こだわりのデザインが魅力!快適な使い心地のリノベーションキッチン特集

個々のライフスタイルに合わせ、最適な住まいを創り上げるリノベーション。 リノベーションなら、デザインや使い勝手などのこだわりを反映させた、オーダーメイドのキッチンを実現させることができます。 今回は、空間を有効活用できる壁付けや、近年人気の高いアイランド型など、様々なリノベーションキッチンの実例をご紹介します。

公開日:
著者:
こだわりのデザインが魅力!快適な使い心地のリノベーションキッチン特集

著者名

edit_ao

edit_ao

いつもの暮らしが楽しくなるようなトピックスをあちこち探してます。いろんな情報を皆様とシェアできましたら、うれしいです。どうぞよろしくお願いします。

個々のライフスタイルに合わせ、最適な住まいを創り上げるリノベーション。

リノベーションなら、デザインや使い勝手などのこだわりを反映させた、オーダーメイドのキッチンを実現させることができます。

今回は、空間を有効活用できる壁付けや、近年人気の高いアイランド型など、様々なリノベーションキッチンの実例をご紹介します。

リノベーションで手に入る素敵なキッチン

室内のインテリアと融合させる

コンクリート・タイル・ステンレスなど、様々な素材が取り入れられたキッチンは、コンロとシンクが分かれているセパレートタイプです。

ダイニングの壁に続くようにシェルフが造作されており、インテリアに一体感をもたらしていますね。

パントリー兼ウォークインクローゼットへ通じるドアに近く、快適な動線も確保されています。


 

 

躯体壁&タイルを組み合わせて

左奥に位置する躯体壁とタイルのシックな組み合わせが目を引くセミオープンキッチンは、窓からの採光をたっぷりと受けられる気持ちの良い空間に仕上がっています。

出入口側にシンクが設けられ、室内にいる家族との会話がしやすい距離感も◎。


 

キッチンの作業台に食器やキッチンツールなど広げた状態でも外からは見えにくく、来客時でも整っている印象を与えます。

視線の先には外の光景が自然と目に入る大きな窓があるので、抜け感が加わり家事の合間もリラックス感溢れるムードが漂います。


 

収納力とインテリア性を両立

収納力とインテリア性を両立

g.flat

出典:instagram.com

リノベーションなら、デザイン性を考慮しながら収納力を高めることも可能です。

背面の吊戸棚はグレーをチョイスし,モルタル仕様のキッチンの腰壁と調和させていますね。

インテリア性を保ちながら収納力も備えた仕様で、清楚な佇まいが素敵です。


 

おしゃれなディスプレイ収納

こちらは、キッチンのオープンシェルフに、コーヒーミルやポットなどの厳選したアイテムを余白を活かしながらレイアウトしています。

ナチュラルな棚板を支えるブラックの棚受けが、空間を程良く引き締めているのもポイントです。

日常的に使っている物でも、質感やトーンを揃えるようにすることでこなれた印象を与えます。


 

おしゃれなディスプレイ収納2

actus_press

出典:instagram.com

こちらもキッチンの背面に棚板を設置し、見せる収納スペースとして活用しています。

壁にタイルを貼ることで奥行感を演出し、渋みのある器や可愛らしいオブジェなどを並べることで、どこか多国籍風なムードを漂わせていますね。

手に取りやすい位置にキッチンレールを取り付けてカップを掛けるなど、実用性も重視されているのが特徴です。


 

動線が短いI型のキッチン

動線が短いI型のキッチン

actus_press

出典:instagram.com

ブルーグレーのタイルとホワイトの造作キャビネットを組み合わせ、フェミニンな雰囲気をまとうキッチン。

シンクと調理台、コンロが横並びになっているI型キッチンは動線が短く、調理や洗い物などの作業をスムーズに行うことができるのがメリットです。

壁に設置された2段のオープンシェルフが調味料や食器などの収納に活躍し、調理の時短に一役買っていますね。


 

L字型カウンターをテーブルとして

L字型カウンターをテーブルとして

standard_coltd

出典:instagram.com

L字型の造作カウンターが施されたキッチンは、調理しながら家族とのコミュニケーションが活発に取れるのが魅力的。

料理もサーブしやすいため、配膳から片付けまでスムーズに行えるのも利点ですね。

手前の棚には本が収納され、長居したくなる場所に仕上げています。


 

ダイニングテーブルを兼ねたデザイン

ダイニングテーブルを兼ねたデザイン

naraya_kensetsu

出典:instagram.com

こちらは、シンク側に3mを超えるテーブルを造作し、普段の食事からでビュッフェスタイルのホームパーティーなど、幅広く対応できるデザインに仕上げています。

グレーを利かせた淡いモノトーンテイストのインテリアに、異なるフォルムのチェアが個性を演出していますね。


 

