布団収納

一人暮らしの布団収納アイデア4

ito_mikayo

押入れやクローゼットに突っ張り棒を付けるアイデアは、デッドスペースを有効活用した収納が叶います。

夏用の布団・タオルケットなどの薄手の布団や枕などは、突っ張り棒を使って仕切ったスペースを活用しましょう。

突っ張り棒を使った収納は、布団の風通しが良くなるのでカビなどが発生しにくく、清潔に布団収納もできるのでおすすめですよ。


 

高さが変わる袋を使った一人暮らし向けの布団収納

布団収納袋もサイズ別に買い揃えると収納スペースを圧迫しますが、こちらの商品は高さが2段に変えられる収納袋なので、一人暮らしでも複数準備する必要が無く使えて便利ですよ。

隠しファスナーを開けると高さが2倍になるので、冬用の厚手布団・夏用の薄手布団どちらにも使えるのが嬉しいですね。

布団を収納していないときは衣類などを入れておくのもおすすめです!

商品はこちら


 

大トートバッグで片付く!一人暮らし向けの布団収納

[ムラサキスポーツ] STORAGE SIZES BAG/ストレージ サイズ バッグ トートバッグ SSB-104

[ムラサキスポーツ] STORAGE SIZES BAG/ストレージ サイズ バッグ トートバッグ SSB-104

4,180円

布団収納専用の袋を使わなくても、大きなバッグを布団収納に活用することができます!

布団収納に使わなくなった後は、普段のお買い物用として使ったり、ランドリーバッグとして使ったりするのもおすすめです。

半透明で耐水・防水性のあるトートバッグはアイデア次第でいろいろな使い方ができるので、アウトドア用のお出かけバッグとして持ち歩いてもおしゃれですよ。

 

ラックを活用した一人暮らし向けの布団収納

限られた収納スペースを活用するなら、キャスター付きのラックなどをクローゼットや押入れに入れてみてはいかがでしょうか。

一人暮らしでも来客用のお布団も収納できるくらいの収納力があるので、以外のアイテムも収納できるのでおすすめです。

キャスターが付いていることで布団の出し入れもしやすく、ラックがメッシュ状になっていることで押入れの中でも風通し良く収納できます。

商品はこちら


 

一人暮らしの布団収納アイデア:見せる収納

おしゃれ袋を使った一人暮らし向けの布団収納

出しっぱなしOKのおしゃれなデザインの布団収納袋を使うのがおすすめです!

押入れやクローゼットにお布団を収納できない方も見せる収納ができますよ。

円筒型の掛布団用収納袋と長方形の敷布団用収納袋の2個セットになっていて、置き場所を分けて別々に使ってもOKですが組み合わせるとソファのように使えるアイデア商品です。

一人暮らしでソファが欲しい方は、このような商品を活用してみてはいかがでしょうか。

商品はこちら


 

 

丸めてコンパクトになる一人暮らし向けの布団収納

一人暮らしの布団収納アイデア7

寒い冬の日、掛け布団にプラスしたい大き目ブランケットを1枚用意しておきたいものですね。

そんな時はこちらのアイデア商品がおすすめ!

丸めて持ち運びやすいバンドも付いているので、場所を選ばずそのままコンパクトに収納できます。

アウトドアやスポーツ観戦など持ち歩いてもおしゃれなデザインのブランケットは、使わないときには見せる収納にしてもGOOD!


 

布団をソファに◎一人暮らし向けの布団収納

布団をソファとして使うアイデアで人気の布団収納袋を使うと、収納スペースが無い一人暮らしのお宅でも布団を見せる収納にすることができます。

掛布団は背もたれに、敷布団は座面になるように収納袋に入れて、壁を使ってL字になるように配置するだけで一人掛けのローソファとして使えます。

元が布団なので座り心地も良く、ゆったり座れるのでリラックスできます。

商品はこちら


 

布団をプフ風に使う一人暮らし向けの布団収納

布団収納袋にはソファのよう布団を収納できるもののほかにも、モロッコのクッションスツール「プフ」のようにして家の中で場所を選ばず使えるアイデア商品もありますよ。

フレンチリネン生地の風合いがおしゃれで、洗濯機で丸洗いできるのもおすすめしたいポイントです。

洗濯するごとに風合いが変わって生地を育てる感覚が楽しめるだけでなく、いつでも清潔に使えるのが嬉しいですね。

商品はこちら


 

ソファでも活用!一人暮らし向けの布団収納

一人暮らしの布団収納アイデア10

kfk2080

お部屋にソファがある方は、寝るとき以外はソファーに掛けておいて見せる収納に使うアイデアも素敵ですよ。

柔らかな肌触りのタオルケットは、普段はソファではブランケット代わりとして使い、冬は掛布団に追加したり夏はタオルケットのみで使ったりすれば、押入れやクローゼットに収納する布団の量を少しでも節約することができるおすすめアイデアです。


 

ハンガーラックを使った一人暮らし向けの布団収納

押入れやクローゼットにお布団を収納できない場合は、ハンガーラックを使って洋服などと一緒に見せる収納アイデアを取り入れてみてはいかがでしょうか。

ハンガーラックの下段に収納ラックが付いているラックを選ぶのがおすすめ!

薄手のお布団やブランケットなどが収納できますよ。

肌寒い日にさっと手に取れる手軽な収納が魅力的ですね。

商品はこちら


 

バスケットでスッキリ!一人暮らし向けの布団収納

キャスター付きのバスケットに薄手のお布団を収納すると、見せる収納が叶います。

キャスター付きなので寝室スペースとリビングスペースなど場所移動も楽ちんで、バスケットの中に収納したブランケットやタオルケットをすぐに手に取ることができるのでおすすめ。

お布団やベッドの近くに置いておき、サイドテーブルとして使っても良いおしゃれなバスケットですよ。

商品はこちら


 

綺麗に畳むのが◎一人暮らし向けの布団収納

一人暮らしの布団収納アイデア13

kayo.home00

お部屋の隅に綺麗に畳んで収納すれば、お布団を出したままでもスッキリとした見せる収納ができますよ。

お部屋のインテリアの雰囲気に合ったシンプルなデザインの布団カバーを使えば、そのままソファとして使ってもOK!

どうしても押入れやクローゼットに収納スペースを確保できない場合は、お布団をそのまま使っている場所に置いてインテリアとして見せることを考えた布団カバーを選びましょう。


 

一人暮らしの布団収納アイデア実例まとめ

スペースが限られる一人暮らしで使いたい布団収納アイデアをご紹介しました。特に一人暮らしの方はたくさんの収納アイテム1つのアイテムで複数の使い方ができるもの、代用できるものを活用するのがおすすめ。

布団を見せる収納にするか、目隠し収納にするかを決めたあとは、空いているスペースを有効活用してデッドスペースを作らないような収納アイテムを選んでくださいね。

こちらもおすすめ☆