冷蔵庫の配置どうしてる?使い勝手の良いおすすめのキッチンレイアウトを紹介!

冷蔵庫は調理に必要な食材だけでなく、おやつや飲み物を取るために何度も開け閉めするので、どこを配置場所するかは大問題。新築やリフォームをお考えなら使い勝手のいいレイアウトになるように、マンションにお住まいならおすすめの定位置をご紹介します。

著者:
公開日:
冷蔵庫の配置どうしてる?使い勝手の良いおすすめのキッチンレイアウトを紹介!

キッチン内の冷蔵庫の配置

キッチンには食事の支度で1日に何度も足を運びます。冷蔵庫は調理に必要な食材だけでなく、おやつや飲み物を取るために何度も開け閉めするので、どこを配置場所するかは大問題。

それだけでなくシンクやレンジ、カップボードの位置によって家事の能率が違ってきます。新築やリフォームをお考えなら使い勝手のいいレイアウトになるように、マンションにお住まいならおすすめの定位置をご紹介します。動線に合わせた配置でサクサクと家事がこなせるようになりますよ。

冷蔵庫の配置で気をつけたいこと

冷蔵庫とシンクとレンジの配置関係

冷蔵庫とシンクとレンジの配置関係

makochi.m

使い勝手がグッと良くなる配置は、冷蔵庫とレンジ、シンクがトライアングルになるときです。

3点間のそれぞれの距離を、冷蔵庫とレンジは1.2~3m弱、シンクと冷蔵庫は1.2~2mを少し超えた程度、レンジとシンクは1.2~2m弱にセッティングするのが理想的。

この距離感に収まれば、調理のときに移動が苦になりません。作業効率がアップするのでおすすめです。

キッチンが広々としていれば、使いやすいというわけではないようです。また狭すぎても同様で注意が必要ですね。


 

 

冷蔵庫の配置は移動順序から考える

冷蔵庫の配置は移動順序から考える

sho.candy

調理をする場合、冷蔵庫から食品を取り出しシンクで洗い調理台でカット。

そしてレンジで加熱してカップボードから食器を取り出し配膳台で配膳する、というのが流れですよね。

冷蔵庫、レンジ、シンク、この3つのそれぞれの配置は、一連の動きに逆らわないようにすると使い勝手が良くなります。

右利きの方は冷蔵庫、シンク、調理台、レンジが右回りになるように配置するといいですよ。左利きの方はこれを逆にするのがおすすめです。


 

冷蔵庫の配置とキッチンに立つ人数

冷蔵庫の配置とキッチンに立つ人数

rinko5511

キッチンで冷蔵庫は一日に何度、開閉するかわかりません。調理中にお子様がおやつや飲み物を取りに来ることがありますよね。

料理の最中でも注意がいらないように、通路に十分な幅を持たせておきたいところ。

2人で利用することを考えると1.2m程度の幅があると使い勝手が良くなります。

ちなみに1人なら0.9m程度がおすすめ。基本的には、キッチンの入り口近くに配置するといいですよ。


 

冷蔵庫の配置《I型》

冷蔵庫の配置とI型キッチン①

冷蔵庫の配置とI型キッチン①

yururiyurami

写真で見ると冷蔵庫は一番奥に配置されています。冷蔵庫をあまり出しゃばらないようにしたいときにおすすめ。

鍋やせいろなどはガス台の下に、上にはお玉や菜箸があり使い勝手が良さそうですね。それに相対する形で配膳できる場所があるようです。

すぐそばにはダイニングがあり、ホカホカの作りたてのお料理がいただけます。効率の良い作りになっていておすすめです。


 

冷蔵庫の配置とI型キッチン②

冷蔵庫の配置とI型キッチン②

masumi_04

Ⅼの字型の対面式のカウンターテーブルが取り付けられた小粋なダイニングキッチンです。よく見るとキッチン部分が壁にぺったりと接しているI型ですね。

冷蔵庫は出入り口からすぐ入ったところに配置されています。この場所ならキッチンの前を通ることなく飲み物を取れるので、調理中でも邪魔にならずおすすめです。

冷蔵庫のある左から右へと、作業の流れに逆らわずに配置してあるので、動線に添っていて使い勝手も良くなっています。


 

