【連載】クローゼットがグッと快適になる!「ちょい掛け」「ちょい置き」「ちょい分け」

毎朝外出前には必ずする着替え。クローゼットが乱れているとその”着替え”にも時間が掛かり、ただでさえバタバタの朝に拍車が掛かります。今日は3つの「ちょい〇〇」スペースで叶える快適クローゼットのご紹介!

公開日:
【連載】クローゼットがグッと快適になる!「ちょい掛け」「ちょい置き」「ちょい分け」
中村 佳子

中村 佳子

オフィシャルライター

片づけのプロ・ライフオーガナイザー+防災士 “子どもが自分でできる”ための「収納の仕組み・声掛け・考え方」を提案。 個人宅・企業での片づけ作業、セミナー、収納・子育て関係の記事を執筆。 2018年9月『男の子が』ひとりでできる「片づけ」』(KADOKAWA)を出版。 プライベートは、13歳・9歳の男の子がいる4人家族で3LDK80㎡のマンションに暮らす。

クローゼットを整えれば、毎日のバタバタもさよなら!

「着ようと思った服がすぐに見つからない」「脱いだ服が色んなところに置きっぱなし」「着替えているとあっという間に時間が過ぎている」毎朝外出前には必ずする着替え。

クローゼットが乱れているとその”着替え”にも時間が掛かり、ただでさえバタバタの朝に拍車が掛かります。

今日は3つの「ちょい〇〇」スペースで叶える快適クローゼットのご紹介!

あると便利な3つの「ちょい〇〇」スペース

1.ちょい掛け

「明日も着る予定」「またすぐ外に出る予定」「このかばんはよく使うから」出番の多いモノ・定番のモノがあります。

そんなものをいつでも毎回100%きっちり収納場所に戻すのは難しい。

「またすぐ使う」ってわかってるからついついソファに掛けっぱなしにしたり、床に置きっぱなしにしたり。

そんなときにパッと一時的に掛けて置ける「ちょい掛け」フックがあると便利!


 

掛けるだけで完了です!

フックはおしゃれなモノにしておくと、インテリア的に見た目がいいので、万年掛けっぱなしの防止にもなります。


 

 

2.ちょい置き

冬の季節に多い「一度着たけれどまた洗わない洋服」も専用スペースを作ることをおすすめ。

洗面所に何枚もセーターが積んであったり、デニムが椅子に掛かっていたりしてませんか。

クローゼットに一つスペースをつくると解決。


 

まだ洗わないセーターやデニムを一時置き。わが家はIKEAの引き出し収納の一番上の引き出しを使っています。

(上が開いているので出し入れが便利で何が入っているかも一目瞭然)

かごを1つ置くだけでも十分です。

クローゼットにそのスペースがあった方が、「置いていたのに着忘れる」ということがないので、何回か着てから洗濯するというサイクルもきちんと回ります。


 

3.ちょい分け

3.ちょい分け

最後は「ちょい分け」。靴下など細かなアイテムを別の収納スペースに入れていると朝着替えるときの動きが増えてしまいます。

なので、トップスなどが入っている引き出しに靴下スペースを作ります。

 

3.ちょい分け2

そうすると、トップスを出す動きのついでに靴下も出せるようになり、無駄な動きが減ることに。

そのまま引き出しに入れると小さな靴下はぐちゃぐちゃになりやすいので、ケースなどで「ちょい分け」。

 

わが家は、セリアの「仕切りケース 靴下」を使っています。


 

ケースは簡単に折り返せるので、引き出しの高さに合わせることができます。


 

「なくてもいいけど…」があるとやっぱりいい!

3つの「ちょい○○」は、なくても正直困りません。でもあると、「そういえば、困っていた…」ということが解決!

毎朝コーデが楽しめる快適クローゼットを手に入れてくださいね。

中村 佳子さんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