【連載】明るく清潔に!トイレのモノトーンインテリアと収納

日本では駅や公共施設などの公衆トイレですら美しく、もはや「トイレ=汚い」というイメージは、なくなりつつあります。自宅のトイレもしかり。キレイは当たり前で、インテリア性すら求められる時代となりました。我が家のトイレは、白×黒のモノトーンバイカラーで統一されています。今回はトイレの収納とインテリアをご紹介したいと思います。

公開日:2018/06/13
著者:
【連載】明るく清潔に!トイレのモノトーンインテリアと収納

著者名

yururira

yururiraオフィシャル

白黒グレーを基調としたモノトーンインテリアに海外・北欧モダンの要素を取り入れたインテリアを得意としています。 自身のブログでは家づくりからインテリア・収納・家具DIY・ラベル作成・雑貨のハンドメイドなどを紹介。 男の子2人の母、子供がいても美しい暮らしを提案します。

トイレのインテリアと収納

日本では駅や公共施設などの公衆トイレですら美しく、もはや「トイレ=汚い」というイメージは、なくなりつつありますよね。

自宅のトイレもしかり。キレイは当たり前で、インテリア性すら求められる時代となりました。

我が家のトイレは、白×黒のモノトーンバイカラーで統一されています。今回はトイレの収納とインテリアをご紹介したいと思います。


 

広告

 

インテリア

トイレは”使いやすく清潔”であることを第一に考えているので、インテリアはシンプルに控えめにしています。

また、小さな子供がいるので、トイレが怖くないよう、壁紙は白で明るく、親しみやすい雑貨を置くようにしています。


 

ロッキングチェアをモチーフとした、モノトーンのポスター。

スウェーデンのデザイナーの作品で、水彩画の優しいタッチが明るいトイレにマッチしています。


 

カウンター部分には、ダミーブックとグリーンを。グリーンを一つ置くだけで、空間が明るく清潔に見えます。

本物の植物でなくても、フェイクグリーンでも十分なので、ぜひ試してみてください!

白い小鳥のオブジェはキャンドルホルダーで、体がレース模様になっていて、凝ったデザインが気に入っています。

全てプチプラグッズばかりですが、白黒モノトーンの空間のアクセントとなってくれています♪


 

収納

棚の中

掃除用品や生理用品を収納するために、壁付けの棚を設置しています。

空間を圧迫しないよう、奥行きの狭いものを取り付けていますが、意外と収納力がありますよ!

ぎっしりと収納するのではなく、余裕をもって収納すること、モノトーンで色味を統一することが、すっきりとしたトイレ収納を作るポイントです♪


 

棚の下の段。ニット作家さんのスプレーカバーを購入し、カラフルで生活感の出る消臭スプレーにかぶせました。

毎日何度も床や便座を拭くため、トイレクリーナーは手に取りやすい場所に。白い容器にオリジナルラベルを貼っています。

ビーカーの中は小さく切ったメラミンスポンジと歯ブラシを。トイレの細かいところの掃除には、メラミンスポンジと歯ブラシが大活躍です!


 

棚の中央と上の段。100均のふた付きボックスにマスキングテープでリメイクした、ボーダー柄のケース内には生理用品などを収納しています。

見せたくないものをかわいくおしゃれに収納したくて、ボーダー柄にしました。

一番上の段には、真っ白のウェットティッシュケース内に入れたトイレ掃除用のシートです。


 

カウンターの中

カウンターの引き出しはトイレットペーパーを収納しています。


 

便座に座ったときにすぐ横に来る位置なので、ペーパーが切れたときも取り出しやすいです。


 

手洗い蛇口の真下は、トイレブラシを置いています。

使い捨てタイプなので、いつも衛生的に使えるのが気に入っています。


 

トイレをおしゃれ空間に♪

トイレは家族全員が毎日使う場所。1畳程度の狭い空間ですが、明るく清潔で、おしゃれな空間にしたいですよね♪

ぜひ日々の掃除に加え、インテリアと収納の見直しをしてみてください!


 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください
内容について運営スタッフに報告