冷蔵庫の配置とI型キッチン③

冷蔵庫の配置とI型キッチン③

parade_318

I型は狭いキッチンの場合でも配置しやすいのでおすすめです。壁面を利用して調味料やよく使う食器が置かれていて良い使い勝手になっています。

棚がセッティングされて冷蔵庫の上方には食材がストックされていますね。省スペースになるので、この収納はおすすめです。

コンパクトに収まっているため、横に移動するだけですべての作業をこなすことができますね。


 

冷蔵庫の配置《Ⅱ型》

冷蔵庫の配置とⅡ型キッチン①

冷蔵庫の配置とⅡ型キッチン①

yukaaaaa0515

ダイニング側にシンクがありますね。それに相対する形でガス台が壁に接して置かれています。漢字の二の字ように調理スペースが2つに分かれているのがⅡ型です。

分かりずらいですが、左端にちらっと見えるのが冷蔵庫でしょう。

冷蔵庫、シンク、ガスレンジを点と考えて結ぶとキレイな三角形になっていて、使い勝手の良さがうかがえます。

すべてがステンレスの板で覆われていますね。熱い鍋でも置くところを選ばずおすすめです。


 

冷蔵庫の配置とⅡ型キッチン②

冷蔵庫の配置とⅡ型キッチン②

acoknack

キッチンに対して丁度いい大きさの冷蔵庫が置いてあります。大きすぎても小さすぎても、全体としてちぐはぐな印象になるので注意しましょう。

こちらも三角形の配置で、程よい距離感があっておすすめです。水回りとレンジが別々なので収納がたっぷり取れて使い勝手もグッド。

この例では大丈夫ですが、シンクの真後ろにレンジがあるとフライパンなどの取っ手にぶつかることも。振り返って作業することが多くなるので注意しましょう。


 

冷蔵庫の配置とⅡ型キッチン③

冷蔵庫の配置とⅡ型キッチン③

botanical.0715

こちらも2型のキッチンです。横移動が少なく効率の良い動線を確保できて、おすすめです。

右側に入り口がありますが、入るとパントリーになっていて冷蔵庫は目隠しされて収まっています。

そのためとてもすっきりとして使い勝手もよさそう。場所を必要とするため、計画は新築する際にすると良いですよ。

調理台に置くものを減らして、生活感を出したくないときにいいですね。


 

冷蔵庫の配置《ペニンシュラキッチン》

冷蔵庫の配置とペニンシュラキッチン①

冷蔵庫の配置とペニンシュラキッチン①

yyuuuurie0616

ペニンシュラキッチンは対面式で、かつ左右どちらかの壁に接した形式です。Ⅱ型との違いは、シンクとレンジが一体となっているところです。

こちらではクリアな椅子が一つあり、カウンターテーブルとして簡易的に利用できますね。この位置の冷蔵庫なら言うことなしの使い勝手です。

吊り戸棚やキッチンの下、向かいの作業台の下は収納になっています。カップボードいらずの大きな収納でおすすめです。

配膳する場所が十分に確保できていて効率が良さそうですね。


 

 

冷蔵庫の配置とペニンシュラキッチン②

冷蔵庫の配置とペニンシュラキッチン②

yocchi_now_

家族を見渡せることが対面式キッチンのメリットです。ダイニングテーブルがピタッと接していてカウンターのようですね。

正面に見える引き戸の中には食器類が収まり、カップボードの役目を果たしていると思われます。

シンクからもレンジからもすぐそばにあり使いやすいので、この位置にするのはグッド。

冷蔵庫は出入り口からすぐ入ったところにあり、調理する人と動線が被らない配置ですね。


 

冷蔵庫の配置とペニンシュラキッチン③

冷蔵庫の配置とペニンシュラキッチン③

mayumichan12

後方には大容量の収納がセッティングされていますね。カップボードがなくても食器類がすべて片付くのでおすすめです。

こちらの場合では、レンジの後ろに冷蔵庫を配置していますが、通路の幅が十分にとられているので、振り返っても危なくないですね。

対面式キッチンにカウンターテーブルがぴったりとくっついています。出来立てのお料理をここでいただくこともできますね。


 