ナチュラル&ラフな古材を取り入れて

ナチュラル&ラフな古材を取り入れて

standard_coltd

出典:instagram.com

心地良い無垢フローリングのリビングダイニングに面するキッチンは、ラフな味わいのある古材が取り入れられ、住居ながらカフェのような雰囲気を兼ね備えていますね。

古材は無垢フローリングの床とも相性抜群で、家族でくつろげるインテリアが実現しています。


 

親子で過ごしやすい空間に

調理中でもお子さんの様子を確認できる対面キッチンは開放感のあるデザインで、腰壁には黒板を取り入れ、お子さんが落書きをしたりして遊べるようにアレンジしています。

小物や雑貨を飾ったりしながらダイニングとつながりのあるインテリアコーディネートも整えやすく、家族で過ごしやすいスタイルが叶えられていますね。


 

 

機能的なオールステンレス

耐水性や耐熱性に優れた、オールステンレスの機能的でスタイリッシュなキッチンです。

キッチン用品を収納できる作業台を設置すれば、親子で料理したりする際に役立ち、他の部屋からもアクセスが良いので家族がお手伝いに参加してくれる回数も増えそうです。


 

アイランド型キッチン

アイランド型キッチン

standard_coltd

出典:instagram.com

回遊性のあるアイランド型のキッチンは、左右どちらからでも出入りできるので、同時に2人で調理するなどの際に便利なタイプです。

こちらはホワイトの目地を利かせたキッチンの腰壁のブルーのタイルが爽やかで、背面のサブウェイタイルとのカラーコントラストも楽しめますね。


 

フレンチシックな大人デザイン

フレンチシックな大人デザイン

standard_coltd

出典:instagram.com

ホワイトを基調とした、広々としたスペースが魅力のL字型のキッチンです。

吊り下げられたレトロな照明や、カウンター下に施したモールディングなど、フレンチシックなテイストでまとめられていますね。


 

キッチン奥のスペースには冷蔵庫などの家電を集約させ、表からは見えないように配慮されているため、生活感を抑えながら快適な使い心地を叶えています。

デッドスペースになりがちな角の部分には、収納にもディスプレイにも使えるシェルフを設置すれば、空間を有効に活用できますね。


 

クラシカルなブルーを取り入れて

ニュアンスのあるブルーが利いているクラシカルで上品な雰囲気漂うキッチンは、海外インテリアのような佇まいです。

階段や玄関に通じるドアもブルーをセレクトし、シンプルながらも落ち着いた明るい空間なので、居心地の良い雰囲気です。


 

窓側に造作したキッチンカウンターは、食材や日用品などたっぷりと入れておけるので便利に使えますね。

扉をつけずにオープン収納として利用しているので、出し入れも楽々です。

棚幅を調整すればダストボックスも収納しておけるなど、フレキシブルに使い方ができるのも魅力です。


 

レンガとブルーが好相性

レンガとブルーが好相性

g.flat

出典:instagram.com

レンジフード横の壁にレンガを取り入れ、奥の壁の爽やかなブルーとの対比を楽しめるキッチンのインテリア。

造作棚にはカッティングボードや炊飯器などを集約させ、作業効率が上がるようレイアウトしているのもポイントです。


 

レンガで温かみのある空間に

レンガで温かみのある空間に

standard_coltd

出典:instagram.com

キッチンの腰壁には趣きのあるレンガがあしらわれ、ダイニングテーブルや床材など木の温かみ溢れる空間にマッチしています。

天井までの高さがある背面収納は扉付きで、見た目にスタイリッシュな印象を与えますね。


 

背面収納の扉にはシャビーな風合いを施し、使い込まれた雰囲気が醸し出されます。

天井と床の内装材にもこだわりの色や質感のものを組み合わせることで、上質な佇まいに仕上がっていますよ。

リノベーションなら自分好みの仕様を組み込みながら、デザイン性も高めることができるので、オリジナリティのあるキッチンが手に入りますね。


 

まとめ

リノベーションのキッチン実例をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

デザインと使い心地を追求したオリジナルのキッチンインテリアは、どれも個性溢れる仕様が施され素敵でしたね。

2019年の10月より消費税が増税されることが決定しているため、本格的にリノベーションを検討したり、リノベーション物件の購入を検討するなどの傾向が、今度はさらに増してゆきそうですね♪

是非、参考にしてみてください。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください
内容について運営スタッフに報告