「ヒュッゲ」な空間作りに。北欧インテリアにみる居心地のよいお部屋の作り方

HYGGE(ヒュッゲ)とは、デンマーク語で人と人とのふれあいから生まれる心地よい空間のこと。 今回はそんなヒュッゲな空気感を持つ北欧インテリアから、落ち着くお部屋のポイントをご紹介。 いつものインテリアにプラスして、とことんリラックスできる空間を目指してみませんか。

公開日:
著者:
「ヒュッゲ」な空間作りに。北欧インテリアにみる居心地のよいお部屋の作り方

HYGGE(ヒュッゲ)とは、デンマーク語で人と人とのふれあいから生まれる心地よい空間のこと。

今回はそんなヒュッゲな空気感を持つ北欧インテリアから、落ち着くお部屋のポイントをご紹介。

いつものインテリアにプラスして、とことんリラックスできる空間を目指してみませんか。

心地よい空間を目指す!北欧スタイルのポイントをご紹介

1. 温もりのあるニュートラルカラー

1. 温もりのあるニュートラルカラー

r_jem_k

日照時間の短い北欧では、お家の中を明るく見せるニュートラルカラーのインテリアが多く見られます。

それを活用して、少し暗めのお部屋にはパステルカラーや淡い色調のグレイやクリームなど壁色を変えてみるのも手。

色の効果で空間に温かみと落ち着きを感じさせ、お部屋も開放的に見せてくれます。


 

1. 温もりのあるニュートラルカラー2

ki_mi.555

ニュートラルカラーだけでは少し物足りなさや、立体感に欠けることもあるでしょう。

そんなときには、アートやブランケット、小物でほんの少しのカラーをプラス。

オリジナリティも表現できますね。


 

 

2. 自然素材を取り入れよう

2. 自然素材を取り入れよう

sofiehome

人は心理的に自然界にある土、植物、鉄、石、ウールなどの色や感触に癒されるのだそう。

大自然と共存する北欧のインテリアも、そんな自然素材があちこちに見受けられます。

リラックススペースにはできるだけ人工的なものは避け、自然な素材を置くことでホッとできる空間に。


 

2. 自然2素材を取り入れよう

frisze_blik

たとえば夏はリネンやコットン、秋冬はシープスキンのラグやウールのブランケットなど。

また天然木のスツールや真鍮素材のキャンドルホルダーなどは、年月を重ねるほど味が出て長く使えるのも自然素材の魅力です。


 

3. キャンドルの灯りでリラックス

3. キャンドルの灯りでリラックス

svenja_traumzuhause

ヒュッゲな空気感にキャンドルはマスト。

香りの強すぎないキャンドルをゲストの集まるスポットに置いてみるのも効果的です。

キャンプファイヤーを囲むように、ゆらゆらと揺れる火の傍では誰もが自然とリラックス。

気負うことなく自然な会話ができそうです。


 

4. グリーンのパワーを取り入れよう

4. グリーンのパワーを取り入れよう

maynum00

ニュートラルカラーがベースの空間には、鮮やかなグリーンがひときわ映えます。

北欧インテリアによく登場するウンベラータやクワズイモ、トレンドのピレアペペロミオイデスなど。

葉の形がキュートな植物は、見る人をハッピーな気持ちにさせてくれますよ。


 

4. グリーンのパワーを取り入れよう2

xsayo.x

鉢カバーに天然素材を取り入れるのも、コージーな空間作りに有効。

たとえばチャンキーニットで作られた鉢カバー。

あたたかなウールの質感が、素朴でほっこりとした雰囲気を作ってくれます。


 

5. インテリアに古いものをプラス

5. インテリアに古いものをプラス

tsuki.to.hoshi

ゲストにとって完璧に設えられた空間は、なんだか落ち着かないもの。

リラックス感のある空間にするには、使い古した小さな家具や雑貨などをさりげなく取り入れるのもおすすめです。

また、今あるものをDIYでヴィンテージ風にペイントするのも◎

自分で手をかけた愛着のあるものを傍に置くことで、その人らしいオリジナリティ溢れるお部屋になります。ゲストとの会話作りにも一役買ってくれますよ。


 

まとめ

大切な人との時間をより充実したものにしてくれる、ヒュッゲな空間作り。

北欧インテリアに限らず、意外に簡単に取り入れられるものばかりではないでしょうか。

ぜひお部屋作りのヒントにしてみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください

関連タグ

内容について運営スタッフに報告