【連載】木工品のある暮らし。その魅力と長く愛用できる素敵な木工品をご紹介します。

こんにちは!北欧インテリア・おうちカフェ担当leafです。私は木工品が好きで少しづつ集めています。木工品の魅力はなんといっても長く愛用するうちに経年変化していき愛着が湧くことです。そんな素敵な木工品の中でも特別に愛着の湧く素敵なものをいくつかご紹介いたします。

公開日:
著者:
【連載】木工品のある暮らし。その魅力と長く愛用できる素敵な木工品をご紹介します。

著者名

leaf_asch

leaf_aschオフィシャル

2014年注文住宅完成  ブログ「10年後も好きな家」運営 いえが好きになる暮らしを目指して・・・ いえ時間がすきになる『家事貯金』 くらしのアイデアとヒント  北欧インテリア・おうちカフェを楽しむくらし 2018年4月にブログ書籍化「明日の私を助ける家事貯金」(KADOKAWA)を出版。

こんにちは!北欧インテリア・おうちカフェ担当leafです。

私は木工品が好きで少しづつ集めています。木工品の魅力はなんといっても長く愛用するうちに経年変化していき愛着が湧くことです。

そんな素敵な木工品の中でも特別に愛着の湧く素敵なものをいくつかご紹介いたします。

暮らしに馴染む素敵な木工品は色々あります

木工品の定番商品といえば、キッチングッズや木の器やカトラリーなどを連想する方も多いと思います。

同じ器やカトラリーでも、樹種が変わるだけでまったく雰囲気は変わります。

樹種を変えてみたり変化を楽しむのもおすすめです。


 

広告

 

まずは普段使いも出来るうつわやカトラリーを楽しんでみよう

たとえば木のコースター。

素敵な木工作家さんの木のコースターやカッティングボードなどを、生活に取り入れてみませんか?

コースターとしてだけでなく、ちょっとしたおやつをのせたり、アクセサリー用のトレイとして使ってみたりするのもおすすめです。


 

カッティングボードは多用途に使えて便利!

カッティングボードなどは特にトレイにしたり、オードブルをちょこちょこ盛り付けたり、パンをのせたり、多用途で使うことができますよ。

また、杢目や木の彫跡の美しい木製品は使わない時はキッチンに立てかけて置いておくだけでも雰囲気があり、ディスプレイとしても楽しむことができます。


 

木工品をディスプレイしてインテリアとしても楽しむ

木工品は器やカトラリーだけではありません。。

例えば、壁に木のオブジェや小さな飾り棚などをディスプレイしてインテリアを楽しんでみませんか?

いくつかディスプレイとして楽しめる素敵な木工品をご紹介いたします。


 

壁に小さな飾り棚を設置してみる

お部屋に雰囲気が出るだけでなく経年変化も楽しめ、飾り棚に飾るものを季節ごとにチェンジするとインテリアとしても楽しめますよ。

また何もディスプレイせず、木の飾り棚そのものだけでもオブジェとして存在感があります。

木の棚に一輪挿しやちょっとしたグリーンを飾ったりすると、より温かみのある雰囲気を出すことができます。

色々季毎にチェンジして、ディスプレイを楽しんでみましょう。


 

木のものは素材も様々 素材感を楽しむ

一括りに木のものと言っても、それぞれ選ぶものによって素材感は違います。

例えば、こんな白樺のオーナメントなども素敵です。

白樺の皮を乾燥させて、作家さんが編んで作ったオーナメントでとても手間のかかっているものです。

飾っている間に、だんだん色が濃くなり経年変化が楽しめるものの一つです。


 

他にも木製品は幅広く生活の中に溶け込んでいます

木製品は、意識していなくても様々なものが実は普段の生活の中に溶け込んでいます。

例えば木の照明。パイン材を薄くスライスしてスタンドにしたタイプのものです。

こんな照明を取り入れると、家でのリラックスタイムにも効果があり、夜のお部屋の雰囲気作りにもなりますよ。


 

まとめ

素敵な木工品たちをご紹介しました。気になる木工品はありましたでしょうか?

皆さんも是非、生活に何か取り入れて楽しんでみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください
内容について運営スタッフに報告