【連載】エコバッグの不満を解消&家事時短!誰でも簡単にたためるシュパット!

今回は、話題のエコバッグ『シュパット』をご紹介したいと思います。誰でもとっても簡単にたためて、大容量なのにコンパクトになる便利なアイテムでした!

公開日:
著者:
【連載】エコバッグの不満を解消&家事時短!誰でも簡単にたためるシュパット!

これまでの不満を解消!誰でも簡単にたためるエコバッグ!

今回は、話題のエコバッグ『シュパット』をご紹介したいと思います。誰でもとっても簡単にたためて、大容量なのにコンパクトになる便利なアイテムでした!

シュパッとたためる、おしゃれなエコバッグ!

シュパッとたためる、おしゃれなエコバッグ!

『Shupatto(シュパット) コンパクトバッグ M』

材質:ポリエステル耐荷重:5kg容量:14.5Lサイズ:約30×32cm(バッグ使用時)、約φ6×8cm(折りたたみ時)

『Shupatto(シュパット) コンパクトバッグ Drop』

材質:ポリエステル耐荷重:5kg容量:16Lサイズ:約28×56cm(バッグ使用時)、約8×10×4cm(折りたたみ時)

 

 

シュパッとたためる、おしゃれなエコバッグ!2

シュパットはサイズやシリーズ展開が豊富で、保冷タイプやリュックサック・ショルダーバッグにもなるモノなど、用途によってタイプを選ぶことができます。

たくさんのラインナップの中からわたしが選んだのは、普段使いしやすそうなMサイズとDropの2種類です。

カラーは、Mサイズが斜ストライプ(S411ST)、Dropがグレー(S460GY)です。

柄やカラーがシリーズごとに違うので、たくさん選択肢があって選ぶのがとっても楽しかったです!

 

シュパッとたためる、おしゃれなエコバッグ!23

Mサイズは、プリーツの折り目が特長的ないろいろなシーンで使える定番サイズ。

荷物を入れると丸い形になり、荷物の重さで袋口がしぼられて中身が見えにくくなります。

Dropは、袋口が自然にすぼまるしずく形のスマートな縦型タイプ。

荷物の収まりがよく、荷物をたくさん入れても省スペースでかさばりません。

 

シュパッとたためる、おしゃれなエコバッグ!5

Mサイズには、なんと43×43cmのクッションがすっぽり入りました!

どちらのバッグも袋口が大きく開くので荷物が入れやすく、中に入れるものの形状によりフィットする形状に変化してくれるので、入れる荷物を選ばずすごく使いやすいと思いました。

 

シュパッとたためる、おしゃれなエコバッグ!s

どちらのバッグも、待ち手が長く肩掛けできるので持ち運びも楽です。

大容量ですがとっても軽いポリエステル製で汚れも付きにくい素材なので、気軽に使えて使い勝手もすごく良いです。

スーパーでのお買い物や公園へのおでかけ、外出先で荷物が増えた時など、いろいろなシーンで活躍してくれそうなちょうどいいサイズだと感じました。

 

シュパッとたためる、おしゃれなエコバッグ!g

そしてシュパットの最大の特徴は、バッグのたたみ方です。

空になったバッグの端のテープを持ち、両側をシュパッと引っ張るだけ!

すると大きく広がっていたバッグが、一気に写真のような細長い帯状になります。

あとは何度か折りたたんでいくだけで、元通りのコンパクトな状態に簡単に戻ります。

エコバックって折り目が使っているうちになくなってしまうと、たたみ方が分からなくなってしまったりうまくいかなくて何度かやり直したり・・・。

これまでのエコバッグは便利に使ってもしまうのが面倒なのが不満でしたが、シュパットは不満を解消してくれるどころかたたむのが楽しくなってしまいます!

誰でも簡単に小さくたためて、後片付けがとってもスムーズなので時間短縮にもなります。

 

シュパッとたためる、おしゃれなエコバッグ!fff

たたむと手の平に収まる、コンパクトサイズになります。

かなり大きな容量のバッグなのに、こんなにコンパクトになるなんて感動的でした!

こんなに小さくなるのならいつもバッグの中に入れておくことができるので、必要な時に限ってエコバッグがナイ!なんていうこともなくなりそうです。

 

シュパッとたためる、おしゃれなエコバッグ!g

両端を引っ張って一気にたためる『Shupatto』は、しまうのが面倒という不満を解消してくれる画期的なエコバッグでした。

日々使うモノなので、ストレスなく使えるのはとっても大事だと思いました。

お気に入りのエコバッグが、また増えて嬉しいです!

 

お気に入りのエコバッグで、お買い物をさらに楽しく!

今年7月からのレジ袋有料化に向けて、いろいろな店舗で有料化が進んでいます。

自分の生活スタイルにあったお気に入りのエコバッグを使うことで、日々のお買い物もさらに便利に楽しくなってくれそうです。

この機会に、お気に入りのエコバッグを探してみてはいかがでしょうか。

usagi worksさんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告