【桔梗(キキョウ)の花言葉】秋の七草である花の色別の意味を解説!

今回は、桔梗の花の特徴や名前の由来と一緒に花言葉をご紹介いたします。 星型のかわいい形の花が印象的な桔梗。日本庭園などで見かけることも多いので、親しみがありますよね。 意外な桔梗にまつわる逸話や、活用方法も併せて解説いたします。

公開日:
著者:
【桔梗(キキョウ)の花言葉】秋の七草である花の色別の意味を解説!

今回は、桔梗の花の特徴や名前の由来と一緒に花言葉をご紹介いたします。

星型のかわいい形の花が印象的な桔梗。日本庭園などで見かけることも多いので、親しみがありますよね。

意外な桔梗にまつわる逸話や、活用方法も併せて解説いたします。

桔梗(キキョウ)について

桔梗はキキョウ科キキョウ属に属する植物で、学名を「Platycodon grandiflorus」といいます。

花が咲く時期は6月の中旬から秋までと、花が咲いている時期が長い植物です。園芸種の中には5月から花をつけるものも。

背丈は40~100cmで多年草。もともとは日本全土と中国、シベリア東部、そして朝鮮半島が原産の山野草です。

可憐な姿が人気となり、原種を品種改良した園芸種がたくさんありますが、日本に自生している野生種は絶滅の恐れがあると、環境省のレッドリストに掲載されているほど数を減らしています。

 

桔梗(キキョウ)の名前の由来

桔梗の日本名の由来は?

桔梗の名前の由来にはいくつかの説があります。

一つは、桔梗は根を漢方薬として使用される時の呼び名が「キチコウ」といい、この「キチコウ」が変化して「キキョウ」になったというもの。

他に、「キチコウ」という中国の古いと氏名に由来するという説や、昔の日本で占いに使用されていた花なので「吉凶」から来ているという説もあります。


 

 

桔梗の英語名の由来は?

桔梗の英語名は「balloon flower(バルーンフラワー)」です。

これは、桔梗のつぼみが丸く風船のような形をしているために名づけられたもの。


 

インターネットで桔梗の英訳を検索すると「bellflower(ベルフラワー)」という言葉が出てくることもあります。

しかし「bellflower」という名前は、同じキキョウ科のホタルブクロやツリガネソウ、カンパニュラなどにも使われる名前のため、混同しないように注意が必要です。


 

桔梗(キキョウ)の特徴

桔梗の花の特徴①形

桔梗の基本的な花の形は、星のような五つの頂点を持つ形が特徴です。

しかし、品種改良によってこちらのような二重咲きも登場しています。


 

二重咲きよりも多い花びらがつく多重咲きや、こちらのように花びらがフリルのような形になっているものも登場していて、形のバラエティが増えてきているのも特徴です。


 

桔梗の花の特徴②色

花言葉は同じ植物でも色によって変化することが多いので、桔梗の色の特徴も押さえておきましょう。

園芸種の桔梗には、青紫から紫、そして青のカラーを持ったものが多いのが特徴。野生種も青紫なので、その特徴を受け継いでいます。


 

園芸種として品種改良が行われた桔梗には、野生種にはないカラーのものも誕生しています。それが白やピンクの桔梗。

白やピンクなど淡いカラーの桔梗は、まるで本物の星のように緑の中で浮き立って見えますよ。


 

桔梗の花の特徴③模様

桔梗の花の特徴3.模様

arpege_flower

出典:instagram.com

園芸品種として販売されている桔梗の中には、斑入りのものや絞りのような模様の入ったものもあります。

こちらの模様と多重咲きの両方の特徴を持ったものもあり、より華やかな印象の種類も増えているんですよ。


 

桔梗の葉の特徴

桔梗の葉は長さが4~7cmほどで、先がとがっていて、ふちにギザギザとした凹凸があるのが特徴です。

葉のつき方は、らせん状に交互に葉がつく互生のものと、3~4枚の葉が茎を包むように輪のようにつく輪生のものの二種類があります。


 

桔梗とは別物!トルコキキョウとは?

桔梗とは別物!トルコキキョウとは?

sho.candy

出典:instagram.com

ここまで読んできて、「フラワーショップでよく見かける花に『トルコキキョウ』があるけれど、桔梗とぜんぜん似ていない・・・?」と思った方もいるのではないでしょうか?

その理由は、名前に「キキョウ」がついているけれど、キキョウ科ではなくリンドウ科の花だから。それではなぜ「キキョウ」とついているのかが不思議ですね。

この由来には、トルコキキョウが日本に入ってきた時に一般的だった紫色のものが、桔梗の色合いに似ていたから、形が桔梗の仲間に似ていたからなどの説があります。


 

桔梗(キキョウ)は秋の七草

開花時期が早い品種だと春のうちから咲き始める桔梗ですが、秋の七草の一つでもあります。そのため、秋の花という印象を持っている方も多いのではないでしょうか?

