【連載】壁の汚れはこれで解決♬イメチェンもできる一石二鳥なDIY

こんにちは、Milyです♪先日、友達の悩み解決のお手伝いしてきました。 お悩みは、「壁に取れない汚れがついてて気になる」と「部屋のイメージチェンジしたくて壁の色を変えたいけれど、初めてでどうしたらいいかわからない」とのこと。 そこで今回は一石二鳥のDIYで、壁の汚れ解決とイメチェンの両方を叶えてみました!

公開日:
著者:
【連載】壁の汚れはこれで解決♬イメチェンもできる一石二鳥なDIY

著者名

Mily

Milyオフィシャル

DIYクリエイター・整理収納アドバイザー 自宅をDIYでリノベーションし、DIYと整理収納を合わせ快適な暮らしになるよう工夫しています。 DIYアイデアや整理収納のこと、100均リメイクのレシピなどSNSで発信。 ワークショップや作品販売などイベントで活動中。

こんにちは、Milyです♪先日、友達の悩み解決のお手伝いしてきました。

お悩みは、「壁に取れない汚れがついてて気になる」と「部屋のイメージチェンジしたくて壁の色を変えたいけれど、初めてでどうしたらいいかわからない」とのこと。

そこで今回は一石二鳥のDIYで、壁の汚れ解決とイメチェンの両方を叶えてみました!

壁の汚れ解決とイメチェンができる一石二鳥なDIY♬

気になっているという壁はリビングとダイニングを仕切るこちらの壁です。それでは早速作業に入ります。


 

 

まずはモノをどける

まずは塗りたい壁の前に置いてるものを全部どけます。少し面倒ですが、綺麗に掃除もできるので気持ちいいです♬


 

ありがちな壁の汚れ

こちらが気になっていたという、ありがちな壁の汚れ。何か分かりませんが、拭いても取れません。


 

用意するもの

そこで取れない汚れを隠すべく、室内かべ用の塗料「ミルクペイントforウォール」を塗りたいと思います。

用意するものは

☆ミルクペイントforウォール ボタニカルガーデン200㎖
☆ハサミ

・ハケ
・ローラー
・塗料を入れるバット
・マスキングテープ
・マスカー(ビニール付き養生テープ)

商品はこちら


 

〈初めての方は、壁を塗るのに必要な・印の道具がセットになったミルクペイントforウォール スターターキットがおすすめです。〉

もちろん別々に用意してもOKです♬

 

養生する

まずはマスキングテープで塗りたい所を囲うように貼ります。


 

次にマスキングテープの少しずらした所にマスカーを貼ります。


 

ビニールを伸ばしたら養生の完成です。


 

ペイントスタート♪

それではペイントを始めます。まずはローラーで塗れない端の所をハケで塗ります。


 

ハケで塗り終わりました。


 

続いて広い面はローラーで塗ります。まず、塗料を入れるバットに塗料を入れます。


 

塗料を入れるバットの斜めになっている所でローラーを馴染ませます。


 

 

ローラーで壁を塗っていきます。広い面を塗るときは、早く塗れるのでローラーがおすすめですよ。

乾いたら2度塗りします。


 

最後に養生を外します。


 

完成です♪

これでリビングとダイニングを仕切る壁が綺麗なグリーンになりました。

(壁のサイズを画像に記載したので参考にしてください。)


 

今回はミルクペイントforウォール200㎖を、ローラーで2度塗りして画像くらいの量を使いました。

塗る素材や使い方で変わりますが、一つ1000円しないので、小さい壁なら手軽に汚れた壁を隠したり、イメージチェンジすることができます!


 

ディスプレイを見直してモノを戻したらスッキリ♬色が変わるとイメージもかなり変わりました。


 

そしてミルクペイントforウォールは消臭・抗菌・防カビ・クリーニング・不燃・黒板の6つの機能がついた塗料。

せっかくなので、黒板機能を利用してチョークで落書きしてみました♬


 

まとめ

気になっていた壁の汚れをペイントで隠す方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

意外と簡単に塗れる上に、イメージチェンジもできて一石二鳥なので、壁の汚れが気になる時は挑戦してみてください。

Milyさんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください
内容について運営スタッフに報告