【連載】《無印収納》のボックスを夏仕様にDIY!100均グッズでカスタマイズ

無印良品の収納ケースは、見た目のシンプルさと使い勝手の良さで人気です。我が家もキッチンにリビングにと、大活躍しています。 いつもの収納ケースを、ほんの少しカスタマイズしてもっと使いやすくしてみました。見た目の涼しさもプラスして、夏のインテリアにもピッタリに仕上げました。

公開日:
【連載】《無印収納》のボックスを夏仕様にDIY!100均グッズでカスタマイズ
田川瑞枝

田川瑞枝

片づけのプロ

モノの片づけを通して生き方の整理整頓を伝えている。「暮らしを楽しむことを諦めない」をモットーに、100均雑貨を使った着想的収納術をブログやWEBサイトで公開。著書『中高生からの思考の整理術ワークブック』を元に、2015年より高校で片づけの授業を行っている。2016年片づけ大賞審査員特別賞受賞。「思考の整理収納塾」代表。

シンプルさに一工夫

無印良品の収納ケースは、見た目のシンプルさと使い勝手の良さで人気です。我が家もキッチンにリビングにと、大活躍しています。

いつもの収納ケースを、ほんの少しカスタマイズしてもっと使いやすくしてみました。見た目の涼しさもプラスして、夏のインテリアにもピッタリに仕上げました。

無印良品小物収納ボックス3段

小物を収納するのにピッタリの無印良品のポリプロピレン収納ボックス3段。

サイズは、約幅11×奥行24.5×高さ32㎝です。

縦横どちらでも使えて、中に仕切りがあるので入れるモノに合わせて使い方を変えられます。


 

開ける時は真ん中の穴に指を入れて引き出します。


 

 

半透明が気になるので100均グッズで目隠し

このケースは半透明なので、中が透けて見えてしまうのを防ぐ為に100均セリアで購入したPPシート不透明を使って見えなくします。

サイズは約縦50×横35㎝。素材はポリプロピレンで厚さ0.075㎝なので、簡単にカッターで切ることが出来ます。


 

引き出しのサイズに合わせてカッターを数回繰り返して切り込むとキレイに切れます。


 

中が見えなくなりました。でも、これだと穴もふさがって開けずらくなります。


 

つまみをつけて

そこで引き出しやすいようにつまみを付けることに。使うのは、100均セリアの引き出し用つまみ。

色々ある中でアクリル樹脂で出来たジュエルクリアを選択。


 

指入れの穴がつまみをつけるのに役立ちました。設置場所に目印をつけます。


 

キリなど先端の尖ったモノでガイド穴を開けます。私は、持っていないのでカッターで。


 

先端の細いモノでさらに穴をあけていきます。私は糸切ばさみを使いました。


 

かなり大胆にグリグリ押し込んで。PPシートは柔らかいので簡単に開けられます。ネジの太さなるまで開けていきます。


 

ネジは一番短い物を使用しました。


 

取っ手が出来ました

シンプルな引き出しに取っ手が付きました。


 

 

上から見た感じ。クリアタイプなのでスッキリ見えます。


 

引き出す動作もスムーズでストレスなし!


 

小物収納ボックス3段取っ手付きの完成です。


 

さらに目隠し

このケースは、全体が半透明なので上からも中が透けて見えます。

気になるところは全部隠しましょう。


 

PPシートを贅沢にカット。


 

これで上からも見えなくなりました。


 

夏にピッタリ!

無機質な文房具コーナーが取っ手一つでシンプルなのにカワイイ空間に変身しました。


 

上から中が見えなくなったので雑貨も映えますね。


 

アクリルの取っ手がライトにキラキラ光って夏にピッタリ!インテリアに涼しさをプラスしてくれます。


 

シンプルさにカワイイ一工夫をプラス

クリアタイプの取っ手は、悪目立ちしないのでスッキリの中にカワイイがプラスされました。

無印良品の収納ボックスはそれだけでシンプルで完成されていますが、取っ手を付けたことでさらに使い勝手がアップ。

自分仕様にカスタマイズして使いやすく工夫してみるといいですね。

田川瑞枝さんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