秋の七草は、「萩の花・尾花・葛花・撫子の花・女郎花・藤袴・朝貌の花」であると山上憶良が作った和歌に書かれています。

「萩の花」はそのままハギ、「尾花」はススキ、「撫子の花」はナデシコ、「女郎花」は黄色い花が印象的なオミナエシ、「藤袴」はキク科のフジバカマを示しています。

最後の「朝貌の花」は、「朝貌」をアサガオと読むため、朝顔であるという説もありますが、現在は桔梗を示しているというのが一般的です。

 

桔梗(キキョウ)は10月31日の誕生花

一年365日それぞれに誕生花があるのですが、桔梗は10月31日の誕生花です。秋の七草としても知られる花なので、ぴったりの季節の誕生花ですよね。

10月31日は最近盛んなハロウィンの日なので、覚えやすいですね。

 

桔梗(キキョウ)の花言葉

変わらぬ愛

可憐で美しい花を持つ桔梗には、その花にふさわしい素敵な花言葉があります。

そんな花言葉の中で一番一般的なのが「変わらぬ愛」。

これは昔、死ぬまでずっと恋人のことを思い待ち続けた女性が、桔梗を見つめていたという逸話からつけられた花言葉なのだそうです。

 


 

誠実

他にも、桔梗の花言葉には「誠実」というものもあります。

これも先程の逸話に由来する花言葉だといわれています。


 

 

桔梗(キキョウ)の色別の花言葉

紫の桔梗の花言葉「気品」

桔梗には色によって違う花言葉が存在します。

紫の桔梗の花言葉は「気品」。凛とした雰囲気の桔梗にふさわしい花言葉ですよね。

また、紫色は日本では古来位の高い人が見につける色だったので、それにもマッチする花言葉です。


 

白の桔梗の花言葉「清楚」

白の桔梗の花言葉は「清楚」。白く可憐な姿をしている桔梗の花にぴったりな花言葉ですね。

特に、一重咲きの白い桔梗は清楚という言葉がよく似合います。


 

ピンクの桔梗の花言葉「薄幸」

ここまでは良い意味の花言葉ばかりでしたが、ピンクの桔梗の花言葉は「薄幸」と良くないイメージのもの。

ピンクの桔梗の花はとてもかわいらしいのですが、良くない花言葉がついているので贈り物にはしないほうが良さそうです。


 

桔梗(キキョウ)の活用方法

漢方薬としての使用方法

名前の由来のところでもお話ししましたが、桔梗の根は古くから漢方として利用されてきました。

桔梗の根に多く含まれるサポニンは、咳や痰が出るのを抑えてくれる作用があり、鎮痛や解熱の効果も期待できます。


 

桔梗と甘草を組み合わせて扁桃腺の炎症を抑える「桔梗湯」として活用されたり、桔梗と石膏を組み合わせて喉の痛みや腫れを和らげる「桔梗石膏」として使われたりしています。

他にも、生活習慣病の予防に効果があるといわれている「防風通聖散」にも使われているんですよ。


 

勘違いが生んだ怖い逸話

勘違いが生んだ怖い逸話

arpege_flower

出典:instagram.com

桔梗には怖いと言われる逸話があります。

その一つが昔、平将門が寵愛していた女性が実はスパイだったとわかり、山で殺されてしまい、その山にはそれ以降桔梗があるのに花が咲かなくなったというもの。

でもこれは、桔梗を漢方薬として利用する場合に、薬として使用する根に栄養を集中させるため花を取ってしまうという作業が勘違いされたという説が有力です。


 

食用としての活用方法

桔梗は花や若芽、根が食べられる植物。花や若葉は、他の野草と同じようにてんぷらにして食べるのが一般的です。

漢方薬としても利用される根は苦味がありますが、韓国でよく食べられているのだそうです。


 

デザインとしての活用方法

特徴的な形を持つ桔梗の花は、昔から家紋としても利用されていました。

家紋として使われている桔梗紋には、画像のものの他に丸で囲まれた「丸に桔梗」や、花弁が細い「太田桔梗」などのバリエーションもあります。

桔梗の家紋を使っていた歴史上の有名人は、明智光秀や坂本竜馬などがいるんですよ。


 

先の尖ったかわいい花の形を持つ桔梗は、家紋の他にも刺繍に使われたり、食器の形に利用されたりしています。

素敵な花言葉を持つ桔梗の形を、食器などで取り入れるのも楽しいですね。

商品はこちら


 

桔梗(キキョウ)の育て方

種蒔き

種蒔きの時期は2月〜3月で、4月上旬までに済ませておくのが良いとされています。

種を撒いたら薄く土をかぶせ、水やりを行ってください。ここでポイントなのが、じょうろではなく霧吹きで行うこと。じょうろで水やりをしてしまうと、水と一緒に種も流れてしまう可能性があるからです。

種から育てると最初の年はあまり花を咲かせてくれませんが、年を重ねるごとに桔梗のきれいな花を沢山見せてくれるようになりますよ。


 

 

植え付け

桔梗の球根は茎がしっかりとしていて、葉がきれいな緑色をしているものを選んでください。つぼみがたくさん付いているものだとさらに良いですね。

用土は牛糞や腐葉土を混ぜたものを使用すると、水はけが良いので一押しです。どうしても水はけが悪い場所に植えつけなければならない場合は、盛り土をして高植えをするのも一つの手。

