新生活にプラスしたい素敵なラインナップ!「マリメッコのテーブルウェア」特集

1951年にフィンランドで設立されたマリメッコ(marimekko)。 世界中で愛されるブランドは、ファッションアイテムからインテリア雑貨、テーブルウェアなど暮らしに寄り添うアイテムがたくさん揃えられる一面も嬉しいです。 今回は、マリメッコのテーブルウェアをクローズアップして素敵なラインナップをご紹介します。

公開日:
著者:
新生活にプラスしたい素敵なラインナップ!「マリメッコのテーブルウェア」特集

著者名

lacotte

lacotte

「旅するように暮らし、衣食住をシンプルに」を信念にしつつも、トレンドリサーチは欠かせません。みなさんと情報を分かち合えればと思っております。

1951年にフィンランドで設立されたマリメッコ(marimekko)。

世界中で愛されるブランドは、ファッションアイテムからインテリア雑貨、テーブルウェアなど暮らしに寄り添うアイテムがたくさん揃えられる一面も嬉しいですよ。

今回は、マリメッコのテーブルウェアをクローズアップして新生活を始める方にもオススメしたい素敵なラインナップをご紹介させていただきます。

今すぐ欲しくなる「マリメッコのテーブルウェア」特集

UNIKKO(ウニッコ)

1964年に誕生したマリメッコの傑作、Maija Isola(マイヤ・イソラ)が手掛けたウニッコ。

ケシの花をモチーフにして描かれたデザインは、カラーバリエーションも豊富な一面も嬉しいですね。

こちらはスープやサラダの盛り付けにも便利な250mlのボウルです。

商品はこちら


 

 

13.5cmの平らなプレートに大人っぽい雰囲気のカラー配色がポイントに。

2018年のホリデーシーズンに限定色として発売されたこちらのカラー。

テーブルにエレガントな雰囲気をもたらしますね。

商品はこちら


 

200mlのラテマグは、オーブンやレンジでの使用もOKなので、プリンなどデザートにもピッタリです。

華やかなデザインなので、見える収納として置いておきたい素敵なラテマグです。

商品はこちら


 

こちらは爽やかなカラー配色で清潔感をもたらすマグカップです。

ベージュベースの優しい雰囲気が大人っぽい印象に。

250mlサイズのマグカップは、朝のコーヒーや紅茶からブレイクタイムまで活用出来ます。

商品はこちら


 

一つ前のマグカップとセットでキープしても素敵なこちらのプレート。

小ぶりな13.5cmサイズのプレートはデザートはもちろん、様々なシーンに使えます。

テーブルに清々しい雰囲気をもたらしますね。

商品はこちら


 

 PUKETTI(プケッティ)

1965年にAnnika Rimala(アニカ・リマラ)によって誕生したマリメッコの人気シリーズ、プケッティ。

ホワイトベースにレッドを使ったこちらのマグカップは、テーブルに明るい雰囲気をもたらします。

商品はこちら


 

どこか懐かしく優しい雰囲気のブーケデザインが印象的なプケッティ。

こちらのボウルは500mlの容量になっていて使い勝手の良さも◎。

洋食だけでなく、和食の丼としても使える便利なボウルです。

商品はこちら


 

20cmサイズのプレートは、朝昼晩の食卓に使える便利なサイズ感がポイントに。

赤いブーケが可愛らしい雰囲気を与えますね。

主張しすぎない品の良さで、長きに渡って愛される理由が伝わってきます。

商品はこちら


 

 LOKKI(ロッキ)

シンプルながらも存在感を放つカモメという意味を持つロッキは、Maija Isola(マイヤ・イソラ)によって手がけられたデザインです。

ドリンクはもちろん、デザートカップとしても使えるラテマグは、オーブンとレンジもOKという優れモノ。

商品はこちら


 

SIIRTOLAPUUTARHA(シールトラプータルハ)

2009年に誕生したシールトラプータルハは、Maija Louekari(マイヤ・ロウエカリ)によって手掛けられました。

250ml入るマグカップは、日常的に使いやすいので活躍シーンも多いタイプです。

商品はこちら


 

400mlのサイズのボウルは大きく描かれた黒のドット柄がポイントに。

どこかレトロで懐かしさももたらすデザインは、飽きが来ないので長く愛用出来そうですね。


 

 

ROSARIUM(ロサリウム)

カラフルなお花を大胆に描いたロサリウムは、マリメッコの人気デザイナー、Aino-Maija Metsola(アイノマイヤ・メトソラ)による作品。

13.5cmの小ぶりなお皿は、日常的に使いやすい一面も。


 

MYNSTERI(ミンステリ)

同じくアイノマイヤ・メトソラによるミンステリは、お花のようにも見えるブルーのモチーフが上品な雰囲気に。

こちらは直径13.5cmの小ぶりなお皿なので取り分け用として、またはデザートプレートとしても重宝します。

商品はこちら


 

続いてもミンステリから、シリアルやサラダを盛り付けるシーンに活躍するボウルになります。

繊細で品のあるデザインだけでなく、オーブンで使用できるという使い勝手の良さも備えています。

商品はこちら


 

TASARAITA(タサライタ)

1968年にAnnika Rimala(アンニカ・リマラ)によってデザインされたタサライタ。

均一なストライプという意味を持つデザインは、シンプルながらも存在感がありますね。

レトロなブラウン色が温かみをもたらします。

商品はこちら


 

まとめ

今回は、フィンランド発の世界中で愛されるマリメッコからテーブルウェアをクローズアップしてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

新生活をスタートさせる方や食器を新しく取り入れたいという方、是非チェックしてみて下さいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください
内容について運営スタッフに報告