【連載】子どもが自分で片づけられるようになる収納グッズの選び方

夏休みがはじまり1週間。夏休みの間に子どもの学用品やおもちゃの片づけをしたいと思っている家も多いはず。新しい収納グッズが必要になったとき、少し気を付けるだけで子どもが自分で片づけやすくなります。よく子どもに「これ空けて」「あれ取って」と言われたことがあるママはぜひチェックしてみてください。

公開日:
著者:
【連載】子どもが自分で片づけられるようになる収納グッズの選び方

著者名

中村 佳子

中村 佳子オフィシャル

片づけのプロ・ライフオーガナイザー。 “子どもが自分でできる”ための「収納の仕組み・声掛け・考え方」を提案。 個人宅・企業での片づけ作業、セミナー、収納・子育て関係の記事を執筆。 2018年9月『男の子が』ひとりでできる「片づけ」』(KADOKAWA)を出版。 プライベートは、12歳・8歳の男の子がいる4人家族で3LDK80㎡のマンションに暮らす。

夏休みがはじまり1週間。夏休みの間に子どもの学用品やおもちゃの片づけをしたいと思っている家も多いはず。

新しい収納グッズが必要になったとき、少し気を付けるだけで子どもが自分で片づけやすくなります。

よく子どもに「これ空けて」「あれ取って」と言われたことがあるママはぜひチェックしてみてください。

子どもが使う収納グッズの3つのチェックポイント

子どもの手先は大人の手に軍手を2枚はめたくらいの器用さだと言われていて、とても不器用です。


 

 

このつみきを掴むのだって一苦労!

ということは、大人には普通に使えても子どもには使いにくい収納グッズがたくさんあるということ。

子どもが使うグッズを選ぶときは、次の3つのポイントをまずはチェックしてみてください。


 

フタは開けにくくないか?

子供 収納グッズ3

「これ、あけて!」とよく言われるママは要注意!ボックスなど自分で開け閉めできないともちろん自分で片づけることができません。

でも、子どもコーナーに並んでいる収納グッズでも、フタが固く子どもには開け閉めしづらいというグッズがたくさん。

 

子供 収納グッズ4

買う前に実際に子どもに開け閉めしてもらうと間違いなし!

 

箱自体の重さ+中身の入った重さは重すぎない?

大人の収納と違い子どもの収納はボックスごと持ち運ぶことが多いので、ボックス自体が重いとそれだけで持ち運びにくくなります。

また、ボックス自体は軽くても、全部しまったときの重さ(おもちゃの総重量)が重いと自分で運ぶことができません。

1つ1つのおもちゃは軽くても集まれば結構な重さ、ボックスも含め「子どもが持ち上げられる?」も1つの基準にしてみてください。


 

ついてるチャックは開け閉めしやすい?

子供 収納グッズ6

チャック付きのポーチを収納グッズとして使うのは小さな子供にはおすすめ!チャックならば2歳くらいの小さな子供でも開け閉めできるようになります。

ただし、極端に持ち手の部分が小さかったり、つるつるしているものもあります。見た目はおしゃれなのですが、やっぱり子どもには使いづらい。子どもが自分で”できる”にポイントを置くならば「おしゃれ<機能性」でグッズを選ぶのもポイント。

 

子供 収納グッズ7

使いにくいかなと思ったときは写真のようにカードリングを付けるのも効果的です。

 

まとめ

ついつい大人目線で選んでしまう収納グッズ。

子どもが使う収納グッズを購入するときは、実際に子どもをお店に連れていって、子どもでも使いやすいか試しに開け閉めしたり使ってみるのがベスト。このひと手間で子どもの「できる」がぐぐっと広がります。

中村 佳子さんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください

関連タグ

内容について運営スタッフに報告