子どもがいても、シンプルでスッキリ見える部屋。生活動線を意識した工夫いっぱいの賃貸インテリア

お子さんがいるご家庭で、どうしてもいつも片付ける時間がない、そんなお悩みよく聞きます。忙しい毎日に、ちょっとした工夫ですっきりできるコツを、シンプルなインテリアに整えているお部屋にお邪魔して、伺ってきました。

公開日:
著者:
子どもがいても、シンプルでスッキリ見える部屋。生活動線を意識した工夫いっぱいの賃貸インテリア

著者名

goodroom journal

goodroom journal専門家

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。 インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

子どもがいても、シンプルでスッキリ見える部屋。生活動線を意識した工夫いっぱいの賃貸インテリア

お子さんがいるご家庭で、どうしてもいつも片付ける時間がない、そんなお悩みよく聞きます。

忙しい毎日に、ちょっとした工夫ですっきりできるコツを、シンプルなインテリアに整えているお部屋にお邪魔して、伺ってきました。

text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai


 

 

子どもが思い切り遊べるリビング

神奈川の賃貸一軒家にお住まいのゆるぴたさんは、2才になる息子さんとご主人との3人暮らし。

お子さんのいらっしゃる家庭で、ついつい散らかりっぱなしになってしまうリビングが、とてもスッキリ、シンプルに整っていらっしゃるのを拝見して、そのコツを伺いにお邪魔して来ました。

 

土曜日の午前中。早速、息子さんがおもちゃを出してきて、遊んでいました。

息子さんが思い切り遊べるように、リビングには広いスペースを確保。

ソファやテレビ台に付いていた脚を取り払って、「おもちゃが下に転がっていかないように」工夫されています。


 

カラフルな絵本の入った本棚は、リビングの入口からは目に入らない位置に。その向かいには、息子さんのおもちゃと、家族の写真を飾るスペースが。


 

家族の写真は、記念日のものと、毎月スマートフォンから写真を送ると印刷してもらえるサービス「ALBUS」を利用したもの。

無印良品の壁につけられる家具を使って飾っています。その月の分を飾ったら、あとは専用のアルバムで保管。


 


 

おもちゃは、無印良品のポリプロピレンファイルボックスに入れて収納。軽いので、息子さんも自分で出したり、しまったりできるそう。

ぴったりの木箱は、おじいちゃんの手作り。同じくおじいちゃん手作りの絵本棚と合わせて自由に組み替えができます。

お子さんの写真や、おもちゃ。カラフルな写真たてやボックスもいろいろありますが、こうやって、大人も使える無印良品のシンプルな家具で揃えるだけで、だいぶ印象が変わります。

わざわざ「子ども用」を買う必要ってないんだな、とちょっと目からウロコ。

 

どこに何があるか、みんなが把握できる部屋

2階にお邪魔すると、そこはさらにシンプルな空間が…!


 

こちらは、ご主人が寝室として使っていらっしゃる部屋。


 

隣の部屋にはクローゼットがあり、主にご夫婦のオンシーズンのお洋服がまとめられています。こちらもシンプル!

シンプルな装いが好きで、同じものを色違いで何枚も揃えることも多いのだそう。


 

普段使わないものや、おむつなどのストックを置いておく場所には


 

ひとつひとつ置く場所が決められて、きちんとラベルがついていました。

「ティッシュがなくなったよ」というときに、場所を把握しているのが自分だけだと、出してくるのも買い足すのも自分の役目になってしまいがち。

どこに何があるか、家族全員で把握できるようになれば、家事の分担が捗りますね。


 

使うものは、使う場所に

それにしても、クローゼットにとてもお洋服が少ないので驚いていたら、「下着など乾燥機に入れるものは下の洗面所に置いているんですよ」と教えてもらいました。

 

こちらが洗面所。ここも、とてもスッキリしている!

洗面台の下に2段ある引き出しを活用して、ご主人のもの、ゆるぴたさんのもの、それぞれ下着を収納。

乾燥機から取り出して、そのまましまいます。お風呂から上がったときも、そこから出すだけ。これは便利だ。


 

 

タオル置き場は、賃貸OKのフックに無印良品のステンレスワイヤーバスケットを引っ掛けて作られていました。これは真似したいアイディア。


 

お子さんのお出かけで必要な細々とした荷物は、玄関に続く廊下に無印良品の「長押」をながーく取り付けて、全てここにまとめました。これも、便利だなぁ。

ドタバタしてしまいがちな、小さなお子さんとの暮らし。ゆるぴたさんはなるべくひとつの家事作業がひとつの場所で完結するように考えていらっしゃいます。


 

リビングの壁にあるのはVitraのウーテンシロ2。郵便物やレシートを整理するのはここと決めています。お買い物のメモもここで。


 

場所を取る本棚やデスクは処分して、押入れの中を活用。


 

スライド式のパソコン台が出てきました!この台は自作されたそう。すごいなぁ。

ひとつひとつ、スッキリして見える理由をお伺いしてみたら、驚くほどたくさんの工夫が詰まっていたゆるぴたさんのお部屋。

「自分も、真似してみたい!」と、お掃除や片付けのやる気スイッチが押された気がします。


 

ゆるぴたさんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/yuruttopitatto/


 

子どもと暮らすインテリア実例を見る

東京・神奈川・埼玉・千葉 3LDK以上の賃貸を探す

大阪・京都・神戸 3LDK以上の賃貸を探す

名古屋 3LDK以上の賃貸を探す

福岡 3LDK以上の賃貸を探す

札幌 3LDK以上の賃貸を探す

 

「私らしく暮らす。賃貸インテリア」特集はこちら


 

人気の連載が、本になりました!


 

こちらもおすすめ☆

掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください
内容について運営スタッフに報告