自分の城をもっと自由に!キッチン背面で楽しむインテリア♪

主婦の城と言っても過言ではない、日々の活動拠点であるキッチン。一日のうちでも過ごす時間の多いキッチンだからこそ、自分好みのインテリアを楽しみたいものです。 今回は、主にキッチン背面、飾り棚スペースなどのインテリア実例をご紹介していきます。

著者:
公開日:
自分の城をもっと自由に!キッチン背面で楽しむインテリア♪

キッチン背面でインテリアを楽しむ

主婦の城と言っても過言ではない、日々の活動拠点であるキッチン。一日のうちでも過ごす時間の多いキッチンだからこそ、自分好みのインテリアを楽しみたいものです。

今回は、主にキッチン背面、飾り棚スペースなどのインテリア実例をご紹介していきます。

ママたちの癒しの空間をのぞいてみよう

飾るものはテイストを揃えて

キッチン背面インテリア

m035_kurashi

キッチン背面は作業だけの場所ではなく、インテリアの要素もたっぷり取り入れられる空間です。小物類はテイストを揃えて選ぶのがベター。

白を基調とした背面なら木のアイテムをメインに、そこにさし色をプラスしてシンプルにまとめても良いですね。

木の素材のアイテムはどんなインテリアにも馴染みやすく、おしゃれ要素もバッチリです。


 

 

飾り棚にはお気に入りの雑貨を

キッチン背面インテリア2

emiyuto

小さめの飾り棚なら、大好きなものを集めた空間にするのも良いですね。背面にカラーがあれば、雑貨や小物も良く映えます。

お気に入りの食器や雑誌、グラスやキャニスターなど、自分好みのテイストにまとめて飾っていきましょう。

フェイクグリーンやドライフラワーを飾っても素敵ですよ。


 

背面は色で使い分ける

キッチン背面インテリア3

eri_____i.m

カラーの背面とホワイトの背面の両方を設けたキッチン背面です。それぞれの場所には、背面のカラーと相性が良い雑貨をディスプレイ。

色によって置く場所を決めることで、上手に使い分けできるようになるのもメリットのひとつです。

整理整頓もしやすくなるので、何かポイントを決めて収納場所を設定してみましょう。


 

暗めの背面は雑貨が良く映える

キッチン背面インテリア4

saaaachi0601

ダークカラーの背面には、明るめカラーの雑貨をディスプレイするのがおすすめです。

色と色のコントラストがはっきりしてくると、インテリアにメリハリが生まれます。

存在感を出したい雑貨や、ポイントに置きたいアイテムなどは、コントラストを意識して並べるようにすると良いでしょう。


 

背面は収納力で勝負

キッチン背面インテリア5

yu_mi_ho

おしゃれなキッチン背面も憧れますが、収納力抜群の実用性も魅力的です。

カップボードの色味に合わせた収納アイテム選びは、物が多くてもスッキリとまとめるためのコツ。

色や素材をばらつかせないことで、カップボードとの一体感が生まれますよ。


 

モノトーン統一で生活感を無くそう

キッチン背面インテリア6

minimal._.white

モノトーンで統一したインテリアなら、生活感を感じやすいキッチンまわりもスッキリとした空間に。

小物や雑貨は必要な物だけを厳選し、飾りのアイテムもできる限り減らすのがポイントです。

どうしても見えてしまう箇所は、モノトーンカラー、同じサイズ形の収納アイテムで統一。


 

棚を有効活用して楽しむ

キッチン背面インテリア7

ria.yuduki

棚をまるでデスクのように活用するアイデア。

小物用の壁掛け棚を設置してディスプレイ収納を楽しんだり、作業スペースとしてあけておくのも実用的で便利です。

棚として奥まったスペースなので、普通にディスプレイするより埃などで汚れないメリットも。


 

あこがれのタイルでセンス良く

キッチン背面インテリア8

poteto___0203

キッチン背面をタイル張りにするアレンジは、もはやキッチンインテリアのトレンド。

耐水性や耐久性などの点で優れていることや、お手入れしやすいこと、見た目が美しいという点で人気を集めています。

タイルの色で個性を出したり、目地色で変化を付けたりなど、アレンジを無限に楽しむことができますよ。


 

キッチン背面でオリジナリティを追及

十人十色のアレンジで、個性も発揮できるキッチン背面。たくさんの実例をご紹介してきましたが、どの実例にも共通しているのが、「大好きなものを取り入れる」ことです。毎日使う場所だからこそ、お家の中でも一番大好きな空間であってほしいものですね。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告