おしゃれで便利♪畳の小上がりスペースのある暮らしにはメリットがいろいろ

飲食店でよく見られる小上がりは、フロアから一段高くしたスペース。お店では、靴を脱いでくつろげる畳スペースとして人気があります。住宅においては、バリアフリーになりませんし、小さなお子さんがいる場合は注意が必要でもありますが、メリットも十分にあります。

公開日:
著者:
おしゃれで便利♪畳の小上がりスペースのある暮らしにはメリットがいろいろ

著者名

Sayang

Sayang

インテリアやアート、ファッション、自然など美しいものに心惹かれ、興味を持っています。日々、家族のために心地よい暮らしを心がけています。海外在住で、夫と2人の息子、犬と猫の6人家族です。

小上がりがある暮らし

飲食店でよく見られる小上がりは、フロアから一段高くしたスペース。お店では、靴を脱いでくつろげる畳スペースとして人気があります。

住宅においては、バリアフリーになりませんし、小さなお子さんがいる場合は注意が必要でもありますが、メリットも十分にあります。

小上がりスペースのメリット

小上がりとは

昔ながらの日本家屋が少なくなっている今、新築の戸建て住宅やマンションで、敢えて畳スペースを設けるスタイルが再び脚光を浴びています。

その1つが、小上がり。飲食店などでもよく見られる小上がりですが、一般の住宅でもフロアよりも一段高い場所に設けた和室や畳みスペースのことを指します。


 

 

段差部分をベンチ代わりに

段差のある小上がりスペースでは、その段差をベンチやソファ代わりに腰掛けることができる、という点もメリットの1つでしょう。

畳部分で子どもたちを遊ばせながら、大人が段差に腰掛けておしゃべり、という使い方もできます。

高齢者など、膝に負担がかからず立ち上がりやすいというメリットもあります。


 

ゴロン!と横になれる

小上がりスペースがあると、ちょっとお昼寝という時にも、のびのびと寝そべることができます。

思い切り手足を伸ばすことができるので、ソファでのお昼寝よりも疲れが取れる!という声も。ゲスト用の寝室スペースとして活用される方も多いようです。


 

空間に立体感が出る

小上がり4

kao_kurashi

リビングの一画に設けた、オープンスタイルの小上がりは、縁なしの畳を選んでいるので洋風のインテリアにも良くなじんでいます。

フロアから一段高くしているだけで、空間に立体感が出る点も、小上がりスペースのメリットといえるでしょう。


 

おしゃれな小上がりアイデア:オープン編

開放的な小上がりスペース

小上がり5

flamingosap

ここからは、おしゃれな小上がりスペースをご紹介していきます。まずは、オープンスタイルの小上がりスペースから。

こちらは、リビングの一画に設けられた小上がりスペース。階段横にあり、壁やドアもありません。開放的でナチュラルな空間になっています。


 

目隠しのある小上がりスペース

小上がり6

ito_mikayo

こちらは、フロアからL字型の目隠しカウンターを設けた小上がりスペース。圧迫感の出ない高さですが、ごろんと横になったときは、ちょうど目隠しになります。


 

おしゃれな小上がりアイデア:個室編

アーチ型の入り口のある小上がりスペース

小上がり7

petit.cachette

続いては、個室になっているタイプの小上がりスペースです。こちらは、入り口を半アーチ状にしつらえた、個性的なデザイン。

壁の一面をべんがら色にして、おしゃれ度の高い和モダンスタイルに仕上げています。


 

ホワイトインテリアになじむ小上がりスペース

小上がり8

pattchi0925

こちらは、ホワイトインテリアにマッチした小上がりスペースです。一段高くした土台も、クローゼットのドアも、オールホワイトでまとめています。

畳の色も、昔ながらのグリーンではなく、ベージュがかっている所がおしゃれです。


 

印象的な引き戸のある小上がりスペース

玄関を入ると、正面に畳スペースが見えるのですが、木格子の引き戸を閉めると、和モダンテイストが印象的な空間になります。

縁の無い畳と檜の床材も、和モダンテイストインテリアのポイントです。


 

まとめ

現代のライフスタイルやインテリアにもなじむ、和モダンスタイルの小上がりをご紹介しました。

小上がりには、インテリアをおしゃれにしてくれるメリットもたくさんあります。そのため、リノベーションで設置する方も多いようです。小上がりの新しい魅力に、是非触れてみて下さい。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください

関連タグ

内容について運営スタッフに報告