冷蔵庫の配置《アイランドキッチン》

冷蔵庫の配置とアイランドキッチン①

冷蔵庫の配置とアイランドキッチン①

eri_____i.m

一体となったシンクとレンジが、壁と接していない形式をアイランドキッチンといいます。家族皆が取り囲んで調理ができますね。

ホームパーティーが多いご家庭におすすめな形態です。カップボードが2つ並び、そのすぐ右隣に冷蔵庫が並んで配置されていますね。

左から開ける扉ですが、右側に干渉するものがないので使い勝手も抜群です。

もし右から開ける冷蔵庫だった場合、隣のカップボードから物を取りだしにくくなります。扉の開きがどちらなのかは重要な注意事項です。


 

冷蔵庫の配置とアイランドキッチン②

冷蔵庫の配置とアイランドキッチン②

rika.i.house

奥がダイニングのアイランド型のキッチンです。冷蔵庫はダイニングテーブルと向かい合って配置されていますね。

調理の流れに添ったセッティングで、これなら使い勝手がいいはず。たくさんの収納があるので、カップボードの代用として多くの食器類が整理できますね。

この形式は、ごちゃごちゃしていると悪目立ちしますが、こちらはすっきりと片付いています。清潔感を感じる白でまとめられていておすすめです。


 

冷蔵庫の配置とアイランドキッチン③

冷蔵庫の配置とアイランドキッチン③

interior_ami

対面式のカウンターキッチンは、料理している作業がダイレクトに見られてしまいます。そのため散らかった印象になることも。

こちらでは見えないように少し目隠しがされています。多少ごちゃついても気にならず、おすすめですよ。冷蔵庫の配置が入り口近くで使い勝手がいいですね。

扉は中央付近から左右に開くタイプですが、問題なく開くことができそうです。ⅬDKのお部屋が広く感じられるレイアウトですね。


 

冷蔵庫の配置《その他》

冷蔵庫の配置とⅬ型キッチン

冷蔵庫の配置とⅬ型キッチン

yuko96

Ⅼ字型はI型の次に採用が多いタイプ。

調理するガスレンジ、食材をカットしたり配膳したりする作業台、食材や食器を洗うシンク、冷蔵庫をなぞると配置がアルファベットのⅬの字のようになっています。

またきれいな三角形を描いているので使い勝手もアップ。おすすめの形態です。この形式を選ぶならⅬDKの間取りの場合、最低でも16畳は欲しいところ。

I型と比較すると必要な面積は大きくなります。作業スペースが他の形態より多くとれているため、作業効率は高くなっています。


 

冷蔵庫をはめ込んで配置

冷蔵庫をはめ込んで配置

makkymacky

冷蔵庫の奥行きはカップボードに比べても深いですよね。こちらでは通路が凸凹にならないように、冷蔵庫用の位置を少しバックさせてスムーズな移動を可能にしています。

見た目も使い勝手もすっきりとしました。新築やリフォームをお考えの方に、おすすめのテクニックです。

両開きタイプですが、両サイドに余裕があるので開き具合も抜群です。清潔感が感じられる白をメインカラーにしていて、かわいらしいキッチンです。


 

冷蔵庫をキッチンと垂直に配置

冷蔵庫をキッチンと垂直に配置

natsu._.log

冷蔵庫をキッチンに対して垂直な関係になるように配置しています。

分かりずらいですが、キッチンは左右どちらの壁からも一体化していないアイランド型で、冷蔵庫まで含めるとアルファベットのⅬの形に捉えられます。

シンクの背後に冷蔵庫を置くと通路が狭くなってしまうときにおすすめの配置です。

冷蔵庫の扉も開けやすそうですね。作業スペースも確保されていて使い勝手もよくなっています。


 

キッチン内の冷蔵庫の配置まとめ

冷蔵庫の配置を中心にキッチン例を挙げてきました。作業効率を考えた配置にすると、キッチンでの滞在時間がそれまでと比べて変わってきます。またレイアウト次第で家族が家事に参加しやすくなりますよ。

新築やリフォームのようにゼロから理想を実現できる場合も、マンションのように位置をあまり変えられない場合も、食事の支度の効率がよくなるピッタリした形を見つけたいですね。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告