お部屋の中で癒されたい!観葉植物をインテリアに取り入れる3つの方法

お部屋の中でも育てられる観葉植物は、忙しい毎日の生活の中で疲れた体や心を癒してくれるパワーがあります。オフィスやホテルなどでは、人々のポジティブな気分を高めてくれたりといった効果を期待して配置している場合もあるそうです。

著者:
公開日:
お部屋の中で癒されたい!観葉植物をインテリアに取り入れる3つの方法

観葉植物が与えてくれる癒し

お部屋の中でも育てられる観葉植物は、忙しい毎日の生活の中で疲れた体や心を癒してくれるパワーがあります。

オフィスやホテルなどでは、インテリアのアクセントやデコレーション目的だけでなく、人々のポジティブな気分を高めてくれたりといった効果を期待して観葉植物を配置している場合もあるそうです。

癒しパワーのある観葉植物を上手にインテリアに取り入れる方法を見ていきましょう。

鉢植えで楽しむ観葉植物

ソファ×植木鉢

ソファ×植木鉢

widadesign

出典:instagram.com

リビングに観葉植物の鉢上を置く場合、置く位置によってもおすすめの植木鉢の選び方は異なります。

例えばソファサイドに置く場合は、ソファの色味を同じ色の植木鉢を選ぶと一体感が出ます。

こちらの海外インテリアでは、グレーのソファに合わせて植木鉢もグレーを選択。インテリアに使われている色数を抑えてシックな空間にまとめています。


 

 

TVボード×植木鉢

TVボード×植木鉢

shinkok

こちらはソファではなくテレビの横に観葉植物を置いているリビングです。

テレビを載せているテレビボードと、そのお隣にある両開きの扉付きキャビネットは、どちらも白。

そこで、背の高い観葉植物を植えている植木鉢も、カラートーンを合わせた白を選択しています。

こちらのリビングは、壁や天井も白いので、白い植木鉢が良く似合っていますね。


 

ベンチ×プランターカバー

ベンチ×プランターカバー

leclairdecor

出典:instagram.com

お部屋のコーナーに背の高い観葉植物を置く方法は、定番中の定番です。

葉っぱの形や葉っぱが向いている方向を見極めながら、お部屋の中でのベストポジションを探してみましょう。

観葉植物からの癒しをより強く感じるためには、鉢カバーに天然素材を編んで作った持ち手付きのカゴバスケットがおすすめ。

ベンチシートの色味もあっていますし、南国リゾート風のコーナーが簡単に作れる点も魅力です。


 

脚付きスタンドで観葉植物を楽しむ

リビング×脚付きスタンド

リビング×脚付きスタンド

leclairdecor

出典:instagram.com

観葉植物の鉢は、床に直接置く方法のほかに、植木鉢スタンドを使う方法があります。

脚付きのスタンドは高さが出せるので、観葉植物自体の背が低くてもOK。置く位置によっては、窓から差し込む日の光も浴びやすくなるかもしれません。

脚が細いタイプのスタンドは、視界の抜けも良くコンパクトなお部屋にもおすすめです。


 

玄関×脚付きスタンド

玄関×脚付きスタンド

annapple_house

出典:instagram.com

こちらは玄関にある脚付きスタンドです。ご家族やお客様の目につきやすい位置に、ナチュラルな白木の脚が付いたスタンドが置かれています。

フローリングや背後の壁面にあるディスプレイ収納用の棚板シェルフ、建具の色味とプラントスタンドの脚の色味がそろっている点に注目です。

色数を抑えることで、落ち着きのある癒しの空間が生まれています。


 

階段脇×脚付きスタンド

階段脇×脚付きスタンド

amiagram

こちらは階段脇に設置された脚付きのプランタースタンドです。

どっしりとしたグレーの植木鉢は、セメントにガラス繊維を混ぜているそう。すっきりとしたシンプルなスタンドは、視線が抜けるので圧迫感もありません。

植木鉢の下の大掃除もしやすいですし、観葉植物のお世話も腰を曲げずにできるので便利です。


 

観葉植物をぶら下げて楽しむ

北欧インテリア×観葉植物

北欧インテリア×観葉植物

htm_g0320

出典:instagram.com

カラフルなタペストリーのあるリビングに、たくさんの観葉植物がディスプレイされています。中でも目を惹くのは天井からハンギングされた植物たち。

下に向かって垂れ下がるように育っていく種類の観葉植物には、まさにうってつけのディスプレイアイデアです。

ハンギングディスプレイの場合は、人が移動するときに頭にぶつからないように位置や長さに気を付けるようにしましょう。


 

アイアン階段×観葉植物

アイアン階段×観葉植物

____n.a.n.a.n.a

出典:instagram.com

シャープでモダンな印象のあるアイアン製の階段を利用して、ハンギングポットを2つディスプレイしているアイデアです。

ハンギングポットも、植えている観葉植物も、あえてそろえずバランスを楽しんでいます。

とはいえ、ナチュラルな色味や天然素材といった共通点のあるハンギングポットを選んでいるので、違和感はありません。


 

照明レール×観葉植物

照明レール×観葉植物

tongarihouse

中庭に面した窓を背景にしたダイニングスペース。

天井に設置された照明用のレールに、ハンギング用のフックを取り付けてさまざまな観葉植物をぶら下げています。

それぞれ葉っぱの色味や形、伸びていく方向などが違うので、いくら見ていても見飽きないほど。

床置きの鉢植えやレンジフードの上に置かれたミニ植物など、グリーンに包まれた癒しの空間です。


 

照明レール×フェイクグリーン

照明レール×フェイクグリーン

mayukamu18

観葉植物のお手入れが大変、という方にはフェイクグリーンもおすすめです。

かなりリアルに作られているものが次々に登場しているので、パッと見にはフェイクなのかリアルなのかわからないほど。

フェイクグリーンのメリットは、お世話をする必要がないので、長期間家を空ける場合も心配がいらない事。

手が届きにくい高い位置にハンギングしてもOKなこともメリットの1つでしょう。


 

観葉植物でお部屋をナチュラルに彩ろう

観葉植物をインテリアに取り入れる方法として、植木鉢の選び方や脚付きスタンドのすすめ、さらにはハンギングという方法をご紹介しました。

観葉植物のサイズや育ち方、葉っぱの形などに合わせて適切な植え方や配置の仕方を選ぶようにしましょう。観葉植物のお世話が苦手な方は、リアルなフェイクグリーンもチェックしてみてください。

観葉植物でお部屋をナチュラルに彩り、心身ともに癒されてみませんか。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告