UR×無印良品の団地に住む。plus9さんのシンプルで機能的な暮らし

リアルに団地に暮らすひとびと、団地に関わるひとびとにお話を聞く連載「#団地の暮らし方」。 今回は、UR×無印良品がコラボレーションしたリノベーションの団地に住む、plus9さんのお部屋を訪問。 無駄のそぎ落とされたシンプルな空間を、とてもかっこよく使いこなしていらっしゃいました。

公開日:2018/07/06
著者:
UR×無印良品の団地に住む。plus9さんのシンプルで機能的な暮らし

著者名

goodroom journal

goodroom journal専門家

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。 インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

シンプルで機能的な団地での暮らし

「いま、団地に暮らすってどんな感じなんだろう?」

リアルに団地に暮らすひとびと、団地に関わるひとびとにお話を聞く連載「#団地の暮らし方」。

今回は、UR×無印良品がコラボレーションしたリノベーションの団地に住む、plus9さんのお部屋を訪問。

無駄のそぎ落とされたシンプルな空間を、とてもかっこよく使いこなしていらっしゃいました。

text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai


 

広告

 

ひとり暮らし20年で見つけた、運命の部屋

埼玉の団地にお住いの、plus9さん。SEのお仕事をされています。

 


 

ひとり暮らし歴はもうすぐ20年目、というplus9さん。団地に住むのはこれが初めて。手数料などの安さに惹かれてURのサイトを見ていたとき、たまたま無印良品とのコラボレーションのこの部屋を見つけたそうです。

「なかなか賃貸でこの間取りってないんですよね。縦長のものばかりで。この広い空間がほしかったんです」

 

もともとは、50平米弱の3DKの部屋。2DKの部分がすべて仕切りを取り払われて、かなり広いLDKになっています。


 

キッチン側から。南北に窓があって、風通しも抜群です。「柱の感じも、ちょっとアクセントになっていいですよね」


 

デスクの先はかなり視界が開けていて、大きな木が見えます。


 

団地をねらって探していたわけではなかったplus9さんですが、住んでみたら環境の良さが気に入ったといいます。

何棟も連なる大規模の団地ですが、棟と棟の間が離れているのでカーテンを開けていても目線は気になりません。敷地内に病院、スーパーもあり、緑もたくさんあります。

 

趣味部屋として使っているもう1部屋。趣味のバックカントリースキー、ロードバイク、それにDIYのためのグッズが置かれています。


 


 

塗料や工具、DIYで出た端材も、すっきりと収納して。


 

ほしい収納は自分でつくる

シンプルで、まっさらなハコ、という雰囲気の、無印良品によるリノベのお部屋。キッチンや洗面所の周りも収納はほぼなく、自分で考え、つくる必要があります。

「自分でいろいろ選べるので、そこは楽しかったですね」とplus9さん。自分の暮らしにあう収納を工夫して少しずつ取り付けてきました。

 

耐熱メラミン化粧板の広いワークトップがすごく気に入っている、というキッチン。もともと収納は一切なく、とてもシンプル。


 

 

ディアウォールと2×4材、有孔ボードで作った壁面収納に、キッチンツールをかけて。


 

シンクの下は全ネジとアジャスターを使って、納めるキッチンツールや食器にぴったり合ったサイズの収納を自作。


 

洗面所まわりにも同様に、サイズにぴったり合った収納を作っています。


 

部屋の中で一番お気に入り、と教えてもらったのはクローゼット。元々はハンガーパイプも扉も何もついていない、真四角のぽっかりとしたスペース。

goodroom でも数々、リノベーションの部屋を見てきましたが、ここまで潔く住む人に委ねられたものって、たしかに他ではありえないかも。

plus9さんによるカスタマイズで、部屋の顔になるようなかっこいいスペースができあがっています。

 

ディアウォールをたてて、縦に突っ張り棒を渡したのがこだわりポイント。手前にかける服でイメージも変えられます。


 

クローゼットの横には、白で塗装したOSB合板に取り付けたミラーが。横につけた小さな棚も便利。


 

ベッドの横には、これもご自身で作られたというラダー。シンプルな中にも必要なものはすぐ手に届くようになっていて、機能的。


 

DIYのデスクも、裏側に配線が隠せるスペースを作り、とてもすっきりと見せています。


 

「団地」という規格の上で無駄を削ぎ落としたシンプルな空間を、自分らしく使いこなしているplus9さん。

DIYの過程も載せていらっしゃるplus9さんのInstagramでは、その自分らしい暮らしを少しずつ作っていかれた様子がわかり、見ていてとてもワクワクします。

これからさらにどんなカスタマイズが加えられていくのか、楽しみになるお部屋でした。

 


 


 

plus9さんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/plus9_life/

>「団地の暮らし方」記事一覧を見る
>「ひとり暮らし」のインテリア実例をもっと見る
>goodroomで「カスタマイズ可能な賃貸」を探す
>goodroomで「ひとり暮らし7万円以下」の賃貸を探す


 

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告