桔梗の根は直根といって、枝分かれすることなく太い根が真っ直ぐ地の奥まで伸びていくのが特徴です。見た目はゴボウと見間違えるほどそっくり。

サポニンという成分を多く含んでいることから、生薬(桔梗根)としても利用され、えぐ味が強ければ強いほど効き目がある良薬といわれています。その根を折らないように注意して植えつけしましょう。

 

栽培環境


 

日陰では栽培できないため、必ず日向で育てること。半日くらい日に当て続けてあげると、後にきれいな花が咲いてくれますよ。

ジメジメと湿っているのが苦手なので、風通しの良い場所だと尚良いでしょう。暑すぎるところも弱点なので、鉢植えなら夏は直射日光が当たらない場所へ。地植えの場合は、水はけの良い場所を選んでください。

桔梗は日本で生まれた花なので、日本の気候が最も適していて育てやすいんですよ。

 

水やりについて

鉢植えの場合は、表面の土が乾いていたらたっぷり水を与えましょう。

地植えはその逆で、土の乾きはそこまで気にすることはなく、晴天が続いて極端に乾いていない限りは水やりの必要はありません。


 

かかりやすい病気

花を上手に育て、咲かせるために気を付けなければならないことの一つとして、病気の予防が重要です。

桔梗のなりやすい病気に、茎と根の付け根あたりが腐る立枯れ病、根元近くの茎が腐る茎腐病というものがあります。

特に夏に発症しやすく、水はけと風通しが悪いことが原因でなってしまうので、その問題を取り除いてあげると◎です。


 

害虫について

桔梗は比較的害虫がつきにくい花ではありますが、特に注意しなければならない害虫はハダニです。ハダニは、気温が高く乾燥したところに生息しています。葉の裏に潜んで養分を吸い取り、植物を枯らせてしまう大変厄介な害虫です。

その他に気をつけなければならないのが、クロウリハムシ・アブラムシ・ヨトウムシがいます。

対策として風通しと日当たりに気をつけ、数が多い場合は殺虫剤を撒くことをおすすめします。


 

挿し木について

挿し木とは、植物の株の一部を切り取ったところから根を作り増やしていく方法です。

草花やハーブ、観葉植物、樹木などでよく取り入れられていて、どれも種を蒔くことでは増えにくいということから挿し木をすることが多くなっています。

挿し木は植物を人為的に繁殖させる方法として、クローン技術の元祖ともいわれているのですよ。

 

桔梗の挿し木方法

 


 

桔梗は挿し木をして新たな株を作ることが可能です。挿し木を行うのに適しているのは、5月〜6月なので覚えておきましょう。必ず必要になるので、事前に無菌の土である赤玉土を用意しておいてください。

老化してきている桔梗の茎の先端を5cmくらいの長さに切って、水に差して茎全体に水分が行き届くように一時間ほど浸けます。湿らせた赤玉土に茎を挿して日の当たらないところに置き、一週間経った頃合いを見て徐々に日に当てていきましょう。

完全に日なたに出して育てられるようになったら、徐々に葉が出てきて鉢に植え替えて育てることができるようになります。

 

植えっぱなしで桔梗(キキョウ)を毎年楽しめる育て方

冬越しについて

桔梗は夏を越すための特別なことは必要ありませんので、上記で紹介している通り上手に花を咲かせ育てることが重要です。

季節が寒くなってくると、きれいだった桔梗の花も光合成を終えて黄色に変色して枯れていきます。最終的には根だけが残り、冬を越します。

桔梗は耐寒性が強いので植えっぱなしで越冬ができ、マイナス10度でも影響を受けない大変丈夫な植物。

戸外での冬越しも可能ですが、根まで凍ってしまいそうな寒さが厳しい地域は難しいでしょう。

冬になると、土から顔を出している部分が枯れて根の部分だけが残り、暖かい春をじっと待ちます。


 

冬越しのコツ

強い霜が発生しそうな場合は、ダメージを軽減するために腐葉土をかけてあげると良いでしょう。鉢植えの場合は、軒下やベランダなどに移動させてください。

厳しい冬を超え、春になると可愛らしい芽が顔を出します。桔梗は非常に乾燥した状態が苦手な植物です。

それは越冬するため上部が枯れている状態であっても同じく、鉢植えで育てている場合は土が乾いていたら水やりを忘れず行ってください。

常に完全に土が乾いなくするのがポイントですね。


 

桔梗(キキョウ)の花言葉まとめ

桔梗の花言葉や名前の由来などをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

野草として自生しているものは絶滅危惧種となっていますが、カラーバリエーションが豊富で形も色々なものがある園芸種は、お店でもよく見かけます。

花言葉や由来、まつわる物語などを思いながら、桔梗を育てたり飾ったりしてみるのも楽しそう。

是非、今回の内容を参考に桔梗を生活に取り入れてみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください

関連タグ

内容について運営スタッフに報告