個性あふれる海外インテリア風の壁面デザイン!「okyamechan」が暮らすアートなお家

SNSでご自宅のインテリアを公開されている「okyamechan」さん。彼女のお家に一歩踏み込むと、そこはまるで海外のお部屋のような個性的なインテリアが広がっています。 さまざまなアートやインテリアグッズがひしめく中、注目したいのは壁面のデザイン。カラフルでキュートなインテリアがお好きな方は必見です!

著者:
公開日:
個性あふれる海外インテリア風の壁面デザイン!「okyamechan」が暮らすアートなお家

アートを際立たせる壁面デザイン

SNSでご自宅のインテリアを公開されている「okyamechan」さん。彼女のお家に一歩踏み込むと、そこはまるで海外のお部屋のような個性的なインテリアが広がっています。

さまざまなアートやインテリアグッズがひしめく中、注目したいのは壁面のデザイン。カラフルでキュートなインテリアがお好きな方は必見です!

ギャラリーウォールで遊び心を

リビングのギャラリーウォール

okyamechan

リビングにはネイビーのアクセントウォールがあります。こちらはセルフペイントされたそう。

鏡やフレーム、プレートをぎっしりと掛けて、ギャラリーウォールとして楽しんでいます。飾られているアイテムも、かなり個性的。

海外インテリアでも大人気のJOHN DERIAN(ジョン・デリアン)などのプレートが印象的ですね。


 

 

ベッドルームのアクセントウォール

okyamechan

ベッドルームには、赤い壁が。「Mt.Hari(マウント・ハリ)」のアイテムを掛けて、コージーなギャラリーウォールにしつらえています。

ミラーやアート、ドールなども混在している個性的なデコレーションテクニックは、さすがです!


 

キッチンでもウォールデコを

okyamechan

キッチンは、シンクに対面している壁を黄緑色に。リアルなデザインが心をくすぐる「Nathalie lete(ナタリー・レテ)」のウサギのマスクを並べています。

そのお隣にある刺繍オーナメントのキノコもナタリー・レテの作品。

オープン棚には、「MacKenzie-Childs(マッケンジンジー・チャイルズ)」の華やかなデザインのキャニスターやケトルなどをディスプレイ収納しています。


 

海外インテリア風の壁紙選び

「Fornasetti(フォルナセッティ)」のデザイン

okyamechan

okyamechanさんは、壁紙の選び方にも独特のセンスを発揮しています。

リビングに貼られたこちらの壁紙は、イタリア語で「飛行機」という意味の「Macchine Volanti(マキネ・ヴォランティ)」というデザイン。

レトロな飛行船や気球など、ファンタジックな空飛ぶ乗り物が描かれていますね。

イギリス随一と称される老舗壁紙店「Cole&Son(コールアンドサン)」からリリースされています。


 

ふすまにトランプ柄!

okyamechan

和室を洋室にリフォームしたこちらのお部屋。ふすまに壁紙を貼って、スタイリッシュにリメイクしています。

輸入壁紙を扱っている「WALPA(ワルパ)」のアウトレットで購入されたというトランプ柄がユニークですね。


 

玄関は市松模様で

okyamechan

黒×白の市松模様の壁紙が貼られたこちらのスペースは、玄関です。赤い壁との組み合わせが斬新でモダンですね。

こちらの壁にデコレーションしているのは、「MacKenzie-Childs(マッケンジンジー・チャイルズ)」のウォールプランター。

お魚柄のプレートも一緒に、インパクトを生み出しています。


 

バスルームに白樺の森が!

okyamechan

バスルームの壁には、「壁紙屋本舗」の「NU WALLPAPER(ヌーウォールペーパー)」をセルフでオン!バスルームにも対応しているシール壁紙です。

40種類以上ものデザインがあり、賃貸のお部屋でも原状回復ができますよ。


 

インテリアアイテムも個性的!

 「MacKenzie-Childs」のスツール

okyamechan

okyamechanさんのお家には、アートな作品やアイテムがたくさん置かれています。どれも独特の審美眼を潜り抜けてセレクトされた個性的なものばかり!

リビングに置かれたこちらのスツールは、1983年に創業した「MacKenzie-Childs(マッケンジンジー・チャイルズ)」のもの。

陶器やスチールを素材にしたテーブルウェアやインテリア小物も人気です。


 

「ma macaron」の刺繍アイテム

okyamechan

「矢の刺さるフリルの男」と名付けられたこちらの刺繍は、ミシンを使った横振り刺繍作家「ma.macaron(マ・マカロン)」さんの作品。

クッションカバーだそうですが、タペストリーのように楽しむのがokyamechanさん流。

ベッドルームの赤い壁と矢羽の色がマッチしていますね。


 

「MIHO(ミホ)」のハンティングトロフィー

okyamechan

リビングのギャラリーウォールに飾られているのは、イタリア生まれのハンティングトロフィー。

もともとは貴族や王族が狩猟で仕留めた獲物の頭部を、はく製にして壁掛けにしたのが始まりとされているそう。

「MIHO(ミホ)」のものは、MDFの板のピースを使ったスタイリッシュな逸品で、現代のインテリアにもしっくり馴染みます。


 

まとめ

「okyamechan」さんの個性あふれる壁面デザインをご紹介しました。セルフペイントされた壁色やチョイスされた壁紙など、インパクトのあるものを上手にミックスしたスタイルは、まるで海外インテリアのような雰囲気です。

アート作品も数多くデコレーションしているところも素敵ですね!海外インテリア風のお部屋を作る際の参考にしてみてはいかがでしょうか?

okyamechanインスタグラム

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告